新聞書評(2013.7-)

カーリル・ブクログ
新聞書評(2013.7-)

2013.8.25
(朝日新聞)
(ニュースの本棚) 漢字と日本語 円満字二郎
  • 漢字からみた日本語の歴史 今野真二 6FY25コ
  • 見えない文字と見える文字 佐藤栄作 県立
  • 世界の文字を楽しむ小事典 町田和彦編 県立 市立801セ
(売れている本) 『タモリ論』 樋口 7FS779.9ヒ 市立779ヒ
『「AV女優」の社会学』 鈴木涼美(水無田気流評) 8F778.2ス 市立778ス
『「青鞜」の冒険』 森まゆみ(田中優子評) 県立 市立367.1モ
美味しい革命 トーマス・マクナミー (隅研吾評)アリス・ウォーターの実験的レストラン(参考 アートオブシンプルフード レシピ集 県立 7FP596.2ウ 市立596ウ)
折口信夫の青春 富岡ほか(赤坂真理評) だ
×(著者に会いたい) 水俣 1974-2013 小柴一良
ミレナへの手紙 フランツ・カフカ(小野正嗣評) 県立 市立(全集)948カ8
ペンギン・ペディア デイビッド・サロモン(川端裕人評) 市立488サ
最後のクレイジー 犬塚弘 (いとうせいこう評)市立
「幸せ」の経済学 橘木(原真人評) 県立 市立331タ
(十代、こんな本)宇治原史規 オリエント急行殺人事件、クラインの壺
(ホップ・ステップ・ジャンプ)佐藤優 憲法を読んでみる
  • 日本国憲法 小学館 け
  • あたらしい憲法のはなし 童話屋 県立 9F 市立 大学新書庫375.9Mo31.5
  • ×憲法の創造力 木村草太

(毎日新聞)
(今週の本棚)
×群れは意識をもつ 郡司ペギオ (養老孟司評)
×もうひとつのこの世 石牟礼道子の世界 渡辺京二(中島岳志評)世界文学
(この3冊) 沖縄と東北をつなぐ 大城立裕選
  • ×福島に生きる 玄侑宗久
  • 『「フクシマ」論』 開沼博 8F539.0カ 市立 大学539.09Ka21
  • ×東日本大震災歌集 現代歌人協会
『スバらしきバス』 平田俊子(小島ゆかり評)乗り物エッセイ 市民(移動) 市立914.6ヒ
『幸福の経済学』 グラハム (中村達也評) 市立331グ
「幸せ」の経済学 橘木俊詔(同上) 県立 市立331タ
にじ けしゴム まど・みちお(村) それぞれ 県立 7F911.5マ 市立911.5マ
さよならまでの読書会 シュワルビ(猫) 県立 7F933シ 市立936シ
×吉本隆明と「二つの敗戦」 とよだもとゆき(古)
×蓼科日記 抄 (川本三郎評)山荘のノート。
(著者) 辻惟雄集 市立702ツ1
×もっと電車よ、まじめに走れ 福島泰樹(門)
魯山人の世界 白崎秀雄(霧) 県立'98 9F'98
(昨日読んだ文庫) 松田哲夫 種村季弘 書国探検記 県立 8F一般調査R019.1タ

(読売新聞)
(ビタミンブック)伊藤比呂美 宮下英樹 センゴク一統記
(著者来店) キュンとしちゃだめですか? 益田ミリ 7Fマス
『「青鞜」の冒険』 森まゆみ(角田光代評) 県立 市立367.1モ
『イースタリーのエレジー』 ペティナ・ガッパ(松山巌評) 県立 7F933カ 市立933ガ
科学者の卵たちに贈る言葉 笠井献一 (須藤靖評) 大学407Ka72
『ヒゲの日本近現代史』 阿部恒久 (辛酸なめ子評) 県立 7FS383.5ア
×深海の超巨大イカを追え! nhk(石田千評)
『首里城への坂道』 与那原恵(星野博美評) 県立 8F753.8ヨ
『明治国家をつくった人びと』 瀧井一博(宇野重規評) 7FS210.5タ
日本国憲法はどう生まれたか? 青木高夫(橋爪大三郎評) 市立323ア
『世界の美しい透明な生き物』 澤井聖一編 県立 8F748セ 市立748セ
『炭素文明論』 佐藤健太郎(佑) 県立 市立435サ

(日経新聞)
×(この1冊) 塚本勝也 支配への競争 フリードバーグ
(半歩遅れの読書術)井上寿一 加藤典洋 アメリカの影 市立'91
爪と目 藤野可織(小池昌代評) 県立 7Fフシ 市立913.6フジ
『ユートピアの歴史』 クレイズ(宮田珠己評) 県立 市立309ク
×Walkabout 竹沢うるま 写真
稼ぐ力を取り戻せ! 冨山和彦編著 け
科学技術大国 中国 林幸秀 7FS409.2ハ
×日本のナイチンゲール 澤村修治 み
ヤルタからヒロシマへ マイケル・ドブズ (川成洋評) 県立 8F209.7ト 市立209ド
『柳宗悦』 中見真理 (熊倉功夫評) 岩波新書 県立 7FS289.1ヤ 大学文庫1435
『ヒゲの日本近現代史』 阿部恒久(塩田潮) 県立 7FS383.5ア
(あとがきのあと) 『ごん狐はなぜ撃ち殺されたのか』 畑中章宏 県立
新しい国際通貨制度に向けて 高木信二 こ
×イノベーションのアイデアを生み出す七つの法則 スティーブ・ジョンソン
『明治のサーカス芸人はなぜロシアに消えたのか』 大島幹雄 県立
×山里に描き暮らす 渡辺隆次
日系人を救った政治家 ラルフ・カー アダム・シュレイガー 県立 市立289カ

(広告)
ブルーバックス 『世界は2乗でできている』 『大栗先生の超弦理論入門』 『エピゲノムと生命』
『宇宙はなぜこのような宇宙なのか』 青木薫 7FS443.9ア 市立443ア
『見知らぬ心臓』 ミステリアス・ノンフィクション 7F953ハ 市立956バ

