ADX2LEリリースノート

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目次




LEの変更点など軽く補足しつつ

◼︎2016-04-01 cri_adx2le_sdk_v202


  • Windows環境でのWASAPI対応
  • Macでの5.1ch出力対応(出力デバイスに依存)
  • Unity PlugInでのマルチバイト文字のパスが含まれる時の不具合修正。
 (音が鳴らないなど)
  • Unity PlugInでのAndroidビルドの改善。(Intel系など対応)
  • CRI AtomCraftのペインのウィンドウ化。
  • セッションウィンドウが強化された。
  • プロファイル機能が追加された。
  • 大きなレベルメータが追加された。
  • グラフのカーブ指定が可能になった。
 エンベロープ、AISAC、オートメーション、アクション、エンベロープなど。
  • 「多重再生禁止時間」が設定できるようになった。
 キューのプロパティで設定可能。指定した時間内の再生がキャンセルされるので、
 プログラムで短時間に大量にリクエストしてしまったことによる音量の増加やフランジャーのような効果を避けることができる。
 キュー、カテゴリに設定可能。
  • バス周りの変更
 最大64までバスが追加可能になった。(Unity版は初期化設定が未対応なため8個まで)
 バスの名前によるセンド先指定のための「バスマップ」が追加された。
  • ゼロレイテンシーストリーム
 ストリーム再生のバッファが埋まるまでの遅延をゼロ(メモリ再生と同等)にする機能。
 ストリームの先頭部分をメモリ再生で行い、途中からストリーム再生に切り替わる。
 ターゲットコンフィグ上で「プリフェッチ時間」で切り替える量を指定できる。
  • 「セレクタによるトラック遷移」再生機能
 セレクタによるトラック切り替え再生が可能になった。再生途中の切り替えでもサンプルレベルで同期が可能。
 複数トラック使用時でもクロスフェード時の2つ分の再生リソースで済む。
 トラックのテンポが異なるものでも同期が可能。(拍数が同じもののみ)
  • ブロック再生の「遷移先」に「ブロック遷移先指定」が追加された。
 ・ブロック遷移先を指定できるようになり、「イントロ」「サビ」「ブリッジを経由して」など自由に指定できるようなった。
 ・遷移先の「ランダム」「シーケンシャル」「シャッフル」も可能。
  • 言語設定の改善
 ・言語設定時の波形に「接頭語」「接尾語」などを用いることが可能になった。(波形名を別にして差し替えが可能)
 ・トラックに「適用言語」が追加され、指定した言語でのみ再生されるトラックの指定が可能になった。

  • Unity PlugInでAtomSourceのplayerにアクセスできるようになった。
 v201であったPlayerスクリプトの変更しなくてもよくなった。

/*==========================================================================*/
*  1.  CRI Atom Craftの変更履歴
/*==========================================================================*/
[2016-04-01 CRI Atom Craft Ver.2.19.02] --------------------------------------
(1) 仕様追加
 (a) リストペイン上からアイテムのコピー&貼り付け、複製に対応。

コピペいろいろ。

 (b) キューの設定に「AtomExPlayerのパラメータを無視する」項目を追加。
     キューのプロパティから設定が可能です。

データ側の設定をゲームプログラムから上書きされないようにするデータが作れます。

 (c) ランタイムで再生された音の情報をログとして収集し、可視化するプロファイラ—
     を追加。

まず、F5キーで何かキューを再生してから、
ツールメニューで「ウィンドウ>プロファイラ」で、プロファイラウィンドウが開いて
左上の「Start」をするとプロファイルが始まる。
音の停止要因とかもわかる。
インゲーム接続すると、ゲーム中の状態もわかるようになって便利。

 (d) コンプレッサーに指定した帯域のみコンプ処理をするEQ設定を追加。

コンプをバスドラとか、低音のきつい爆発音とかにのみかけたり、声の帯域のみかけたりできる。
音をなるべく痩せさせないで混ぜることができる。(調整は少し必要)

 (e) キューのタイプにトラック間をテンポに同期して遷移する「セレクタによるトラ
     ックトランジション」機能を追加。

新規にキューを作るときのメニューから選べる。
トップのトラックのサンプル数に依存する。
それぞれのトラックのテンポが異なっていてもそれぞれのテンポでの再生位置への遷移が可能。
プロパティからトラックごとにテンポやクロスフェードの設定をする。

