Chapter 11 Mutable State

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第 11 章 ミュータブルな状態 (Mutable State)

これまで示してきたほとんどのプログラムには副作用(*1)はありませんでした。したがって、 時間 の記述は問題になりませんでした。終了するプログラムでは、アクションの列は同じ結果をもたらします。これは計算の置き換えモデルにも反映されており、書き換えステップは項のどこにでも適用可能で、終了する様な書き換えは同じ答えをもたらします。実際、この 合流性 はλ計算、関数型プログラミングの基礎をなす理論の深遠な結論です。

この章では副作用を持つ関数を導入し、その振る舞いを調べます。その結果、これまで用いてきた計算の置き換えモデルを根本から修正する必要に迫られるでしょう。

(*1) プログラムの中には標準出力に出力するものもあり、厳密にはそれは副作用である、ということをここでは無視します。


名前:
コメント:
最終更新:2011年02月24日 08:52
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。