2013.8.18
(朝日新聞)
(ニュースの本棚)ワイマール憲法 三島憲一
ヴィンクラー 自由と統一への長い道 第1巻 ワイマール憲法の内容 県立 大学234.06W76
ハンス・モムゼン ヴァイマール共和国史 第20条「国会議員は良心のみ」従って議論する 大学新書庫234R72
ブラッハー ドイツの独裁 末期の状況 県立 大学新書庫234B71.1,2
(売れている本)亜人 三浦ほか マンガ
中国最高指導者WHO'S WHO 県立'99 大学'93
(読書)
爪と目 藤野可織 (小野正嗣評) 県立 7Fフシ 市立913.6フジ
戦艦ポチョムキンの生涯 寺畦彦(保阪正康評) 県立
「空気」の構造 池田信夫(原真人評) 市立361.4イ
『ミシンと日本の近代』 アンドルー・ゴードン(渡辺靖評) 県立 市立582ゴ
(著者に会いたい)雲のかたち 村井照夫 県立 8F451.6ム 市立451ム
×アメリカ経済財政史 室山義正(水野和夫評)
世紀の名作はこうしてつくられた ブラウンほか(出久根達郎評) 市立930.28ミ
たそがれ・あやしげ 眉村卓(川端裕人評) 「なぞの転校生」「ねらわれた学園」 県立 市民(書庫) 市立913.6マユ
犬心 伊藤比呂美(水無田気流評) 県立 7Fイト 市立914.6イ
(思い出す本)モト冬樹 曼陀羅の人 陳舜臣 県立 7F日本文学チン 市立 大学旧
×Ever After  樽橋朝子(保坂健二朗評)

(毎日新聞)
(今週の本棚)
空席日誌 蜂飼耳 (池内紀評) 7Fハチ 市立914.6ハ
×地中海帝国の片影 工藤晶人(富山太佳夫評)フランス領アルジェリアの19世紀
(この3冊)太宰の愛弟子 小山清 田中良彦選
  • 落穂拾い・犬の生活(市立(落穂拾い・雪の宿))(県立 犬の生活)
  • 小さな町 県立 市立913.6コヤ
  • 日日の麺麭・風貌 県立 (風貌は 県立 8F郷土A910.2コ 大学太宰治文庫)
『大いなる探求』 シルヴィア・ナサー (松原隆一郎評) ビューティフル・マインドの原作者 県立 8F331.7ナ 市立331ナ
『おかしなジパング図版帖』 宮田珠己(中島京子評) 県立 市立291.09ミ
『マダガスカルへ写真を撮りに行く』く 堀内孝(門) 県立
夫婦善哉 正続 織田作之助 岩波文庫(重) 大学文庫4674
×終わりなき悲しみ 金田茉莉ほか 戦争孤児
×(著者)「新しい野の学問」の時代へ 菅豊
棕櫚の葉を風にそよがせよ 野呂邦暢 (堀江敏幸評) 市立913.6ノロ
(昨日読んだ文庫)嵐山光三郎 人とこの世界 県立
相撲部屋ちゃんこ百景 佐藤祥子(魚) 県立 7FX788.1サ 市立788サ
×新・資本主義宣言 水野和夫ほか

(読売新聞)
(本のソムリエ)
(祖父の心を元気に若く)
  • トニオ・クレーゲル トーマス・マン
  • 出家とその弟子 倉田百三
  • <子ども>のための哲学 永井均
  • 聖痕 筒井康隆
(入院中の友人慰めたい)
  • 寺田寅彦随筆集
  • 枕草子
  • 御宿かわせみ 平岩弓枝
(ビタミンブック)三浦しをん 南欧怪談三題 県立 市立953ナ
(著者来店)文化の青海原を夢見る キム・ミョンゴ 県立
いつも彼らはどこかに 小川洋子(平松洋子評) 県立 7Fオカ 市立913.6オガ
『子犬に脳を盗まれた!』 ジョン・フランクリン (管啓次郎評)役割分担も進化 県立 8F645.6 市立
『内向型人間の時代』 スーザン・ケイン(中島隆信評) 内向型・外向型は生まれつき 8F141.9ケ 市立141ケ
×海外で建築を仕事にする 前田茂樹 (尾崎真理子評)
×チャールズ皇太子の地球環境戦略 君塚直隆(畠山重篤評)イギリス国の歴史、イギリス帝国からみる環境史
オレって老人? 南伸坊(石田千評) 7Fミナ 市立
『チーズと文明』 ポール・キンステッド(岡田温司評) 県立 市立648キ
×コレクションさん 古川日出男作(角田光代評)
×わが若き日 決死の日本脱出記 新島襄(杉山正明評)

(日経新聞)
(今を読み解く)海外のインフラビジネス 木村福成
  • ×実践 アジアのインフラ・ビジネス 加賀隆一
  • 日本VS.ヨーロッパ「新幹線」戦争 川島令三
  • 日本の水ビジネス 中村吉明 市立518ナ
(この1冊)山岡淳一郎 気骨(西岡幸一) 土光敏夫 県立 8F289.1ト 市立289ド
(半歩遅れの読書術)井上寿一
死神の浮力 伊坂幸太郎(杉江松恋評) 県立 7Fイサ 市立913.6イサ
チャイルド・オブ・ゴッド コーマック・マッカーシー(大森望評) 初期の代表作 県立 7F933マ 市立933マ
×EVER AFTER 樽橋朝子
近代中国史 岡本隆司 ちくま新書 大学文庫1019
『里山資本主義』 7FS332.1サ
稲盛和夫 最後の闘い 大西 県立
強い現場の誕生 小池和男(脇田成評) 日本型企業創生期 県立
『チーズと文明』 ポール・スキンステッド(樺山紘一評) 県立 市立648キ
『日本兵を殺した父』 デール・マハリッジ(○久美子評) 県立 8F210.7マ 市立210.7マ
(あとがきのあと) 『教場』 長岡弘樹 警察小説 県立 7Fナカ 市立913.6ナガ
『スコットランド「ケルト」の誘惑』 武部好伸 県立

(広告)
ジョン・ダワー 『忘却のしかた、記憶のしかた』

2013.8.11
(朝日新聞)
(ニュースの本棚)戦争観と戦後史 保阪正康
(売れている本) ハイスコアガール 押切蓮介 ロマンチック・コメディ
×更地の向こう側 気仙沼市宿の今昔絵本(津波)
×歌舞伎座界隈 藤田三男 (隅研吾評) 下町
「少女小説」の生成 久米依子(水無田気流評) 県立
『日本のタコ学』 奥谷喬司(荒俣宏評) 県立 市立484オ
×ルイス・ブニュエル 四方田犬彦(佐々木敦評)映画監督
井上ひさしと考える日本の農業 県立 8F612.1イ 市立612イ
『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』 東浩紀  六105シ
(著者に会いたい) 壺中の回廊 松井今朝子 ミステリー 県立 7Fマツ 市立913.6マツ
ドゥルーズの哲学原理 國分功一郎(いとうせいこう評) 相手の考えの奥に潜り込む 8F135.5ト 市立135コ
消費税日記 伊藤裕香子(水野和夫評) 法案成立までの検証 県立
考えすぎた人 清水 お笑い哲学者列伝(鷲田清一評) 県立 7Fシミ 市立913.6シミ
『グローブトロッター』 中野明 世界漫遊家が歩いた明治ニッポン(内澤旬子評) 県立 市立291.09ナ
×(思い出す本)栗原小巻 二つの祖国の狭間に生きる 長谷川暁子
×(視線)グラビア美少女の時代 細野(大西若人評)