 (f) 追加コンテンツ機能を追加。

ストリーム再生用のAWBファイルを分割しておくことで、初回ダウンロードサイズを軽減することができるようになる。
マテリアルフォルダの右クリックから行える。

 (g) ゼロレイテンシーストリーム再生機能を追加。

ストリーム再生の先頭部分をメモリ再生、後半部分をストリーム再生してくれる機能。
長いセリフや音楽などに使う。
どれくらいのバッファ量が必要かといった設定は「全体設定>ターゲットコンフィグ」の
「プリフェッチ量」で決める。
ストリームとは別にメモリ分のサイズが若干増えてしまうが、レスポンスの良い再生が行えるようになる。

 (h) キューに複数のシーケンススタートマーカーを配置して、ランダムにスタート位
     置が変化するシーケンススタートマーカーランダム機能を追加。

波の音とか、歓声とか、途中から再生されても良い音に使える。
例えば、環境音の炎の音とかのループを3Dで配置したときなど、同じタイミングで再生していると不自然なものなどに使える。

 (i) プレーヤのアクション機能を追加。

トラックの作成時に「プレーヤのアクショントラックの作成」を選択すると作れる。
「プレーヤーフェーダーアクション」が作れる。フェードの設定かな?

 (j) PCプレビューで、7.1chプレビューに対応。

どこで設定を変えるのか分からないが、おそらく8ch対応しているのかも。

 (k) AISAC、オートメーション、エンベロープのグラフで曲線編集に対応。
 (l) REACTの変化時間、戻り時間、再生パラメータアクションに曲線編集機能を追加。

グラフのプロパティを表示すると「カーブタイプ」や「カーブの強さ」の項目があり、
カーブを変更できる。

(2) 機能改善
 (a) エンコード処理を50%程度軽減しました。
     (*コーデックによって軽減具合が異なります。)

(3) 仕様変更
 (a) DSPバス設定のバス数を最大64まで追加できる仕様に変更。

DSPバス関連は大きく変更があり、今までの8個固定から、任意の個数(1~8)に変更になった。
8個以上使用する場合は、ランタイム初期化時に8個以上の指定が必要。(Unity版では未対応?)

 (b) プレビューをXAudio2によるプレビューからWASAPIによるプレビューに変更。
     WASAPI経由のプレビューに変わることでDirectX9 エンドユーザランタイムのインス
     トールが不要になります。

WASAPIによる出力に変わったので、Windowsのサウンドドライバの設定でいろいろ変更が可能になった。

(4) 不具合修正
 (a) コンプレッサーのリリース処理でリリースが発生してからリリースタイムの経過
     時間位置で音量が急激に変わる不具合を修正。

[2014-10-30 CRI Atom Craft Ver.2.13.00] -------------------------------------- 
(1) 仕様追加
 (a) 8チャンネル素材のダウンミックスコンバートに対応。

(2) 仕様変更
 (a) Ctr+Sで保存する保存対象を「現在の編集対象を保存」に変更。

全部保存する場合はCtr+Shift+S

 (b) グローバルAISACのペイン上でプレビュー中のAISAC値を操作できない仕様に変更。

(3) 不具合修正
 (a) ACB内の波形周波数情報にリサンプリング前の値が設定されていた不具合の修正。
     ACB Ver.1.23.00以降で修正対応しています。
 (b) ブロックをタイムライン上でドラッグしてブロックの並び順を変えるとき、ブロ
     ックが正しく移動できないことがある不具合を修正。
 (c) タイムライン下のプロパティパネルペインのActionでActionトラックが選ばれて
     いないとき、右クリックメニューを表示するとエラーが発生する不具合を修正。
 (d) スナップショットを指定してプレビュー再生中にタイムライン上でシークすると
     DSPバス設定が切り替わってしまう不具合を修正。
 (e) DSPバス設定がプロジェクトで1つのみの時、DSPスナップショットを選択後、右上
     のメニューからDSPバス設定(スナップショットなし)に変更できない不具合修正。
 (f) 動画ファイルを変更した後、プレビューを行うとプレビューバイナリの再ビルド
     が行われてしまう不具合を修正。
 (g) プロジェクトツリー上のグローバルAISACとグローバルAISACを参照したキューを
     交互に選択して表示を切り替えするとき、AISACのグラフ編集をすると表示切替の
     ときにAISACのグラフ更新が正しく行われない不具合を修正。
 (h) プレビュー中、DSPバス設定または、DSPスナップショットを作成した場合、ACFの
     再転送を行うように修正。 
 (i) 複数キューシートビルド時のビルド失敗時に、以降のキューシートがビルドされ
     ない不具合修正。
 (j) 4チャンネル素材が正しくダウンミックスコンバートできない不具合を修正。
 
