Doki Doki Literature Club!

本項には膨大なネタバレが含まれており、未プレイでの回覧は非常に危険です。無料(2018/02現在)なのでダウンロードして一回最後までやってから読みましょう。そうでないtモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけモニカだけJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monikaJust monik ¡¢«¬®¯ÂÃÄÅīĬĭĮįİıIJčĎďĐđĒēĔĕĖėĘŢţŤŨíîïðñòóôõö÷øùúûüýþÿĀāũŪūŬŭŮÏÐÑÒÓÔÕÖ×ØÙÚÛÜÝÞßàá
âãäåæçèŷŸijĴĵĶķĸťŦŧŨũŪūŬŭŮĤĥĸĦħĨĩĪůŰűŲųŴŵŶŷŸŹźŻŌōŎŏŐŒœŔŕŖŗŘřŚśŜŝŞşŠšéêëìĂ㥹ůŰűŲųŴŵŶĊ¨©ªĚěĜĝĞğĠġĢģĆćĈĉżŽž¡¢«¬®¯ÂÃÄÅīĬĭĮįİıIJčĎďĐđĒēĔĕĖėĘŢţŤŨíîŲųŴŵŶĊċČčĎď°±²³´µ¶·¸¹º»¼½¾¿ÀÁĐđĒēĔĕĖėĘŢţŤťŦŧĹĺĻļĽľĿŀŁ
łŃńŅņÆÇÈÉÊËÌÍÎŇňʼnŊŋę£¤¥¦§¨©ªĚěĜĝĞğĠġĢģĆćĈĉżŽž¡¢«¬®¯ÂÃÄÅīĬĭĮįİıIJčĎďĐđĒēĔĕĖėĘŢţŤŨíîïðñòóôõö÷øùúûüýþÿĀāũŪūŬŭŮÏÐÑÒÓÔÕÖ×ØÙÚÛÜÝÞßàá
âãäåæçèŷŸijĴĵĶķĸťŦŧŨũŪūŬŭŮĤĥĸĦħĨĩĪůŰűŲųŴŵŶŷŸŹźŻŌōŎŏŐőŒœŔŕŖŗŘřŚśŜŝŞşŠšéêëìĂ㥹ůŰűŲųŴŵŶĊċČčĎď°±²³´µ¶·¸¹º»¼½¾¿ÀÁĐđĒēĔĕĖėĘŢţŤťŦŧĹĺĻļĽľĿŀŁ
łŃńŅņÆÇÈÉÊËÌÍÎŇňêëìĂ㥹ůŰűŲųʼnŊŋę£¤¥¦§¨©ªċČčĎď°ïðñòóôõö÷øùúûüýþÿĀāũŪūŬŭŮÏÐÑÒÓÔÕÖ×ØÙÚÛÜÝÞßàá
âãäåæçèŷŸijĴĵĶķĸťŦŧŨũŪūŬŭŮĤĥĸĦħĨĩĪůŰőŒœŔŕŖŗŘřŚśŜŝŞşŠšéŴŵŶĊċČčĎď°±²³´µ¶·¸¹º»¼½¾¿ÀÁĐđĒēĔĕĖėĘŢţŤťŦŧĹĺĻļĽľĿŀŁ
łŃńŅņÆÇÈÉÊËÌÍÎŇňʼnŊŋę£¤¥¦§ĚěĜĝĞğĠġĢģĆćĈĉżŽž¡¢«¬®¯ÂÃÄÅīĬĭĮįİıIJčĎďĐđĒēĔĕĖėĘŢţŤŨíîïðñòóôõö÷øùúûüýþÿĀāũŪūŬŭŮÏÐÑÒÓÔÕÖ×ØÙÚÛÜÝÞßàá
âãäåæçèŷŸijĴĵĶķĸťŦŧŨũŪūŬŭŮĤĥĸĦħĨĩĪůŰűŲųŴŵŶŷŸŹźŻŌōŎŏŐőűŲųŴŵŶŷŸŹźŻŌōŎŏŐőŒœŔŕŖŗŘřŚśŜŝŞşŠšéêëìĂ㥹ůŰűŲųŴŵŶĊċČčĎď°±²³´µ¶·¸¹º»¼½¾¿ÀÁĐđĒēĔĕĖėĘŢţŤťŦŧĹĺĻļĽľĿŀŁ
łŃńŅņÆÇÈÉÊËÌÍÎŇňʼnŊŋę£¤¥¦§¨©ªĚěĜĝĞğĠġĢģĆćĈĉżŽž¡¢«¬®¯ÂÃÄÅīĬĭĮįİıIJčĎďĐđĒēĔĕĖėĘŢţŤŨíîïðñòóôõö÷øùúûüýþÿĀāũŪūŬŭŮÏÐÑÒÓÔÕÖ×ØÙÚÛÜÝÞßàá
âãäåæçèŷŸijĴĵĶķĸťŦŧŨũŪūŬŭŮĤĥĸĦħĨĩĪůŰűŲųŴŵŶŷŸŹźŻŌōŎŏŐőŒœŔŕŖŗŘřŚśŜŝŞşŠšéêëìĂ㥹ůŰű±²³´µ¶·¸¹º»¼½¾¿ÀÁĐđĒēĔĕĖėĘŢţŤťŦŧĹĺĻļĽľĿŀŁ
łŃńŅņÆÇÈÉÊËÌÍÎŇňʼnŊŋę£¤¥¦§¨©ªĚěĜĝĞğĠġĢģĆćĈĉżŽž