(毎日新聞)
(今週の本棚)
『『青鞜』の冒険』 森まゆみ(井波律子評) 県立 市立367.1モ
大停滞の時代を超えて 山崎正和(張競評)細部の小生、教育改革、科学技術の支援 市立304ヤ
(この3冊) 島尾敏雄 ○久美子選
  • 出孤島記(「その夏の今は」所収) 県立 8F書庫
  • 死の棘 県立 9F 市立 大学旧
  • 日の移ろい 県立 大活字 市立(正続)
読書について ショーペンハウアー 光文社古典新訳文庫(荒川洋治評)
聖痕 筒井康隆(三浦雅士評) 大宰のロマネスクに匹敵する面白さ 県立 7Fツツ 市立913.6ツツ
『日本兵を殺した父』 デール・マハリッジ(市) 県立 8F210.7マ 市立210.7マ
×日本国憲法の初心 鈴木琢磨編著(雄)
×ヴェルディ 加藤浩子(広)平凡社新書
『新・ローマ帝国衰亡史』 南川高志 岩波新書(木村凌二評) 県立 7FS232.8ミ 大学文庫1426
古代末期 ローマ世界の変容 ランソン 文庫クセジュ(同上) 大学文庫981
(著者) 『千曲川ワインバレー』 玉村豊男 集英社新書 県立 市立
(昨日読んだ文庫)田中光敏
  • 精霊流し 県立 7F日本文学サタ 7FBサタ 市立913.6サダ
  • サクサク(「解夏」所収) 県立 7F日本文学サタ 市立913.6サダ
『富士山』 小山真人 岩波新書(海) 県立 7FS453.8コ 大学文庫1437
やさか仙人物語 (大)

(読売新聞)
廃炉詩篇 和合亮一 (管啓次郎評)
(ビタミンブック)池谷裕二 『野性の知能』 バレット ルンバ 市立481バ
×(著者来店)今のピアノでショパンは弾けない! 高木裕
『ザ・ナイン アメリカ連邦最高裁の素顔』 フェフリー・トゥービン(宇野重規評) 県立  市立327ト
『卍とハーケンクロイツ』 中垣顕實(星野浩美評)隠された十字架の意味 県立 市立180ナ
×人間・国家・戦争 ケネス・ウォルツ(田所昌幸評) 原因論を整理
×ハンセン病 三宅ほか(岡田温司評)
爪と目 藤野可織 (橋爪大三郎評) すべての文が精緻に配置してある 県立 7Fフシ 市立913.6フジ
『なつかしい時間』 長田弘 岩波新書(松山巖評) 県立 7FSオサ 大学文庫1414
奇跡 ミラクル 長田弘(同上)  県立 7F911.5オ 市立911.5オ 詩集
『生活保護リアル』 みわよしこ(開沼博評) 8F369.2ミ 市立369ミ[[
『変形菌ずかん』 川上新一(辛酸なめ子評) 県立 8F473.3カ 市立473カ
立ち上がるヒロシマ1952 (平松洋子評) 県立 8F217.6タ 市立217タ

(日経新聞)
(今を読み解く)現実味帯びる憲法論議 芹川洋一
  • ×国防軍とは何か 森本敏ほか 自民党が野党時代にまとめた改正案
  • ×白熱講義!日本国憲法改正 小林節 改憲派からの批判
  • 改憲の何が問題か 奥平泰ほか 護憲派の指摘 県立 8F323.1カ
  • 憲法秩序への展望 大石眞 批判合戦を超えて 大学新書庫323.14O33
(この1冊)オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ(1~3)(渡辺将人評) 修正主義派の歴史解釈の再強調 県立 8F253.0ス 市立253ス
(活字の海で)『マーク・トウェイン 完全なる自伝』 死後100年出版禁止。 県立
(半歩遅れの読書)井上寿一 書くことについて スティーブン・キング 市立
失踪者たちの画家 ポール・ラファージ(佐藤良明評)デビュー作 県立 7F933ラ 市立933ラ
『首里城への坂道』 与那原恵(赤坂憲雄評) 県立 8F753.8ヨ
三沢厚彦 動物の絵 ?市立
クラウドからAIへ 小林雅一 市立007コ
『人体探求の歴史』 笹山雄一 県立 市立491サ
ファミレス 重松清 県立 7Fシケ 市立913.6シゲ
『エイズの起源』 ジャック・ぺパン(小林照幸評) 県立 市立498.6ペ
『ベストセラーの世界史』 フレデリック・ルヴィロウ(海野弘評) 県立 8F023ル 市立023ル
×破局論 飯島洋一(五十嵐太郎評) 前著:建築と破壊
(あとがきのあと)『家康公の時計』 落合偉洲 市立535オ
世界史の中の近代日韓関係 長田彰文 市立319ナ

(広告)
『脳と機械をつないでみたらか』 8F491.3サ 市立491サ
動員時代 小川国夫 県立 7Fオカ 市立913.6オガ
『顔をなくした数学者』 小林昭七 数学者のエッセイ 県立 市立410コ
「わ」の所在 磯崎
『イスラーム建築の世界史』 県立 市立522フ
『光るキノコと夜の森』 県立 市立474ニ 六474ニ
『勉強法の科学』 県立 市立371.4イ 大学141.33.I14

2013.8.4
(朝日新聞)
(ニュースの本棚) なだいなださん 湯本香樹実
とりあえず今日を生き、明日もまた今日を生きよう エッセイ集 県立 市立
心の底をのぞいたら 県立 9F 市立
こころの底に見えたもの ちくまプリマー新書 (上掲書の続編) 6FY214 市立
TN君の伝記 県立 9F 市立 大学旧
×(売れている本) ももクロの美学 安西信一
(読書)
「昭和」を送る 中井久夫 (鷲田清一評) 県立 7Fナカ 市立914.6ナ
戦場の軍法会議 NHK取材班他(保阪正康評) 8F393.3セ
私たちが、すすんで監視し、監視される、この世界について ジグムント・バウマン等(水無田気流評) 県立
『国家はなぜ衰退するのか』(上下) ダロン・アセモグル他(原真人評) 県立 8F332 市立332ア
『バックストリート』 逢坂剛 県立 7Fオウ 市立913.6オウ
『金融の世界史』 板谷敏彦 県立 8FN338.2イ 市立338イ
(著者に会いたい)『ヤマネコ・ドーム』 津島佑子 県立 7Fツシ 市立913.6ツシ
『羽』 ソーア・ハンソン(荒俣宏評) 県立 市立488ハ
×身体を躾ける政治 深町英夫(内澤○子評)
日中対立 習近平の中国をよむ 天児 ちくま新書(渡辺靖評) 大学文庫1016
『メディアとしての紙の文化史』 ローター・ミューラー(田中優子評)
×(思い出す本)斉藤とも子 詩集 八月の夕凪 上田由美子
×JR インサイド・アウトジャパン 原田マハ
『里山資本主義』 藻谷浩介 7FS332.1サ