[2014-08-29 CRI Atom Craft Ver.2.11.00] -------------------------------------- 
(1) 仕様追加
 (a) プロジェクトファイルの構成を複数人開発に適したファイル構成に対応。

全体設定、ワークユニットなどファイルが個別になっている。

 (b) ツール画面レイアウトを変更
     - プロジェクトツリーを全体、マテリアルに分割。
     - キューを選択時のディティールペインの構成を変更。
     - 各ペインの新規作成メニューの構成を更新。
 (c) DSP FXにリミッタ、Matrixエフェクトを追加。
 (d) ビートシンク設定機能を追加。
 (e) マテリアル、ウェーブフォームの右クリックメニューにBPM解析機能追加。
     解析結果はログペインに3候補まで出力されます。
     * 極端に短い波形ファイルを解析すると正しく解析できない場合があります。
 (f) マテリアルの登録対象ファイルにADX、HCAファイルを追加。
 (g) ツール起動直後のTipsビューにツールのTipsサイトページ表示を追加。
 (h) キューの3Dポジショニングに音源基準で3DのポジションをAISACでコントロールす
     る音源基準角度AISACコントロールを追加。
 (i) ツール設定にMuteトラックをバイナリ出力しない設定を追加。
 (j) ラベルを指定して発音するトラックを切替するセレクタ機能を追加。
 (k) アクション機能に、「再生パラメータ変更アクション」、「セレクタアクション」
     を追加。
 (l) マテリアル、カテゴリのリストペインに階層表示、オブジェクトのフィルタ表示
     機能を追加。
 (m) プロジェクトツリーの右クリックメニューに以下のメニューを追加。
     - キューシートの右クリックメニュー:「ACFのみビルド」
     - キュー、トラック、ウェーブフォームの右クリックメニュー:「ACBからオブジ
       ェクトを含む/除く」
 (n) 波形ファイルを除いたプロジェクトバックアップするメニューをメニュー「ファ
     イル→プロジェクトをバックアップ」に追加。
     
[2013-12-18 CRI Atom Craft Ver.1.32.00] --------------------------------------
(1) 仕様追加
 (a) ビルド時のACB情報XMLファイルにキューにビルド時のストリームフラグ情報を追
     加。キューがメモリ再生かストリーム再生かといった情報がxmlから取得できます。
 (b) ログビューのウインドウ化に対応。
 (c) 検索のリストにオブジェクトのパス表示を追加。
 (d) パンタイプ設定にAuto(Pan3d、3dPan両設定)を追加。
 (e) クリップボードからのコピー&ペースト機能でキュー名、キューIDのペースト編
     集に対応。
 (f) リストペインのクリップボードコピー&ペースト機能に名前、キューID欄へのク
     リップボードデータのペースト対応。
 (g) キューリストの表示フィルタにキューフォルダ、外部キューリンクを追加。
 (h) キューのカテゴリを設定する画面の画面サイズの記憶に対応。
 (i) プロジェクトの設定にACB、ACFファイルに埋め込まれる文字の文字コードにUTF-8
     の指定を追加。
     新規にプロジェクト作成時は、デフォルトがUTF-8になります。
     CRIAtomCraft Ver.1.31.00以前のプロジェクトを読み込んだ場合は、Shift-JIS
     が設定されます。
 (j) DSPエフェクトにマルチタップディレイを追加。
 (k) 波形ファイルのマーカー情報を利用してキューにウェーブフォームを登録と同時
     にキューイベントを作成する機能を追加。
 (l) 波形ファイルに埋め込まれているループ情報の解釈方法を設定する機能を追加。
 (m) 隠しファイルをマテリアルに登録しないようにする機能をツール設定に追加。
 (n) ドラッグ&ドロップでプロジェクトツリーのカテゴリグループ、スナップショッ
     トの並び順の入換えに対応。
 