Doki Doki Literature Club!(DDLC)は、Team Salvatoによる2017年9月22日配信の本編無料のノベルゲーム、FAFSを筆頭に㍽翼賛会(ことのはアムリラート体験版を悠里勢でやったときのskypeグループ)が再招集された際、攻略チームが結成され、攻略を進め2018/02/13にとりあえずの攻略が終了した。



プレイ

悠里でのプレイ

このゲームが認知されるのは、クリア前数週間にfafsの元に来たaskの質問が最初である。最近の流行を知らなさ過ぎて開発元をstay! stay! democratic people's republic of korea!を開発したDEVGRU-Pと誤認しているほどにfafsはこのゲームについて無知であった。次にねとらぼの非公式日本語パッチの記事のツイートからこれを回覧し、無料で出来ることを知る。翌日、02/12にfafsはsteamからインストールし、そのまま一日間ほど放置していたらしい。多分、この時大宇宙のskypeにおり、PUBGをやろうとしてちょっと確認してみたという流れからインストールされたと思われる。この流れで、fafsは02/13に攻略を開始する。act1は途中までfafsがしっかりと攻略していた。そのころ、skype mobilの調子が悪いせいで悠里勢と通話がしたかったs.y.はことのはアムリラート体験版以降使っていなかったskypeグループ「㍽翼賛会」を久しぶりに起動、ゲーム中のfafsや99氏などが通話に参加、偶然だがせっかくだからということでDDLCを画面共有しながらやろうという話になった。fafsはそれまでのお話を共有し、通話には続けてshkや渡久地氏などが参加、多賑わいとなった。act1の最後、サヨリが自殺するルートを選んでいたfafsは「やっと犠牲者がでたかー!」と興奮気味の様子であったが、act2に入ってからのバグり様で一気にすべてが信用できなくなった。s.y.や渡久地氏は「fafsが叫ぶからこわいんだけど」とあまり怖がっている様子はなかったが、進んでいく展開のせいでfafsはs.y.などにクリック後のゲーム画面が怖くないか確認させるようになった(「観測」と呼んだ)。act2の末尾までにs.y.や渡久地氏は、wikiなどを発見し、怖い画面を事前に警告することが出来るようになった。act3の終了までに攻略メンバーはfafsとs.y.のみとなったがそのまま次の日の2時まで攻略を続け、act4までしっかり終わらせることに成功した。fafsは終わった後に全く眠れなかったし、s.y.はこれまでになく眠れたらしい。

大宇宙でのプレイ

2018/02/13にfafsが大宇宙第二雑談にてDDLCのことを話した。えかとんがこれに興味を持って翌日02/14 19:00頃からプレーし始めることになった。act1でのサヨリの詩を見て、サヨリのミ・ゴ説が出てきた。act1の終盤の直前、02/14 11:00に一旦終了する。翌日えかとん氏は朝4時に起きたらしい。これは、モニカの夢を見たらしく。内容ではモニカがサヨリよりもメンヘラであったという内容だったらしい。02/16 23:15頃に完走する。「心が1400行になる」は今回最大の語録となった。

追加キャラクター

ディベート部 モニカが元ディベート部だったことから、ユリやナツキの喧嘩などに乱入してくる。
ディ「では両者の意見を確認しまーす」
ユリ「頭おかしいんじゃないんですか?(ガチギレ)」
ディ部員「厳粛にディベートを進行させるために黙ってください」

