金澤健人

背番号106 打撃投手

  • 名前の読みは「たけひと」。
  • たかせんにおける呼び方は「カナザー」。
  • 阪神(1998年ドラフト2位指名)→日ハム→オリックス→ホークスと4球団を渡り歩いてきた苦労人。ホークスには2010年途中、金子・荒金とのトレードでやってきた。背番号は「51」。
  • 気迫あふれるマウンドさばきが持ち味で、たまに見せるガッツポーズ姿は大変かっこいい。降板後もベンチから大声を出したり、西くんノーノー試合後に意気込みを語る場面では赤く目を腫らしたりと、投手陣の熱い兄貴分。

  • いろんな球団を渡り歩いてきたため、ホークスに入団した頃「もうここでは友達は作らなくていいかな」 と思っていたそうだが、 入団後すぐに球団スタッフを中心とした同級生会で歓迎を受けて「今までの球団ではこんな会を開いてもらったことはなかった」 と喜んだのだとか(ソースは月刊ホークス)。今では 「みんなと一緒に甲藤をいじっています(笑)」 とのこと。
    • 上記エピソードはやはり途中加入した吉川のエピソードと勘違いされることもあり、「吉川はホークスにやってきた頃は、もうここでは友達は作らないって思っていたんだって。でも歓迎会を開かれたのが嬉しくてやっていこうと決めたらしい」「←それカナザー」という一連のレスが吉川登板時にたかせんに書き込まれることもあった。
  • 優勝経験は多く、2003年の日本シリーズには阪神の中継ぎとして登板。ホークスと対峙するも大炎上した過去を持つ。その夜はずっとベッドに突っ伏したとのこと。この頃から猛鷹魂は始まっていた…?
  • 加入当初は、2対1のトレードに見合うのかと疑う声が多かったが、チームメイトの攝津の投球方法を取り入れた結果、ビハインドゲーム→同点ゲームと徐々に信頼を重ね、2010年終盤には勝ち継投の一角を担っている。あまり呼び名が定着しなかったが、勝ち継投名の「SBM48ちょ金」の「金」が金澤である。
  • 2011年もかなり安定した投球を見せ、登板すると「俺のカナザー」呼びする住民も増加した。2012年は前年ほど結果は残せなかったものの、シーズン防御率を2点台にまとめた。
  • ビハインドゲームでのスペシャリスト、なお勝ち試合では(ryのような選手だったがホークス入団後は一転、好成績を残しているため、特に古巣から「俺の知っている金澤じゃない」と言われることもままある。

  • 2013年シーズンは故障も絡み、不本意な一年となりオフには戦力外通告を受けた。人望厚く、ファン感謝祭では退団のスピーチを行うと、急遽細川の提案で選手たちによって胴上げされた。本当にお疲れさまでした。
  • その後、現役引退を表明し、球団の打撃投手となることが決まった。これからもぜひ若鷹に色んなことを教えてあげてください。


エピソード


  • 阪神時代から在籍した球団スレで「チンポ」「チン様」など大変不名誉なあだ名をつけられている。由来には諸説あり、「こんなクソみたいなピッチングするヤツのあだ名はチンポで十分や!」説、「一皮剥けてほしい」という願い説など意外に深い。
  • 山省には「金ちゃん」と呼ばれている。
  • 大変ファン想いで、阪神時代には雨の中最後まで残ってサインを書き続けていたり、ホークスに入ってからも即席サイン会を開くなど、様々なエピソードで知られる。
  • 妹さんが大学に通っていた頃は、「大変だろうから」と学費をこっそり援助してあげていたのだとか。