名前のない風景

なまえのないふうけい【登録タグ:collt(ですか) 灯月アカリ

作詞:collt(ですか)
作曲:collt(ですか)
編曲:collt(ですか)
唄:灯月アカリ

曲紹介

  • 子供のころ下校の時に蹴った石はいまもどこかに転がってるのかなとか、ふとそんなどうでもいいことを思って作りました。人知れず宇宙を、風景を形成しているそのへんのモノに思いを馳せるのも乙だと思います。(投稿者説明文より


歌詞

tmboxより転載)

名前のない道で 見上げる夜空の星
名前のない星は 静かにキミを見る

道端誰にも見えない 花は四季を通り過ぎ
道端誰も気付かない 水溜りに宇宙は成る
路地裏の影に住み キミの帰りを待つ

川底誰にも知られず 苔は茂り時を経る
川底誰も気付かない 石は削れ宇宙を成す
湖の深く住み キミの帰りを待つ

遠い遠い目の前のキミを探して
まだ近い近い遥かな星の光の方へ

屋根裏誰にも見えない 秘密の部屋キミを知る
壁裏誰も気付かない 行きて戻る宇宙の隅
床下暗がりに住み キミの帰りを待つ

遠い遠い目の前のキミを探して
また近い近い遥かな月の光の方へ

名前のない駅で 見渡す地平の空
名前のない星は 確かにキミを見る

コメント

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。