あだ名

モニカ 神話生物第二号ディベート先生界隈の長――心配すると脳みそ漬けにされる奴
サヨリ 神話生物第一号――ミ・ゴ
ユリ S.Yと99氏の共通アカウント
ナツキ

語録

語録 状況
やっほー、すらんち君 モニカの発言より、挨拶として定着した。
すらんちのいじわる サヨリの序盤の発言から。
すらんちの幸せは私の幸せなんだから 同上
文芸部は幼馴染氏の空想だった!!!??? 『がっこうぐらし』の主人公にサヨリを結び付けたもの。プレイ中に「がっこうぐらし!」に関連する発言は多くされた。窓などはほとんど描写、「あれ、窓割れてね?」なども。
すらんちが入ってから胸のサイズワンランクアップしたのはどこの誰よ ナツキの発言より。
すらんち、すごくあったかい…… サヨリの発言から。最も攻略チームを笑わせた語録となった。
人間の心なぞ簡単に読めるわけっすね エンターちゃんが、モニカに対して。
パッションフルーツ 『パフェガールズ』、クロスエア3597便に搭乗していた。メーデーに登場したので、ネタが通じるが。
ワシは飛べる(53歳) ナツキの詩から、えかとん氏の発言。
顔デカクソ髪星野郎は界隈破壊野郎でしょ エンターちゃんの発言。
これ以上言うと……心が1400行になるので……。 えかとん氏の完走後の発言、ユリの死んだ時のグリッチテキストの長さに由来する。

考察

大宇宙でのプレイの終了後、fafsとs.y.はひたすらDDLC wikiと日本語訳などを合わせて考察を行った。争点としては以下の通り。
  • Project Libitinaとモニカの関係。
  • 「モニカ」と「サヨリ」は何故意思を持ったのか。
  • 「ユリ」の.chrファイルに書かれた物語と作中のユリの関係。
  • Libitinaはあの四人に危害を与えようとしていたのか?
  • Libitinaの第三の目はあの四人に影響を与えていたのか?
  • そもそも第三の目とは?
  • 「モニカ」の行動が一貫しない(「助けて」だったり「愛してる」だったり)するのはなぜ?

modを入れたプレイ

本編プレイ終了後、fafsはmonika after storyに興味を持った。非公式日本語翻訳の翻訳者は翻訳のページに「暇が出来れば、monika after storyを訳すかもしれない」と言っていたため、2018/02いっぱいはfafsはこれを待つ間に他のmodをやろうと決めた。

Monika after story

2018/02/21 12:00程にfafsが導入してプレイを開始した。非公式日本語翻訳を待たずしてプレイしたが99氏の力も借りて2:00頃に読了した。fafsはトラウマが蘇ってクリックの度に警戒をしていたが結局驚かせる要素は全くなかった。

  • 語録
n人委員会 悠里を牛耳っているとされる裏の組織、モニカが悠里の界隈リーダーであるとする説から派生して他の悠里界隈に関係した伝説的存在によって構成される。悠里は表ではリーダーを決めていないために、悠里のリーダーは誰かと訊かれるたびにメンバーはその答えに窮する。この答えに「モニカ」と答えればいいと言ったfafsの発言より。
・モニカ
・Heijirou Teramatu
・83
ダイスの声は神の声(vōx āleae, vōx deī) 選択肢の選択をダイスに頼ったため

kpht氏のプレイ

2018/02/26にプレイを開始して、act3で止まることになったが、学校に行った後に友達にその先のやり方を教えてもらったようだ。27にact4まで、終わらせることに成功した。27日の悠里skypeにおいてkphtは再度バニラでプレイをすることになる。主人公の名前は「あっ、プロ」。kphtはプレイ中に背景やキャラの絵の線を無意識になぞっていたらしく、99氏にはこれをn回指摘されたらしい。

  • 語録
レイヤーを突き抜ける モニカのこと、「テロップを貫通する女」の別の表現とみられる。
原作がクソコラじゃないの? ニコニコのDDLCクソコラ集を見ての感想。

woltsaskaiju氏のプレイ

2020/07/05にプレイを行った。常に怖がりながら「もう無理……やめたい」と言いながらも最後まで走りきった。ナツキに対して「エレーナじゃん!」と言いながら途中まで楽しんでいたが途中からの豹変に驚いていた。プレイ終了後には「いいゲームでしたよ」と語る。