(2) 仕様変更
 (a) キュー選択時のディティールペインのキュー情報の項目をFX/AISACペインに移動。
     FX/AISACにキュー情報を設定する"Cue"タブを追加。
 (b) シーケンスイベントの表記をマーカーに変更。
 (c) DSPバスにバスのセンドレベルを新規に追加するとき、センドレベルの初期値を1.0
     から0.0で作成する仕様に変更。
 (d) DSP Surrounderのディレイ時間の最大値を100msecから500msecに変更。
 (e) キューリミットの設定値を最大255に変更。
 (f) ストリームファイルAWBの命名規則を変更。ファイル名から[_streamfiles]を削除。

(3) 不具合修正
 (a) キューシートバイナリのビルドを行うとき、出力パスに相対パスを指定にてビルド
     を行うとキューシートバイナリ正しく出力されない不具合修正。
 (b) キューのリストからキューフォルダのカテゴリ項目を編集を行うとツールがハング
     する不具合を修正。
 (c) ブロックを設定したキューで、ブロックの長さが65秒を超える場合、ブロックの遷
     移が遷移位置で正しく遷移しない不具合を修正。
 (d) マテリアルのエンコードファイルのプレビューを行うとき、エンコードキャッシュ
     フォルダが存在しないとプレビューに失敗する不具合を修正。
 (e) キューシートバイナリファイルのビルドで言語設定をDefault以外を有効にしてビ
     ルドをする時、言語用の波形ファイルが一つも含まれていないと、不要なエラーが
     表示される不具合を修正。
 (f) Default以外の言語設定を有効にしてキューシートバイナリのビルドを行うとき、
     ビルドキャッシュデータが正しく作成できずビルドに失敗する不具合修正。
 (g) DSP-FX サラウンダのディレイ値に0が設定できない不具合を修正。
 (h) ADX、HCAコーデックを指定して、ループ区間が0クロスでないファイルをエンコード
     するとループ位置でノイズが発生することがある不具合を修正。
 (i) キューシートCSVのエクスポート機能で、エクスポートしたCSVファイルにキューの
     無効化情報(Omit)が含まれない不具合を修正。
 (j) キューシートCSVインポート機能で、キューシートのボリュームが反映されなくなっ
    ていた不具合修正。
 (k) DSP設定のプロパティがDSP設定内の項目選択で正しく切り替わらない不具合を修正。
 (l) DSP設定画面を表示した状態で、プロジェクトの入換えを行うとツールがハングする
     不具合を修正。
 (m) シーケンススタート上に再生タイミングランダムを設定するとプレビューが停止して
     音が鳴らなくなる不具合を修正。
 (n) プレビュー中、DSP設定のボリューム等を変更するとツールがハングアップする不具
     合を修正。
 (o) DSP設定のFXを削除後、UndoするとDSP設定画面での並び順が異なって表示される不
     具合を修正。
 (p) キューシートCSVをエクスポート、インポートする時、キューに設定されているカテ
     ゴリが5つ以上登録されていると5つ目以降のカテゴリ情報が反映されない不具合
     を修正。
 (q) キューリストで16進数表示ができなくなっていた不具合を修正。
 (r) インゲームプレビュー時、一部のパラメータがパラメータ編集後、プレビューに値が
     反映しなかった不具合を修正。
     
