君がいた季節

きみがいたきせつ【登録タグ: ぴぼ 滲音かこい

作詞:ぴぼ
作曲:ぴぼ
編曲:ぴぼ
唄:滲音かこい

曲紹介

11月は秋 #わかる
  • ぴぼと申します。秋の曲を作ってみました。寒くなってきて人肌恋しくなりますよね。(動画コメントより引用)
  • 絵:志筑のま

歌詞

Piaproより転載)

だいたい全部君のせいだ

最愛の秋はもう来ない

大概の思い出には

毎回君がいるから



どれくらい経ったのかな

いつから数えなくなった?

焦がれていた、見つめ合った、それだけ―



君がいた季節を

嫌う事が出来たら

君がいた記憶を

思い出さず生きていける気がした



紅葉した落ち葉溜まり

身体を埋めてももう

君の温度は無い



仰向けになって見えた

葉が落ち切りかけた木に

責を向けて、自棄になって、それから―



君がいた季節を

忘れたくてこう言う

「君がいた記憶をこの一葉が落ちた時に捨てよう」



涙が落ちないように堪えて

寂しくはないよ、と意地を張った

最後の葉が散るまで

コメント

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。