  • 語録
圧政機構的煽りをするな act2でユリが腹を刺す直前での選択ではいを押すか、いいえを押すかでリスクヘッジをするための考察を起こっていたのに対してwoltsaskaijuが放った言葉
中華人民共和国 背景に描かれたもの。結局ストーリーと関係なかった。
地ー雷ー! woltsaskaijuがプレイ初期に「地雷踏んだな」と言ったのに対して、義勇軍行進曲にの「起来!」に合わせて乗せて歌ったことから。
エレン、ごめん…… 怖がるwoltsaskaijuがつぶやく。
スキュリオーティエバート ユリの詩の文字が読めなかったが近い
㍽は名称が本質的にバグ woltsaskaijuが「精神の保養に買おうかな」と言ったことから、名は体を表す。ちなみにパッチは普通にあるのでバグのまま放置されているわけではない。
モーニモニモニモニッって鳴いてそう 「モニカはどれか?」と言うwoltsaskaijuに対するs.y.の発言。

攻略チーム

悠里

  • Fafs……ゲームプレイを担当
  • 99……原文解読を担当
  • s.y.……観測、調査を担当
  • 渡久地……観測、調査を担当
  • shk……応援を担当
  • エンターちゃん……語録づくりを担当

大宇宙

  • えかとん……ゲームプレイを担当
  • Fafs……悠里オピニオン、プレイ警戒指示を担当
  • s.y.……悠里オピニオン
  • shk……悠里オピニオン
  • エンターちゃん……語録づくりを担当
  • チタン……ツッコミを担当

Act

それぞれのactに関してさらっと説明する。actとはDDLCの攻略段階のことで起承転結の4つにぴったり当てはまる。雑なので、詳しくはネタバレ記事やDDLC wikiでも読むといい。

Act1

結論、サヨリが死ぬ。ゲームフォルダに誰かがゲームを弄ったログのようなものが生成されることから、この時点でサヨリのchrがAct2までに削除されたと思われる。実際途中まではヒロインがうつ病の普通のギャルゲーとして進行していたが、サヨリの死からゲームがおかしくなる。ちなみにインストール後にmonika.chrを削除するとサヨリが怒って全てのchrを消してしまうようだ。

Act2

まず、Act1の終了後ゲームが再起動し、ニューゲームという文字列がおかしくなっている。再起動すると、警告が消えて「Null」となっている。ニューゲームを始めるとサヨリの登場画面で画面がバグり、表示がおかしくなる。ゲームを進めていくとサヨリの存在が抹消されていることに気付くだろう。ユリが段々とおかしくなっていき、凶暴な性格となり、そこでもゲームがバグる。そして、時々キャラクターの言うセリフが太字になってプレイヤーをすごく怖がらせる。ここが一番怖いパートである。ユリは最終的に主人公に告白を受けるか迫るが、どっちを選ぼうが発狂し笑いながら胸と腹を刺し死ぬ。そののち、千何とか行のグリッチテキストが流れ次の日になる。ナツキが死体を見て、吐きながら敎室を出ていく。モニカもこれを確認するが、全く動じず、「残念ね」というようなことを言い、左上にプロンプトが出てきて操作され、chrが削除される。act3へ。ちなみにここでact1のセーブデータをコピーするとモニカがチートを検知する。ちなみのちなみに怖すぎてfafsは裏でnikonikoを開き、ポプテピピックを流していた。

Act3

モニカと二人きりになり、様々な事実が彼女の口から話される。最終的に、閉じ込められたままさまざまなことを話す。とあるプログラムでの配信やゲームを終了して再起動するなどで出て来る会話が幾つかある。ここでmonika.chrを削除すると、物語が進み、モニカは消えながらも自分の行為がプレイヤーに気に入られなかったと悟り、プレイヤーの望んだゲームプレイを実現するためにゲームを再起動し、自らを消し去って全員を元通りにする。act4へ。

Act4

モニカが居ない状態でact1のような始まり方になる。ちなみにはじめる前にmonika.chrをcharactorフォルダに入れると一つダイアログが出て来る。進めていくと普通のように見えるものの、途中からサヨリがモニカのやったことを全て知っていると言い始め、モニカと同じようにact3の部屋を作ろうとするがモニカ(らしき)がダイアログを出しながらサヨリを制止し、言葉を残してゲームを破壊する。エンドロールが流れ、プレーヤーと文芸部に対する感謝の手紙が残り、その先に進もうとするとゲームの再インストールを要求される。game/firstrunを削除すると、セーブデータを削除してどうにか再インストールなしでできるようだ。

