妖怪(カクレンジャー)

【名前】 妖怪
【読み方】 ようかい
【登場作品】 忍者戦隊カクレンジャー
【一覧】 こちらを参照

【詳細】

日本に古来より伝わる異形の怪物。人の心に潜む怒りや憎しみの情念が生み出した存在。

「2000年前に本格化した人間と妖怪の戦い」は三賢人と妖怪大魔王の闘争でもあり、結果として三賢人をリーダーとする人間側の勝利に終わり、大魔王と彼に協力した妖怪達は地底界に追放された。

しかし、彼らは滅ぶ事なく、時代の節々でその姿は散見され、戦国時代においてもヌラリヒョン率いる妖怪忍者が大魔王復活の為に暗躍していたが、先代カクレンジャーがヌラリヒョンを地底界に続く封印の扉に閉じ込めた事で妖怪のエネルギーが封印され、各地に散らばっていた妖怪達は人間の姿で400年もの長きに渡り暮らしてきた。

400年後の現代、カッパに騙されたサスケとサイゾウが封印の扉を開いてしまい、封印されていた妖怪達が解放されてしまう。

カクレンジャーに登場する妖怪達は「人間として長い間ひっそりと暮らしてきた」という設定の為、人間としての姿を持ち、妖怪としての姿も現代版といえる姿をしている。
その為は過去と現代とで大きく進歩しており、物語序盤では講釈師・三遊亭圓丈が視聴者に説明していた(三遊亭が登場しなくなった青春激闘編からは妖怪本人が口頭で説明するようになり、カクレンジャーも説明している)。

カクレンジャーに追い詰められた時、立ち上る黒雲から妖怪エネルギーの落雷を浴びて巨大化する。
倒されると爆散と同時に妖怪エネルギーが梵字の形となり、昇天していく内に消え去り、その際に特徴的な捨て台詞を残す(爆散だけの場合もある)。

当初は個別に行動していたが、後にガシャドクロが妖怪を纏めるようになり、妖怪大魔王が復活した後は本格的に組織として動き出す。

【余談】