[2013-02-14 CRI Atom Craft Ver.1.30.00] --------------------------------------
(1) 仕様追加
 (a) リストペイン上でオブジェクトのアイコンをダブルクリックしてオブジェクトに
     ジャンプする機能を追加。
 (b) リストペインをタブ表示で表示内容を変える機能を追加。
 (c) マテリアルを選択してキュー再生(F5)でエンコードファイルを再生する機能を追
     加。
 (d) DSPエフェクトのプロパティリストに初期値に戻すメニューを追加。
 (e) DSPエフェクト「Surrounder」に最大ディレイ時間を追加。
 (f) プレビュー機能に選択トラックのみ再生するモードを追加。
 (g) キューリスト上からのボイスリミットグループ編集に対応。
 (i) ツリーペインにキューシートに指定のキューをキューから除外するチェックボック
     スを追加。(Altキーを押しながらクリックでチェックの変更ができます。
 (i) リストペインの右クリックメニューに選択項目をクリップボードにコピー&ペー
     ストする[選択オブジェクトの列項目をクリップボードへコピー]、[クリップボー
     ドのデータを選択オブジェクトの列へペースト]を追加。
     
(2) 仕様変更
 (a) Reactの変化カテゴリ、トリガカテゴリの設定条件を同一のカテゴリグループ以外
     で設定ができるように仕様を変更。
 (b) キューに設定可能なカテゴリ数を最大16まで設定が可能になるように更新。
     (キューに設定可能なカテゴリ数の初期値は4になります。最大数を変更するには、
     全体設定の最大カテゴリから変更します。)
     
(3) 不具合修正
 (a) 削除可能なアイテムを選択後、プロジェクトを読み直し、ツリーペインの削除ボ
     タンを押すとツールがハングする不具合を修正。
 (b) プロジェクト読み込み後、削除可能なプロジェクトツリーのオブジェクトを選択
     し、新規プロジェクトまたは、プロジェクトファイルの読み込みを行うと、プロ
     ジェクトツリーの削除ボタンが有効のままになり、削除ボタンを押すとツールが
     ハングする不具合を修正。
 (c) パラメータパレットのオブジェクトがツーリーペイン上で移動することができな
     い不具合を修正。
 (d) パラメータパレットの値を編集後、編集した値がビルドに反映しない不具合を修
     正。
 (e) AISACペイン上からの名前入力を最大64文字に修正。
 (f) タイムライン上でサブシンセを複製すると、タイムラインの表示が正しく更新さ
     れない不具合を修正。
     
[2013-01-21 CRI Atom Craft Ver.1.28.50] --------------------------------------
(1) 仕様追加
 (a) バウンス機能に記録された時間を表示。
 
[2013-01-21 CRI Atom Craft Ver.1.28.41] --------------------------------------
(1) 不具合修正
 (a) 長尺な波形ファイルをタイムラインに登録し表示すると、ツールがハングする不
     具を修正。
     
[2013-01-16 CRI Atom Craft Ver.1.28.40] --------------------------------------
 - ADX2 LEツールの新規作成

/*==========================================================================*/
*  2.  CRI Atom Viewerの変更履歴
/*==========================================================================*/
[2016-03-29 CRI Atom Viewer Ver.2.11.00] ------------------------------------
(1) 仕様追加
 (a) 3Dポジショニングのリスナーの移動機能を追加。
 (b) レベルメーターの表示を追加。
 (c) 最近使った項目のメニューを追加。

(2) 仕様削除
 (a) 3Dポジショニングの自動回転機能を削除。
 (b) AISACコントロールの配置変更機能を削除。

(3) 仕様変更
 (a) 開発ベースをVisualStudioからQtに変更。
     開発ベースの変更に伴い、GUIの配置を変更しました。      
 (b) プレビューをXAudio2によるプレビューからWASAPIによるプレビューに変更。
     WASAPI経由のプレビューに変わることでDirectX9 エンドユーザランタイムのインス
     トールが不要になります。

[2015-10-22 CRI Atom Viewer Ver.2.07.11] ------------------------------------
(1) 不具合修正
 (a) 3Dソースの最小距離が表示されない不具合修正。

[2015-09-29 CRI Atom Viewer Ver.2.07.08] ------------------------------------
 (a) 最新ランタイムでリビルド

[2015-09-09 CRI Atom Viewer Ver.2.07.04] ------------------------------------
(1) 仕様追加
(a) シーケンス時刻の表示追加。
(b) カレントブロックの表示追加。
(c) レベルメータ追加。
(d) ログでファイルパスをダブルクリックすると開く処理追加。

[2015-08-25 CRI Atom Viewer Ver.2.07.00] ------------------------------------
(1) 仕様追加
 (a) ブロック遷移パターン拡張に対応。