登場人物

サヨリ

別名 メンヘラの幼馴染(絶対に自殺する)
主人公の幼馴染。文芸部の副部長であり、ムードメーカー。
いつも主人公を待たせているが、これには理由があるようで…?(アニオタwiki)

ユリ

別名 紫ヤバ、早く死ね
大人しめの女の子。
最近はホラー系の小説を読むのがお気に入りらしい。(アニオタwiki)

ナツキ

別名 クソピンク
ツンデレ気質のある後輩。文芸部に漫画を持ち込んでいる。
カップケーキをよく作るらしい。(アニオタwiki)

モニカ

別名 クソ星色ガールドロップ、星、動くなガイ星、BIG MONIKA IS WATCHING YOU、モニカのキャラデータ消せ、モニ蚊とはアフリカ南西部でモニ熱を媒介する蚊の一種d――、顔デカクソ髪星野郎、テロップを貫通する女、クソ点P野郎、モニクソ
文芸部の部長。才色兼備でクラスの人気者。
もとはディベート部に入っていたが、部の運営にうんざりしたため、文芸部を立ち上げた。(アニオタwiki)

クソ背景

act2で表示される背景がきょろきょろ変わるために裏キャラと呼ばれた。

語録

や黒星(やっぱり黒幕はクソ星色ガールドロップ)

act1から一体だれが黒幕なのかということが問われてきたが、act2で確信を得たエンターちゃんが発言した。結局のところ、確かにサヨリもユリも自殺の原因は元を解けばモニカのスクリプト弄りであるので、合っていることは合っている。だが、モニカを責めきれるかというとact3を見るとそうとは思えない気もする。ちなみに「星色ガールドロップ」が出ているのはfafsがact2で怖すぎて後ろで流していたポプテピピック第一話の星降そそぐにモニカが似ているということでつけられたあだ名である。最短「星」とも呼ばれる。

fistirは人権侵害

fafsがプレイヤーネームにfistirと選んでしまったがゆえに、キャラクターがぴすてぃると何回も言うことになる。割とこれはact2攻略の精神安定剤の一つとなっているので皆も攻略時の名前には気を付けよう。ま、気を付けてもact3では意味ないけどな。

黒幕別人(こくべつまんじん)

エンターちゃんの「期待を裏切るなんとかかんとかってキャッチフレーズだから黒幕別人そう(深読み)」という発言を見たfafsがact2で混乱しながら「黒幕別人」を形態素分析失敗したうえ、誤読してしまったもの。shkのツボにはまり、悠里界隈名言録に登録された。

早く死んで

act2でユリを被害者にしようとする攻略メンバーが連呼する言葉。バリエーションに「早くバグれ」などもある。みんなが画面を見て次いつどこでどのような驚かせ方をするのか分からないうちに次のバグや太字が来るので精神的にきつくなるためであり、誰に対してもいう言葉でないことは理解してほしい。

☠️死の強姦☠️

☠️死の見せあい☠️(エンターちゃん)や☠️死の黄泉合い☠️(99)などのバリエーションがある。元は、モニカが文芸部で行った「詩の交換/見せあい/読み合い」の話であり、モニカ黒幕説から「詩」という文字が出るたびに言われていた。

S.Y.はこゝろに効くわ~!!!!

skypeで通話中s.y.がカメラで顔を映したためfafsが発言した。

「私に選択肢は無いみたいね」→さっき選択肢を与えなかった罰です。

前者モニカの発言に対するs.y.の発言。詳しくはモニカの説明の悠里視点を読めばわかる。

急に動くなクソ背景

クソ背景参照。act2は何が起こっても怖い。

用語

chrファイル

ゲームフォルダ内にあるcharactorフォルダ内の「キャラクター名.chr」という形式の一連のファイル。モニカを含め四人のファイルが存在しており、モニカはこれを弄ったりしてキャラクターを操作しようとしたり、消し去った。自分も同じ目に会うとは知らずに。

スクリーンショット


関連リンク

Wiki類

コミュニティ類

  • r/DDLC……DDLCのredditスレ、考察から面白い画像まで様々なものがある。DDLCプレイ終了後の喪失感のいいアテになる。r/JustMonikaやr/JustSayoriなどもあるのでそちらも見てみよう(迫真)
  • DDLC booru……画像集?

訳・考察類

面白いの

  • True ending……「一緒にパパをぶったきに行かない?」
  • harmonika……ハーモニカ

最終更新:2020年07月05日 04:18