クエスター

【名前】 クエスター
【読み方】 くえすたー
【登場作品】 轟轟戦隊ボウケンジャー
【登場話】 Task.19「眩き冒険者」
Task.20「新たなる巨人」
Task.23「あぶない相棒」
Task.28「伝説の鎧」
Task.31「亡国の炎」
Task.33「レムリアの太陽」
Task.34「遼かなる記憶」
Task.36「鬼の金棒」
Task.39「プロメテウスの石」~Task.42「クエスターの時代」
【分類】 ネガティブシンジケート
【名前の由来】 探索者(英:quester)

【詳細】

ネガティブシンジケートの1つ。

ボウケンジャーに倒された筈のアシュガイレイ大神官ガジャゴードムエンジンを埋め込まれた事で復活を果たす。
「探索者」という意味を込め、「クエスター」を名乗るようになる。

基本的に人類滅亡と地上征服というアシュとしての目的をそのまま引き継ぎ、その為に必要なプレシャスを狙う。

メンバーはクエスター・レイクエスター・ガイの2人しかいない。
しかし、それぞれアシュだった頃の能力を引き継ぎ、更にパワーアップしている為に4つのネガティブの中では最強クラスとなっている。

主に「クエスターロボ」と呼ばれる巨大ロボットを開発して行動する。

Task.42でガイとレイがボウケンジャーに倒された為に壊滅し、これを切っ掛けにボウケンジャーや他のネガティブにも異変が発生するようになる。