(毎日新聞)
(今週の本棚)
×ミラーさんとピンチョンさん レオポルト・マウラー(鴻巣友季子評)
『未盗掘古墳と天皇陵古墳』 松木武彦(海部宣男評) 8F210.3マ 市立210.3マ
(この3冊)声に出して読みたい 齋藤孝選
  • 坊ちゃん
  • 五重塔 幸田露伴
  • マクベス シェイクスピア
×民族衣装を着なかったアイヌ 瀧口夕美(池澤夏樹評)
狂言兄弟 茂山千作ほか (渡辺保評) 県立 市立773シ
『少年口伝隊一九四五』 井上ひさし(豊) 県立 6FY742イ 市立J912イ
『資本主義という謎』 水野和夫ほか(壱) 市立
『くまモンの秘密』(や) 市立601ク
ゆうじょこう 村田喜代子(持田叙子評) 県立 7F日本文学ムラ 市立913.6ムラ
(著者)どきどき僕の人生 金愛○ け
『これからどうする 未来のつくり方』(○) 県立 8F304コ 市立304コ
『それでも彼女は生きていく』 山川徹(さ) 8F778.2ヤ  市立778ヤ
(昨日読んだ文庫)松本猛
  • 絵のまよい道 安野光雅 県立 市立 9F
  • エーゲ海に捧ぐ 池田満寿夫 県立 市立 9F
  • 模倣と創造 池田満寿夫 県立
  • 京洛四季 東山魁夷 7FB721.9ヒ 市立
  • ドイツ・オーストリア 東山魁夷 7FB721.9ヒ
  • 泉に聴く 東山魁夷 9F 市立

(読売新聞)
(空想書店)堀川惠子
  • 『心臓を貫かれて』 マイケル・ギルモア 県立 7F933キ 市立
  • 悼む人 天童荒太 県立 7F日本文学テン 市立913.6テン 大学913.6.Te35
  • レンズに映った昭和 江成常夫 県立 7FS210.7エ
  • 橋のない川
(よみうり堂本)夏休みの一冊
  • 悲しみよこんにちは サガン 9F 市立
  • 道徳感情論 アダム・スミス 大学旧 7階書庫
  • 時代の風音 堀田前衛 県立 9F 7FBシタ 市立
  • マグナ・グラエキア ホッケ 県立 8階壁書架918.6シ5
  • 偽満州国論 武田徹 県立
  • 三万年の死の教え 中沢新一 県立 9F 7FB180.9ナ 市立
  • ひと皿の記憶 四方田犬彦 市立
  • ロウフィールド館の惨劇 ルース・レンデル 7F閉架書庫 市立
  • 物語 「京都学派」 竹田篤司 県立 8F121.6タ 7FBタケ 大学121.6Ta59
  • 寺山修司少女詩集 県立 8F郷土資料A911.5テ
  • 百舌の叫ぶ夜 逢坂剛 9F 市立
  • 『高橋是清自伝』 9F 県立
  • 自閉症だったわたしへ ウィリアムズ 7FB289.3ウ(3巻) 市立(1,2) 大学936W74.1
  • 巷談辞典 井上ひさし 県立 7FBイノ 市立
  • 近代日本の政治家 岡義武 県立 市立 大学新書庫310.8.O36.4
  • 論理哲学論考 ウィトゲンシュタイン 県立 9F 大学文庫080.3.4049 187
  • 鯰絵 アウエハント 県立 大学文庫4668(岩波)
  • 銀座復興 水上滝太郎 県立(全集) 大学文庫4603(岩波)
  • 街道をゆく22 県立 南蛮のみち 7F915.6シ22 7FB915.6シ22 市立915.6シ22 大学新書庫915.6Sh15.22
  • 黄金旅風 飯嶋和一 県立 7Fイイ 市立
  • 女優 岡田茉莉子 県立 8F778.2オ

(日経新聞)
(今を読み解く)樋口美雄
『未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる』 ちきりん 8F366.0チ
正社員消滅時代の人事改革 今野浩一路 ろこ
雇用システムの多様化と国際的収斂 山内麻里 ろこ
『あたらしい働き方』 本田直之 8F159.4ホ 市立159ホ
『ワーク・シフト』 リンダ・グラットン 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図 8F366ク 市立
(この一冊)『インテルの製品開発を支えるSFプロトタイピング』 ジョンソン 県立
(読書)リーダーの本棚 永田俊一 楽天銀行社長
(座右の書)
  • 走れメロス
  • 眠られぬ夜のために
  • 昭和金融恐慌史
(その他愛読書)
  • 石川啄木全集
  • 蕪村俳句集
  • こころ
  • 森鴎外集
  • 落日燃ゆ

雑誌の王様 塩澤幸登(永江朗評) 8F289.1シ
×映像の歴史哲学 多木浩二(吉見俊哉評)
『世界の技術を支配するベル研究所の興亡』 県立 8F547.0カ 市立547ガ
×20%ドクトリン ライアン・テイト
『不格好経営』 南場智子(小関広洋評) 8F007.3ナ 市立
『ミクロの森』 ハスケル(長野敬評) 県立
『マチュピチュ探検記』 マーク・アダムス(稲泉連評) 県立 市立296ア
(あとがきのあと) 世界地図の下書き 朝井リョウ 県立 7Fアサ 市立913.6アサ
グレアムからの手紙 投資の初心者へ 県立
P&Gウェイ ダイアーほか こ
暗闘 尖閣国有化 春原剛 8F319.1ス 市立319ス
『江戸の発禁本』 井上泰至 県立 市立023イ
敗戦 満州追想 石見隆夫 けし
昭和戦争史の証言 西浦進 こ
×二十一世紀の落とし穴 吉村久夫

