臨獣殿

【名前】 臨獣殿
【読み方】 りんじゅうでん
【登場作品】 獣拳戦隊ゲキレンジャー
【一覧】 こちらを参照

【詳細】

獣拳創始者ブルーサ・イーの10人の弟子の内の3人の弟子が反逆し、獣拳から分かれた組織。臨獣拳アクガタとも称する。

構成員は皆が「臨気」と呼ばれる激気とは対になる気を持ち、臨獣拳アクガタを使う拳士となっている。

本拠地は獣源郷の近くにあり、そのまま「臨獣殿」と呼ばれている。
誕生にはロンが関わっている。

ブルーサ・イーの残った7人の弟子が創設した激獣拳ビーストアーツとの「激臨の大乱」と呼ばれる激戦で敗北し、全ての拳士は滅び去った。
三拳魔も魂を腕輪、遺骸をそれぞれ簡単には見つからず辿り着けない場所に厳重に封印されている。

しかし、七拳聖の1人・シャーフーの弟子だった理央が臨獣拳に走る。
彼は亡くなった拳士をリンシーとして復活させ、再び激獣拳と激戦を繰り広げる事になる。

ゲキレンジャーとの激戦を繰り広げ、大地の拳魔 マクが再び起こした「激臨の大乱」で三拳魔は滅び去る。
残る幹部格の理央・メレロンの導きにより幻獣拳に鞍替えした為に実質的に壊滅した。

その後、自らの罪を償わんとする理央によって臨獣殿に火が放たれる。
更に理央・三拳魔から全ての臨技を伝授されたゲキレンジャーによって臨獣拳が激獣拳と1つになり、元の獣拳へと戻った。