アヤカシ

【名前】 アヤカシ
【読み方】 あやかし
【登場作品】 侍戦隊シンケンジャー
【一覧】 こちらを参照

【詳細】

三途の川で生まれ、三途の川の中に棲む妖怪の総称。

各個体につき1体しか存在せず、外道衆の主な戦力となり、首領や幹部もこれに分類される。

普段は三途の川の底で過ごし、この世(人間界)にある隙間を通る事で次元間を移動して、この世へ現れる。
しかし、三途の川から長く離れすぎると川の水が抜けて身体が干上がってしまう「水切れ」を起こす為、人間界では長時間活動できない。

その姿は全く関係のない2つの物を混ぜ合わせている(テレビ朝日公式サイトでは「○○のような、△△のようなアヤカシ」と表記されている)。
更に首領や幹部などを除き、名前はカタカナ5文字(或いは五音)となっている。

元人間のはぐれ外道を除き、全てのアヤカシは2つの命を持つ為、等身大で倒されても前述の能力によって巨大な姿の二の目に変化する。
骨のシタリの能力によって一度だけ「三の目」と呼ばれる姿が登場した事がある(オボロジメ)。

それぞれのアヤカシは寿命が長く、戦国時代辺りから生き続けている。
その存在は伝承によって文献として残されている為、「その特徴から文献を探り、シンケンジャーが対抗する」という場面も多い。

二の目となると巨大化してしまい、一の目に戻れるのかは不明だが、二の目となった状態の情報が知られていたりする個体も存在する。

親戚にクサレアヤカシが存在するが、特に違いはない。

【余談】

多くのアヤカシの声はエコーで二重に加工されている。