2013.7.28
(朝日新聞)
(ニュースの本棚)富士山 上垣外憲一
富士山 自然の謎を解く 1969 自然科学系の本 市立
富士山 村山古道を歩く 2006 文化遺産としての歴史 市立291.5ハ
富士山の絵画 静岡県立美術館編
富嶽百景 太宰治
(著作)『富士山 聖と美の山』 県立 7FS291.5カ 市立291.5カ 大学
(売れている本)昨夜のカレー、明日のパン 木皿泉 連作長編小説 県立 7Fキサ 市立
(読書)
対話集 原田正純の遺言 朝日新聞 水俣学(田中優子評) 県立 8F498.4ハ 市立498.4ハ
原田正純の道 佐高信 県立 8F289.1ハ 市立289ハ
ふたごと教育 東京大学 (川端裕人評) 県立 市立
(併読)遺伝マインド 安藤寿康 双生児法が詳しい) 県立 市立481ア
『ヨーロッパ文明の正体』 下田淳(水野和夫評)富と職の棲み分けから資本主義が 市立230シ
幸福の文法 合田正人(鷲田清一評) 幸福論の系譜 市立151ゴ
(著者に会いたい)『国史大辞典を予約した人々』 佐滝剛弘 県立 市立210.03サ
×10万人のホームレスに住まいを! 青山 (渡辺靖評)
パウリーナの思い出に ビオイカサーレス(佐々木敦評) 短編集 県立 7F963ヒ 市立963ビ
『神の島 沖ノ島』 藤原新也(角幡評) 県立 市立748フ
『モネ、ゴッホ、ピカソも治療した絵のお医者さん』 岩井希久子(出久根評) 8F724.9イ 市立724イ
(ホップ・ステップ・ジャンプ) TPPを考えるために 池田清彦
  • シェール革命後の世界勢力図 中原圭介 市立333ナ
  • ×反・自由貿易論 中野剛志 TPPの問題点
  • 世界の農業と食料問題のすべてがわかる本 八木監修 県立 (市民) 市立611.3サ

(毎日新聞)
(今週の本棚)
『楽園の蝶』 柳広司(佐藤優評)満洲舞台のインテリジェンス小説 県立 7Fヤナ 市立913.6ヤナ
性欲の研究 井上章一編 (磯田道史評) 京都の関西性欲研究会の成果 県立 市立
(この3冊) 演劇がやめられない 勝村政信
  • 大江戸歌舞伎はこんなもの 橋本治 ちくま文庫 県立 7FB774.2ハ 市立 大学新書庫774.2H38
  • 村上龍対談集 存在の耐えがたきサルサ 村上龍 県立 9F 7FBムラ 市立914.6ム
  • ×青木さん家の奥さん 内藤裕敬
×真珠湾収容所の捕虜たち オーテス・ケーリ (湯川豊評)日本生まれ、ハワイの捕虜収容所の管理にあたった
粋人粋筆探訪 板崎重盛(若島正評) 県立 市立910.26サ
『柔道事故』 内田良(空) 県立 市立789ウ
現代オカルトの根源 大田俊寛(生) ちくま新書 大学文庫1022
×アナウンサーの日本語論 松平定知(隅)
×統合の終焉 遠藤乾 (岩間陽子評)
(著者) 東京国立博物館の名品でたどる 書の美 島谷弘幸 県立 8F728.2シ
(昨日読んだ文庫)西木正明
  • ×トラベルチップス 高橋大輔 さきがけ文庫
<おんな>の思想 上野千鶴子(凌) 県立 8F社会科学367.1ウ 市立367.1ウ
×劇場型デモクラシーの超克 藤井裕久

(読売新聞)
×(ビタミンブック)伊藤比呂美 アイアムアヒーロー 花沢健吾
(著者来店) 『毎日パンダ』 高氏貴博 ブログの書籍化 8F489.5タ 市立489タ
(よみうり堂)
『インフォグラフィクス 気候変動』 エステル・ゴンスターラ (松山巖評) 県立 8F451.8コ 市立451ゴ
『民俗と民藝』 前田英樹 講談社選書メチエ(上野誠評)柳田国男と柳宗悦 県立 8F380.1マ 市立380マ 大学文庫380.1Ma26
習慣の力 チャールズ・デュヒッグ (中島隆信評) 8F159テ 市立159デ
フィリピンの小さな産院から 冨田江江真子(角田評) 県立
レイモンド・カーヴァー キャロル・スクレナカ(尾崎真理子評) 県立 7F930カ 市立930.28カ
アラン・デュカス 秘密のレシピ 永崎ひまる(畠山重篤評)
アラン・デュカスのナチュールデザート (同上) 県立 (市民) 市立
『なぜ理系に進む女性は少ないのか?』 セシ(須藤靖評) 県立 大学407N59
『横尾忠則 全装幀集』 県立 市立022ヨ
『スバらしきバス』 平田俊子(平松評) 市民(移動) 市立914.6ヒ

(日経新聞)
(この1冊)  『国家はなぜ衰退するのか』(上下) アセモグルほか (奥村洋彦評) 県立 8F332ア 市立332ア
(読書)
世界を回せ(上下) コラム・マッキャン(越川芳明評) 9.11以後を見据えた小説 県立 7F933マ 市立933マ
西行弾奏 沓掛良彦(高橋睦郎評) だ
(半歩遅れの読書術)斎藤環
  • 闇金ウシジマくん 真鍋昌平のマンガ 傑作
  • 社会学ウシジマくん 難波功士
  • アノネ、(下) 今日マチ子
『世界の美しい透明な生き物』 県立 8F748セ 市立748セ
×連続講義・デフレと経済政策 池尾和人
『農業超大国アメリカの戦略』 石井勇人 県立 8F612.5イ 市立612イ 大学612.53I75
『ファミコンとその時代』 上村雅之ほか 県立 市立589フ
業火の試練 エリック・フォーナー(渡辺靖評) 奴隷制研究の金字塔。リーダーの成長 県立 8F289.3リ 市立289リ
×ルイス・ブニュエル 四方田犬彦(中条昌平評) シュルレアリスム映画の巨匠
ドゥルーズの哲学原理 國分功一郎(桜井哲夫評) 8F135.5ト 市立135コ
(あとがきのあと)彫刻と戦争の近代 平瀬礼太 県立
そいつを黙らせろ マーシャ・ゲッセン プーチン批判 市立
『人類とカビの歴史』 浜田信夫 県立 市立465ハ
国境は越えるためにある 茂木友三郎 「亀甲萬」から「KIKKOMAN」へ 県立 8F自然科学588.6モ 市立588モ
きわきわ 藤本由香里 鋭く見つめる 県立
モンパルナスのエコール・ド・パリ クレスペル けし

(広告)
講談社
『日本の深海』 瀧澤美奈子 県立 市立452タ
『ビッグデータの正体』 県立 市立007マ
『内向型人間の時代』 スーザン・ケイン 8F141.9ケ 市立141ケ
東京大学 教養英語読本Ⅱ 東京大学出版会
神の起源 ブラナン ソフトバンク文庫

