※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

/*/

芝村:
ここは冬の園だ。寒い!

時雨:
雪でも降っているのでしょうか

芝村:
ええ。

時雨:
エステルはどうしていますか?

芝村:
エステルは厳重にコート装備してる

エステル :
「寒いですね」

時雨:
おお。

時雨:
「ええ、冬ですから」

時雨:
どんな感じでしょう?>エステルのコート

芝村:
ミニスカでないほうの格好だよ

時雨:
その上に上着を羽織ってるかんじで?

芝村:
いえ。そのままだ。

時雨:
「久しぶりですね、そっちの服装は」

エステル :
「そうですか?」

芝村:
エステルは不思議そう。

時雨:
「ええ、まあ。どっちにせよ可愛いと思いますが」

エステル :
「たしかに。宇宙ではこの格好はしません。動きにくいですから」

芝村:
エステルは考えている

時雨:
「まあ、行きましょうか」

時雨:
Q:クリスマスイルミネーションみたいなところはありますか?

芝村:
A:ええ。時刻は夜です。

芝村:
エステルは考えている。

時雨:
「どうしました?」

エステル :
「そういえば・・・車の中で見た覚えがあります」

時雨:
「ああ……」

時雨:
「今日は歩いて見て回ってみませんか?」

エステル :
「今なら少し歩けます」

時雨:
「わかりました、じゃあ少しだけ」

時雨:
疲れるといけませんので、カフェの方へ。

芝村:
エステルは上を見ながら歩いてる。

芝村:
こけそうになった

時雨:
手を引きます

時雨:
「何かありました?」

エステル :
「いえ。星みたいだと」

時雨:
「ああ、雪が」

時雨:
「綺麗ですよね」

芝村:
エステルは白い息を吐いて上を見てる。

芝村:
少し微笑んだ。

時雨:
一緒に雪を見ます

芝村:
エステルは貴方の手をちょっと握った。

時雨:
出来るだけ優しく、握り返します。

芝村:
指を絡められた

時雨:
「……」

時雨:
寒さ以外で顔が赤くなってると思います

芝村:
エステルも顔赤いね。

エステル :
「い、いきましょうか」

時雨:
「え、ええ」

時雨:
カフェの方に向かって歩いていきます。

時雨:
手はつないだままで、エステルの歩調にあわせて

芝村:
ついたよ。カフェは満員だ

時雨:
「あー……席を取って置けばよかったですね」

エステル :
「・・・・」

芝村:
エステルは少し笑った。

エステル :
「そうですね。歩きましょう。じっとしていると寒い」

時雨:
Q:飲み物だけ買っていくとか出来ますか?

芝村:
A:いいアイデアだ。できるよ

時雨:
じゃあ何か飲み物を二人で買っていきます。

時雨:
自分はミルクなしのコーヒーで。

芝村:
はい。

芝村:
エステルはミルクと砂糖のコーヒーで

芝村:
店はアップルパイをつけてくれた

時雨:
サービスいいなあ

芝村:
いやまあ、クリスマスだからね。

時雨:
「甘い食べ物はお好きでしたっけ」

時雨:
あ、パイはひとつですか?それとも二人分?

