冥府神

【名前】 冥府神
【読み方】 めいふしん
【登場作品】 魔法戦隊マジレンジャー
【一覧】 こちらを参照

【詳細】

地底冥府インフェルシアの伝説に伝わる怒りと災厄の邪悪な神々。別名「冥府十神」。

巨大な姿を持ち、等身大の姿になる事もできる。
偉大なる神「二極神」、管理担当の神「三賢神」、戦闘専門の神「五武神」に分けられている。

地上界と天空聖界に神罰を下す事で冥獣帝ン・マを「絶対神」として復活させる事を目的としている。
「裁きの石板」と呼ばれる石版により選ばれた者は「神罰執行神」として地上に出現し、神罰を執行する。

それぞれに神罰を執行する際、或いはマジレンジャーと戦う際に自らルールを定める事ができる。
そのルールは絶対で守れなかった場合、「闇の戒律」に従って死を選ぶ事になる。

具体的な出生は不明だが、モチーフは冥獣冥獣人と大差はない為、それらが進化したとも考えられる。

ン・マに対する考えを持つ者や一連の戦いに疑問を持つ者も存在する。

【余談】

巨大化時の声は加工されている(絶対神ン・マも同様)。