2013.7.21
(朝日新聞)
(ニュースの本棚) 人の心は動物に聞け 渡辺政隆
(売れている本)怒らない禅の作法 升野俊明 (市民)
(読書)
『四つの小さなパン切れ』 マグダ=オランデール=ラフォン(赤坂真理評)ハンガリーのユダヤ人でホロコーストの生き残り 県立 7F953オ 市立956オ
×進化するアカデミア 江渡浩一郎ほか(川端祐人評)ユーザー参加型研究
『私たちはなぜ税金を納めるのか』 諸富徹(原真人評) 県立 8FN345.2モ 市立345モ
世界を回せ(上下) コラム・マッキャン(小野正嗣評)小説。マンハッタンのツインタワー間で綱渡りがあった時代の小説 県立 7F933マ  市立933マ
×(著者に会いたい)愛しのインチキガチャガチャ大全 
『江戸の風評被害』 鈴木浩三(三浦しをん評)  県立 市立332ス
×「大菩薩峠」を都新聞で読む 伊東祐吏(出久根達郎評)現在のものは、新聞連載時の2/3のダイジェスト版
『深海魚ってどんな魚』 尼岡邦夫 (荒俣宏評) 県立 市立487ア
×新大陸主義 21世紀のエネルギーパワーゲーム ケント・E・カルダー(渡辺靖評)
(思い出す本)斉藤由貴 おおきな木 シェル・シルヴァスタイン
×(視線)our face: Asia 北野謙
(ビジネス)カリスマ社長の大失敗 国貞文隆 こ
×僕は、七輪でみんなをハッピーにしたい 黒岩揺光

(毎日新聞)
(今週の本棚)
『私たちはなぜ税金を納めるのか』 諸富徹 (大竹文雄評) 県立 8FN345.2モ 市立345モ
神童のための童話集 クルジジャノフスキィ(沼野充義評) 県立 市立983ク
(この3冊)フクシマの原発 小泉武夫選
  • 福島原発の真実 佐藤栄佐作 あしだ
  • 日本の原子力施設全データ 完全改訂版 北村行孝 けしだこ
  • ×味噌力 渡邊敦光
『世界の技術を支配するベル研究所の興亡』 ジョン・ガートナー(中村桂子評) 県立 8F547.0カ 市立547ガ
漢方医学 渡辺賢治(村上陽一郎評) 講談社選書メチエ 市立490.9ワ 大学文庫490.9W46
幸福の遺伝子 リチャード・パワーズ(猫) 県立 7F933ハ 933パ
『バックストリート』 逢坂剛(カワ)岡坂神策もの(川) 県立 7Fオウ 市立913.6オウ
ドイツに学ぶ 地域からのエネルギー転換 寺西俊一ほか(弥) だ
情報覇権と帝国日本 Ⅰ 海底ケーブルと通信社の誕生 有山輝雄(加藤陽子評)国際情報戦の実態に迫る 県立
(著者)壺中の回廊 松井今朝子 歌舞伎ミステリー 県立 7Fマツ 市立913.6マツ
(昨日読んだ文庫)毛利甚八
  • 故郷忘じがたく候 司馬遼太郎 県立 8階壁書架918.6シ11 7FBシハ 大学旧
  • 戦争と国土 クックス
『マオキッズ』 八木澤高明(市) 県立 市立309ヤ
×極めるひとほどあきっぽい 窪田良(有)

(読売)
(哲学の入門書)デカルト 方法序説
(心のビタミン)来福の家 温又柔 けあし、週末カミング 柴崎友香 けあしろ
(ビタミンブック) 三浦しをん 隣人。38度線の北 初沢亜利
(著者来店)撲撲少年 仁木英之 県立 7Fニキ 市立913.6ニキ
魚群記 目取真俊 (石田千評)沖縄 7Fメト1 市立913.6メド1
『海賊ユートピア』 ピーター・ランボーン・ウィルソン(星野博美評) 県立 市立243ウ
『「AV女優」の社会学』 鈴木涼美(開沼博評) 8F778.2ス 市立778ス
世界を動かす海賊 竹田いさみ(田所昌幸評)ちくま新書 大学文庫1013
『慶喜のカリスマ』 野口武彦(上野誠評) 8F289.1ト 市立289ト
『庭師 小川治兵衛とその時代』 鈴木博之(温田温司評) 県立
未知との出会い 翻訳文化論再説 柳父章(宇野重規評) 県立 市立801ヤ
×熊井恭子の仕事 

(日経新聞)
(今を読み解く) テーマパークの未来 石崎祥之
新版 ディズニーリゾートの経済学 粟田房穂 県立 8F社会科学689.5ア 市立
×ディズニー心をつかむ9つの秘密 渡邊喜一郎
『ディズニーの隣の風景』 円堂都司昭 県立 市立361.5エ
ディズニーランドの秘密 有馬哲夫 7FS689.5ア
(この1冊)『文化大革命の真実』 天津大騒乱 王輝(国分良成評)地方の共産党幹部が見た権力闘争 県立 市立222ワ
(活字の海で)海洋生物の魅力
(半歩遅れの読書術)斎藤環 うつ病
銀河鉄道の彼方に 高橋源一郎(仲俣暁生評) 県立 7Fタカ 市立913.6タカ
天使エスメラルダ 9つの物語 ドン・デリーロ(青山南評) 県立 7F933テ 市立933デ
ブータンの笑顔 関健作 大学302.25Se24
『なぜ理系に進む女性は少ないのか?』 セシほか
東京放浪記 別役実 市立914.6ベ
『国史大辞典を予約した人々』 佐滝剛弘 県立 市立210.03サ
×日本企業は何で食っていくのか 伊丹敬之(乾友彦評)
『太平洋の試練(上・下)』(上下) イアン・トール(戸部良一評) 劣勢から立ち直った米海軍 県立 8F人文科学210.7ト 市立210.7ト
アイウィットネス 平敷安常(生井英考評) カメラマンの回想 県立 市立740ヒ
(あとがきのあと)『タイガの帝王 アムールトラを追う』 福田俊司 県立
×冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート
消費税日記 伊藤裕香子 県立
『世界を変えた数学』 佐藤修一 県立 市立410サ
『スバらしきバス』 平田俊子 市民(移動) 市立914.6ヒ
『カッパ・ブックスの時代』 新海均 県立 8F023.1シ 市立023シ
『世界史の叡智』 木村凌二 中公新書 7FS280.4モ 大学文庫2223

