Lineage WhiteMemory @ Wiki

ヒールオール回復量実験

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

ヒールオール回復量実験

結論

  • ヒールオールの回復量は、X=11, Y=11である
具体的な計算はLineage 魔法ダメージ計算器をご利用下さい。

実験準備

お相撲さんの相撲部屋おおきくなりませんなどでの実験により、ヒールの回復量は以下の式で求められる事が判明している。
ヒール回復量 = A (X+MB)dY
A = 1+MAX(aliment / 32678)
そして、各種ヒールについてXとYの値は以下である事が知られている。
X Y
ヒール 2 4
エクストラヒール 4 8
グレイターヒール 10 8
フルヒール 10 12
ネイチャーズブレッシング 12 12
今回、ヒールオールに関するデータが発見できなかったため、自分でX,Yを求める事とした。

ヒールオール(MB=3, AL=MAX)

  • 回復役:WIZ, INT18(MB3), AL=MAX
  • 被回復:DrK (HP-50のモータルボディが便利)
169 143 191 177 167 221 197 179 225 189
207 145 171 147 165 169 145 209 129 187
161 179 143 157 193 177 199 173 163 179
187 171 145 179 181 185 179 161 159 177
193 143 179 137 203 111 155 161 137 199
167 205 145 151 169 165 113 191 137 199
185 181 179 171 153 149 203 137 171 191
197 165 169 161 169 169 171 173 179 193
163 211 173 177 193 175 129 173 155 191
157 151 163 141 123 161 157 125 197 127

ヒールオール(MB=8, AL=MAX)

  • 回復役:WIZ, INT23(MB8), AL=MAX
  • 被回復:DrK (HP-50のモータルボディが便利)
223 245 231 243 255 263 217 157 251 275
223 275 191 291 245 187 235 255 245 239
241 229 267 239 273 213 307 203 199 269
253 215 203 213 243 225 261 251 157 173
235 231 225 263 231 225 201 237 221 245
209 251 231 219 229 199 217 249 237 243
217 183 211 205 175 221 201 233 255 225
217 219 229 261 179 221 223 167 209 233
223 227 257 237 229 281 245 257 221 231
243 245 263 209 255 167 247 159 263 261

ダイスの推定

ヒールオールの威力についてMB3とMB8の双方について、アライメントの項を処理してダイス項を求め、その統計を取ったところ、以下のようになった。
試行数 平均値 標準偏差 最小値 最大値
MB3 100 85.24 11.67 56 113
Mb8 100 115.41 14.58 79 154
MB3の平均値とMB8の平均値の差30.17は 5dY の平均値と等しいと考えられるので、ヒールオールでは Y=11 と推定できる。平均値の差はY=1につき2.5刻みで変化するため、Y=11以外である可能性は低い。
また、Y=11としてXの値を推定すると、MB3,MB8の双方ともX=11が求められる。MB3,MB8の平均値はX=1につき6刻みで変化するため、X=11以外である可能性は低い。

従って、ヒールオールのダイスは X=11, Y=11 であると考えられる。