芝村:
二人分

エステル :
「まあまあです」

時雨:
「そうでしたか」

エステル :
「ちょっと好きです・・・」

時雨:
「よかった」

芝村:
エステルは顔を赤らめた。

時雨:
「あ、歩きましょうか」

エステル :
「本当は大好きです。満足しましたか?」

時雨:
「……はい」

芝村:
エステルは顔を赤くして歩いている。

時雨:
では、薔薇園のほうへ。

芝村:
バラ園についたよ。

芝村:
真っ赤な薔薇がたくさん咲いている

時雨:
「鮮やかなものですね」

エステル :
「・・・?」

芝村:
エステルは不思議そうな顔して花に顔を近づけている。

エステル :
「知恵者が世話した花に似ています」

時雨:
「へえ、夜明けの船で」

エステル :
「知恵者!」

芝村:
知恵者が姿を見せた。

知恵者:
「およびかな」

時雨:
「うわ!」

エステル :
「やっぱり」

時雨:
「あ、どうも初めまして」

時雨:
気を取り直して挨拶をします

知恵者:
「知恵者だ。ダンディ知恵者と、よぶがいい」

時雨:
「アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族です。お見知りおきを、ダンディさん」

知恵者:
「そして今、薔薇の世話をしているので手が離せん。エステル。そなた、男の趣味が悪いな」

芝村:
エステルは靴を投げた。

芝村:
知恵者は笑いながら去っていった。

時雨:
靴を拾って足元において上げます

エステル :
「きにしないでください。あれはああいう、生き物です」

時雨:
「生き物……ええ、まあ。わかりました」

エステル :
「行きましょう。まあ、綺麗ではありますね」

時雨:
Q:そういえばエステルの靴って、どんなのですか?

時雨:
「ええ」

芝村:
A:ローヒール、磁石入り

時雨:
#ああ、無重力で張り付くためのものなんですね

芝村:
そだね

時雨:
ではアーチの方へ向かって、歩いていきます

時雨:
「……うーん、趣味が悪いか」

エステル :
「いえ。やっかみです」

エステル :
「あれはそれで、からかうのがすきなんです」

時雨:
「はあ……なるほど」

時雨:
「何というか、変わった方ですね」

エステル :
「悪趣味なだけです」

時雨:
「なるほど」

時雨:
「まあ、行きましょうか」

時雨:
手を繋いで、歩き出します

芝村:
エステルは微笑んだ。

時雨:
Q:アーチは雪で白く染まってますか?

芝村:
エステルは歩いている

芝村:
A*ええ。

芝村:
エステルはアーチを見上げた

時雨:
「この道は、教会の通路に例えられる事もあるそうです」

エステル :
「なるほど。メーンブリッジへの通路みたいなものですか?」

時雨:
「船だとそうですね」

時雨:
「結婚式のとき、花嫁が歩くんですよ。その通路を」

エステル :
「なるほど」

芝村:
エステルはよく分かってなさそうだ

時雨:
「ええと…その」

時雨:
アーチの前で、指輪の入った箱を取り出します

エステル :
「?」

時雨:
「よかったら、これをいただいてもらえますか」

時雨:
「開けてみてください」

芝村:
エステルはあけた。

エステル :
「指輪ですね」

時雨:
「ええ。違う生まれの男女が同じ艦氏族になる相手に、贈るものです」

エステル :
「乗員章なのですね」

時雨:
「まあそうなるのかな?もう少し、特別な意味がありますが」

時雨:
「一番好きな人と、一緒に人生を送っていきたいと。そうやって同じ艦氏族になることを、僕たちは結婚と呼びます」

エステル :
「なるほど。貴方は結婚がしたいのですね?」

時雨:
「う……ええ、はい」

時雨:
「僕と、結婚してください」

エステル :
「なんで照れているのですか?」

時雨:
「な、なんとなくです」

時雨:
「よかったら……左手の薬指につけていただけると」

エステル :
「なにか隠してますね」

時雨:
「いや、何と言うか。説明が難しいな」

エステル :
「説明を聞きましょう。私は急いでいませんから」

/*/

(以下感想戦)

芝村:
はい。お疲れ様でした

時雨:
お疲れ様でした

時雨:
なんともしまらない終わり方に……orz

芝村:
まったくだ

時雨:
結局指輪は受け取ってもらえたのでしょうか

芝村:
いえ。全然

時雨:
orz

時雨:
クリスマスは鬼門なんでしょうかね……

芝村:
ははは。

芝村:
評価は+1+1でした

芝村:
秘宝館には1,1で依頼できます。

芝村:
では解散しましょう。

時雨:
はい、次回こそ渡します。

芝村:
おつかれさまでしたー
最終更新:2008年12月16日 14:42