2013.7.14
(朝日新聞)
(ニュースの本棚) 朝鮮戦争停戦60年 木宮正史
朝鮮戦争の起源 ブルース・カミングス 新たな戦争像 県立
朝鮮戦争全史 和田春樹 東北アジア戦争としての戦争像 県立
未完の平和 李東俊 南北分断構造を 法政大学出版局 大学(出版)319.21R32
南北首脳会談への道 林東源 回顧録 県立 8F社会科学319.2イ
(売れている本)日本国憲法 小学館 525円
聖痕 筒井康隆(水無田気流) 県立 7Fツツ 市立913.6ツツ
□ 阿部和重(佐々木敦評)ホラー映画への偏愛 7Fアヘ 市立913.6アベ
素顔の新美南吉 齋藤卓志(出久根達郎評)創作の実態 け
『トロツキー』(上下) ロバート・サーヴィス (保阪正康評)これまで、レーニン、スターリンを著作。 県立 市立289ト
×(著者に会いたい)新宿ダンボール村 迫川尚子 写真集
蘇生した魂をのせて 石牟礼道子(いとうせいこう評)講演・対談 県立 市立493イ
石牟礼道子 魂の言葉、いのちの海(いとうせいこう評) 県立 市立910.268イ
×欲望の美術史 宮下規久朗(横尾忠則評)
『白い人びと』 フランシス・バーネット(小野正嗣評) 県立 7F933ハ 市立933バ
×道徳のメカニズム 鄭雄一(川端裕人評)
(思い出す本) 郷ひろみ EQ ダニエル・コーエン 8F人文141.6コ 市立
(ビジネス)『天佑なり』(上下) 幸田真音 日本国債 県立 7Fコウ 市立913.6コウ
『丘の上の修道院』 ル・コルビュジエ 最後の風景 県立

(毎日新聞)
(今週の本棚)
伝書 しむらのいろ 志村ふくみ(高樹のぶ子評) 県立 8Fアート753シ 市立753シ
『オバマと中国』 ベーダー(白石隆評)オバマ政権のアジア政策が実務家レベルでどのように決められたのか 市立319ベ
(この3冊) 沖縄文化に触れる 俵万智選 石垣島に移住して2年
  • 神に追われて 谷川健一 県立 9F 市立913.6タニ
  • ×ウミンチュの娘 今井恒子
  • ×ああ、沖縄の結婚式! 玉城愛ほか
×「朦朧」の時代 大観、春草らと近代日本画の成立 佐藤志乃(中島岳志評)
『なぜ理系に進む女性は少ないのか?』 スティーブン・J・セシほか(内田麻理香評)性差の謎
『長生きは三百文の得』 大滝秀治(保) 県立 市立772オ
『なつかしい時間』 長田弘 岩波新書(ゆ) 県立 7FSオサ 大学文庫1414
私の最高裁判所論 泉徳治(石)
『メディアとしての紙の文化史』 ローター・ミュラー(鹿島茂評) 県立 市立585ミ
(著者)ニ・ニ六事件の幻影 福間良明 映画で読む けし
(昨日読んだ文庫)小林紀晴
  • 犬の記憶 森山大道 9F
千年の百冊 鈴木健一編 ガイド(門) 7F910.2セ 市立910.2セ
×世界の壊れ方 町田幸彦 特派員経験を持つ元新聞記者による時評集

(読売新聞)
(空想書房)青柳正規
(ビタミンブック)池谷裕二 『記憶をコントロールする』
(ポケットに1冊)『こんな夜更けにバナナかよ』 渡辺一史 県立 8F社会科学369.2ワ 市立 大学369.27W46
(よみうり堂本)
(著者来店)『未盗掘古墳と天皇陵古墳』 松木武彦 8F210.3マ 市立210.3マ
『ヤマネコ・ドーム』 津島佑子(角田光代評)小説 県立 7Fツシ 市立913.6ツシ
『ジビエを食べれば「害獣」は減るのか』 和田一雄 (畠山重篤評)野生動物を管理する 県立
森の力 宮脇昭(杉山正明評)講談社現代新書 7FS653.4ミ
大学とコスト 上山隆大ほか (須藤靖評) だこ
ネット選挙 解禁がもたらす日本社会の変容 西田亮介 (宇野重規評) 8F314.8ニ 市立314ニ
『耕せど耕せど』 久我山農場物語 伊藤礼(松山巖評)野菜育成報告 県立
情動のエスノグラフィ 西井涼子(菅啓次郎評)
『バチカン近現代史』 松本佐保 中公新書(田所昌幸評)中公新書 7FS198.2マ 大学文庫2221
『敗者の古代史』 森浩一 (記者) 市立210.3モ

(日経新聞)
(今を読み解く) 米中関係と国際政治 村田晃嗣
『オバマと中国』 ジェフリー・A・ベーダー 市立319ベ
×アメリカの新・中国戦略を知らない日本人 日高義樹 米国の尖閣防衛の秘密計画
×米中冷戦と日本 春名幹男 
チャイメリカ 矢吹晋 米中結託の国際秩序維持
(この一冊)『ビッグデータの正体』 ビクター・マイヤー=ショーンベルガー 県立 市立007マ
(半歩遅れの読書術)斎藤環
  • 中井久夫コレクション 中井久夫 ちくま学芸文庫
  • 霧の中の英国論(「隣の病い」所収) 市立
  • 日本の医者(筆名:楡林達夫)
  • 昭和を送る 県立 市立914.6ナ
青い花 辺見庸(井口時男評)青い錯乱 県立 7Fヘン 市立913.6ヘン
機械男 マックス・バリー(巽孝之評) 県立 7F933ハ 市立933バ
水中犬 セス・キャスティール 6FY76キ 市立
フェイスブック 子どもじみた王国 キャサリン・ロッシ
ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰 ウィリアム・A・コーエン 肝心なのは「顧客を創出すること」 こ
『グローブトロッター』 中野明 県立 市立291.09ナ 
『私たちはなぜ税金を納めるのか』 諸富徹(藤田康範評)「ヒューマニティーズ 経済学」の続編) 県立 8FN345.2モ 市立345モ
『新・ローマ帝国衰亡史』 南川高史(池上俊一評)岩波新書 
周五郎伝 虚空巡礼 齋藤慎爾(清原康正評)  県立 7F910.2ヤ 市立910.268ヤ
(あとがきのあと)『耕せど耕せど』 伊藤礼 県立