(2) 不具合修正
 (b) 同名のACB読み込み時に正しく切替できなくなる不具合修正。

[2015-07-16 CRI Atom Viewer Ver.2.06.04] ------------------------------------
(1) 仕様追加
 (a) 各ビューのコンテクストメニューにショートカットキー追加。

(2) 不具合修正
 (a) エフェクト名が不正になる不具合修正。 

[2015-07-10 CRI Atom Viewer Ver.2.06.03] ------------------------------------
(1) 仕様変更
 (a) ACBファイルを読み込みする時、ACFファイルが読まれていないと警告する動作に
     読み込み動作を改善。

[2015-06-26 CRI Atom Viewer Ver.2.06.02] ------------------------------------
(1) 仕様追加
 (a) ACBのビューのメニューに「AWB Slot名リスト」を追加。
     ACBにアタッチ済のAWBを確認できます。

(2) 不具合修正
 (b) マルチAWB対応。awbスロット名、ファイル名が同名で且つACBと同じパスにある
     場合自動に読み込むように修正。

[2015-06-02 CRI Atom Viewer Ver.2.05.02] ------------------------------------
(1) 仕様追加
 (a) バウンス機能に「キューの長さを使用」するフラグを追加。
     今までは常に1Shot波形はキューの長さでしたが、
     True:キューの長さ False:最大バウンス時間でバウンスするようになります。

(2) 不具合修正
 (a) バウンス設定ダイアログでの「出力フォルダ」ボタンの不具合修正。

[2015-05-29 CRI Atom Viewer Ver.2.05.00] ------------------------------------
(1) 仕様追加
 (a) テスト機能(全キュー再生)追加。

[2015-05-12 CRI Atom Viewer Ver.2.04.09] ------------------------------------
(1) 仕様追加
 (a) AWBコンテンツID並びが飛び番号になっているAWBファイルの読み込みに対応。

[2015-04-02 CRI Atom Viewer Ver.2.04.08] ------------------------------------
 (a) 最新ランタイムでリビルド。

[2015-04-10 CRI Atom Viewer Ver.2.04.07] ------------------------------------
(1) 仕様追加
 (a) ASRの出力チャンネル数の指定に対応。

[2015-04-02 CRI Atom Viewer Ver.2.04.06] ------------------------------------
(1) 機能改善
 (a) 時刻更新の精度を改善(100msec->10msec)

[2015-03-18 CRI Atom Viewer Ver.2.04.04] ------------------------------------
(1) 不具合修正
 (a) UTF-8のデータに2byte文字が含まれる場合の処理を修正。

[2015-02-09 CRI Atom Viewer Ver.2.04.00] ------------------------------------
(1) 不具合修正
 (a) DSPバスエフェクトが一つもないACFファイルが開けない不具合修正。

[2014-10-30 CRI Atom Viewer Ver.2.02.15] ------------------------------------
(1) 仕様追加
 (a) D-BASの初期化設定追加。

[2014-10-10 CRI Atom Viewer Ver.2.02.14] ------------------------------------
(1) 仕様追加
 (a) ACFビューでセレクタラベルをダブルクリックするとプレーヤーにセレクタ情報
     をプレーヤへ設定する機能追加。
 (b) セレクタラベル表示追加。

(2) 不具合修正
 (a) プレビューランタイムの初期化エラーが発生した時の処理を改善。
 (b) HCA-MXボイス数を指定できるように修正。値設定中、上下限値を超えたとき頭打
     ちになるように修正。
 (c) レベルメーターでレベルが異常値になる場合ツールがハングする不具合を修正。

[2014-08-27 CRI Atom Viewer Ver.2.02.08] ------------------------------------
 (a) V2バージョンに更新。

[2013-12-16 CRI Atom Viewer Ver.1.31.71] ------------------------------------
 (a) 最新ランタイムでリビルド。

[2013-02-14 CRI Atom Viewer Ver.1.30.00] ------------------------------------
(1) 仕様追加
 (a) I3DL2リバーブの情報表示追加。

[2013-01-16 CRI Atom Viewer Ver.1.29.01] --------------------------------------
 - ADX2 LEツールの新規作成

以上
最終更新:2016年04月03日 12:59