(広告)
岩波
地球進化概論 小島稔ほか だ
湖底の城 宮城谷昌光 県立 7F日本文学ミヤ 市立913.6ミヤ

2013.7.7
(朝日新聞)
(ニュースの本棚)自然な死とは 六車由実
昨年、日本老年医学会は、意思決定のプロセスのガイドラインを示す
  • 「平穏死」のすすめ 石飛幸三 胃ろうや点滴などの延命治療をしないことを勧めていれう 県立 市民(地域)
  • 穏やかな死に医療はいらない 抗がん剤治療も否定 7FS490.1マ 市立490マ
  • 大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一 県立 7FS490.1ナ 市立490ナ
  • 看取り先生の遺言 奥野修司 「お迎え」現象に注目 8F494.5オ 市立494オ
  • ×最期まで自分らしく生きるために 清水哲郎 ガイドライン作成にかかわる
(売れている本)騎手の一分 競馬界の真実 藤田伸二 7FS788.5フ
(読書)
友罪 薬丸岳 小説 (角幡唯介評) 県立 7Fヤク 市立913.6ヤク
×少女と魔法 須川亜希子(水無田気流評)
『シッダールタの旅』 ヘッセ 竹田武史(構成・写真)(横尾忠則評) 県立 市立748タ
『輸血医ドニの人体実験』 ホリー・タッカー (内澤旬子評) 県立 市立492タ
(著者に会いたい)天職 秋元康ほか 7FSアキ 市立914.6ア
×ヒトはなぜ太るのか? ゲーリー・トーベス 炭水化物と糖類の摂取を避ける (三浦しをん評)
『天気と気象についてわかっていること いないこと』 筆保弘徳ほか 7人の気象研究者による(川端裕人評) 県立
「グレート・ギャツビー」の世界 宮脇俊文 ダークブルー(田中優子評) 市立930.28フ
『第一回普選と選挙ポスター』 玉井清(出久根達郎評) 県立
(新書)
忘れられた哲学者 清水真木 1920年代の杏村 中公新書 7FS289.1ツ 大学文庫2222
『植物のあっぱれな生き方』 田中修 市立471タ
×都電跡を歩く 小川裕夫
(思い出す本)青柳いづみこ バレンボイム/サイード 『音楽と社会』
(ビジネス)3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由 小玉歩 市立159コ
×LAND SPACE 瀧本幹也
(本の舞台裏)林望 謹訳 源氏物語 10巻が完結 県立(1-9巻) 7階壁書架913.3ム1-8 市立913.3ム8-10

(毎日新聞)
(今週の本棚) 
かすてぃら ださまさし(岩間陽子評) 父のはなし 県立 7F日本文学サタ 市立913.6サダ
『土屋耕一のことばの遊び場。』 (1,2) 和田誠ほか (小島ゆかり評) 県立 8F807.9ツ 市立
(この3冊) 俺たちがなくしたもの 永島敏行
『ウェブ文明論』 池田純一 (養老孟司評)米国社会論 8F007.3イ 市立007イ
世界を回せ コラム・マッキャン(中島京子評) ニューヨークの小説(上下) 県立 7F933マ 市立933マ
『変形菌ずかん』 川上新一 (魚) 粘菌 県立 8F473.3カ 市立473カ
新訳 茶の本 岡倉覚三 (け)よみごたえある解説 県立 市立791オ
『未解決 オウム真理教秘録』 NHKスペシャル(土) 県立 8F169.1ミ 市立169ミ
日本型雇用の真実 石水喜夫(伊東光晴評) 新古典派による労働市場改革の実態にせまる ちくま新書 大学文庫1015
(訳者) 海へ出るつもりじゃなかった アーサー・ランサム 神宮輝夫訳 岩波少年文庫にあたり全面改訳(上下) 県立 7F児J93ラ1,2 市立1,2
(昨日読んだ文庫)坂崎重盛 俳句 四合目からの出発 阿部しょうじん著
新版 親鸞から親鸞へ 三國連太郎・野間宏 対談 (生) 9F 市立(いずれも1990)
20世紀のシンフォニー 大崎滋生 (古) だ

(読売新聞)
(聖地で感じる大切さ)上野誠
出雲大社 日本の神祭りの源流 千家和比古ほか 県立 市立175イ
『神の島 沖ノ島』 藤原新也ほか 県立 市立748フ
伊勢神宮の衣食住 矢野憲一 県立 大学175.8Y58
×(ビタミンブック)大野更紗 研究道 学的探求の道案内
(著者来店) ビブリオバトル 谷口忠大 7FS019.9タ 市立
『「ローマの休日」を仕掛けた男』 ピーター・ハンソン(岡田温司評) ハリウッドの光と闇 県立 市立
『新・現代アフリカ入門』 勝俣誠 岩波新書(杉山正明評) 県立 7FS302.4カ 大学文庫1423
『マヨラナ』 消えた天才物理学者を追う ジョアオ・マゲイジョ(須藤靖評)
『脊梁山脈』 乙川優三郎 (橋本五郎評) 県立 7Fオト 市立332ス
『第一回普選と選挙ポスター』 玉井清(宇野重規評) モダニズム、風刺あり 県立
若手知事・市長が政治を変える 未来政治塾他(開沼博評) 県立
×墨絵で描く江戸蕎麦屋 伊嶋みのる (多)
×忘れられない日本人移民 岡村淳(角田光代評)

(日経新聞)
(今を読み解く) プロスポーツと地域密着 原田宗彦
  • 監督・選手が変わってもなぜ強い? 藤井純一 市民BM
  • ×もしあなたがプロ野球を創れと言われたら 村山哲二
  • ×松本山雅ものがたり 倉田ひさし
  • ×琉球ゴールデンキングスの奇跡 木村達郎
×(この1冊)通貨「円」の謎 竹森俊平(鹿野○昭評)
(リーダーの本棚) 小林喜光 三菱ケミカル
  • 『日本人とユダヤ人』
  • 二十歳のエチュード 原田統三 9F'01 市立 大学旧
  • サハラ幻想行 森本哲郎 県立
  • 嘔吐 サルトル 県立 7F外国文学953サ 市立(全集)Z908チ49 大学新書庫953SA69
  • ×宗教と科学 バートランド・ラッセル
  • 近代社会思想史 城塚登 9F 大学旧
快楽 青山七恵(稲葉真弓評) 県立 7Fアオ 市立913.6アオ
目撃者 エルンスト・ヴァイス(池田浩士評)ナチズム勃興期の市民生活 県立 市立943バ
自治体のエネルギー戦略 大野輝之 岩波新書 環境政策 県立 7FS501.6オ 大学文庫1424
×もうひとつのこの世 渡辺京二 石牟礼道子作品
ルールに従う ジョセフ・ヒース (小関広洋評)道徳 市立150ヒ 大学150H51
『庭師 小川治兵衛とその時代』 鈴木博之(熊倉功夫評) 県立
ピアノの歴史 スチュアート・愛さ古布 (山崎浩太郎評) 県立 市立763ア
(あとがきのあと) 薔薇とビスケット 桐衣朝子 老いと死 県立 7Fキリ 市立913.6キリ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。