新聞書評(2013年総括)

新聞書評(2013年総括)
カーリル・読書メーターなどチェック済み

(朝日新聞)2013.12.29
(書評委員が選ぶ「今年の3点」)
1.赤坂真理
  • 黒い海の記憶 山形孝夫 大震災と原発事故に対する言葉への模索ではベスト。犠牲の物語が世界の歴史の根底にある 8F人文科160.4ヤ
  • リンカーンの世紀・増補新版 巽孝之 あの演説の感動と劇場性こそ、暴力連鎖の幕開け 県立'02 7F930タ'02
  • 南無ロックンロール二十一部経 古川日出男 かっこいい けあし
2.荒俣宏
  • 『一〇〇年目の書体づくり』 大日本印刷 100年使われた「秀英体」を未来の書体にするための大改刻 県立
  • 波紋と螺旋とフィボナッチ 近藤滋 生命の形成にその意思が反映される 県立 だ
  • 無限の始まり D・ドイッチュ 意思と推量の力を進歩の始まりとする 県立 市立421ド
3.いとうせいこう
4.内澤旬子
5.小野正嗣
  • 恋しくて 村上春樹編訳 ノーベル賞のアリス・マンローを含む贅沢な本 県立 7階壁書架908.3コ 市立908コ
  • いつも彼らはどこかに 小川洋子 マージナルはものに慎み深く触れる 県立 7Fオカ 市立913.6オガ
  • 崩れゆく絆 チヌア・アチェベ アフリカ文学の父 け 7FB933ア
6.角幡唯介
7.萱野稔人
8.柄谷行人
  • 『忘却のしかた、記憶のしかた』 ジョン・ダワー 主要な仕事のエッセンス 県立 8F210.7タ 市立210.7ダ
  • 褐色の世界史 ヴィジャイ・プラシャド 第三世界の元来の意味 県立
  • 『ゾミア』 ジェームズ・スコット 急速に消える国家に抵抗した民 県立
9.川端裕人
10.隈研吾
11.佐々木敦
12.田中優子
13.出久根達郎
14.原真人
  • 『知の逆転』 ジェームズ・ワトソンほか インタビュー 県立 7FS304タ 市立304チ
  • ×連続講義・デフレと経済政策 池尾和人 正統的なアベノミクス分析の決定版
  • 『国家はなぜ衰退するのか』 ダロン・アセモグルほか 経済本で今年最大の力作 県立 8F332ア 市立332ア
15.福岡伸一
16.保阪正康
  • ヤルタからヒロシマへ M・ドブズ 米ソのかけひき 県立 8F209.7ト 市立209ド
  • 七番目の百万人 T・セゲフ シオニスト運動の問題点 県立
  • カウントダウン・メルトダウン(上下) 船橋洋一 日本社会の基本的体質を問う 県立 8F543.5フ1,2 市立543フ
17.三浦しをん
  • 『脊梁山脈』 乙川優三郎 最も胸打たれた 県立 7Fオト 市立332ス
  • ×BABEL 重松成美 SFファンタジー
  • アドリアン・イングリッシュ シリーズ ジョシュ・ラニヨン ミステリーと恋愛のバランスがよい 市立?
18.水野和夫
  • 『永続敗戦論』 戦後日本の核心 白井聡 米ソ冷戦による経済成功 県立 市立319シ 
  • ビスマルク ジョナサン・スタインバーグ ビスマルクの格闘 県立 8F289.3ヒ 市立289ビ
  • 罪人を召し出せ ヒラリー・マンテル トマス・クロムウェルの格闘 県立 7F933マ 市立933マ
19.水無田気流
  • 都市はなぜ魂を失ったか ジェイコブズ後のニューヨーク論 シャロン・ズーキン 新機軸の都市社会学書。だ
  • ヨハネスブルグの天使たち 宮内悠介 美と政治の交錯 県立 7Fミヤ 市立913.6ミヤ
  • ×ア ナザ ミミクリ 藤原安紀子 言葉の音触り
20.横尾忠則
21.鷲田清一
22.渡辺靖
  • 戦後米国の沖縄文化戦略 琉球大学とミシガン・ミッション 小川忠 米国の意図と関与 県立
  • ハンサラン 深沢潮 「在日」の日常 7Fフカ

(毎日新聞)
(2013年この3冊)
1.荒川洋治 現代詩作家
  • 七人の使者・神を見た犬 ブッツァーティ 幻想と日常がとけあう 岩波文庫 県立 大学文庫4666
  • 瀬戸内海のスケッチ 黒島伝治 文章と構成の素晴らしさ 県立
  • 戦後詩 ユリシーズの不在 寺山修司 批評著作の白眉 8F郷土資料A911.5テ
2.五百旗頭真
3.池内紀
  • 『首里城への坂道』 与那原恵 鎌倉芳太郎の評伝 県立 8F753.8ヨ
  • 絵ごよみ 昭和のくらし 亀井三恵子 県立 8F382.1 市立382カ
  • ×国境 完全版 黒川創
4.池澤夏樹
  • 『旅立つ理由』 旦敬介 エッセイ 県立 7Fタン 市立913.6ダン
  • ドクトル・ジヴァゴ ボリース・パステルナーク 工藤正廣による新訳 県立 市立983パ
  • ×もうひとつのこの世 石牟礼道子の宇宙 渡辺京二 評論 
5.磯田道史
6.伊東光晴
  • ×ヴェブレンとその時代 稲上毅
  • ×世界平和への冒険旅行 ハマーショルドと国連の未来 アスク
  • 『里山資本主義』 藻谷浩介 7FS332.1サ
7.井波律子
8.岩間陽子
  • 現代中国の父 ヴォーゲル 県立 8F289.2ト 市立289ト
  • ×統合の終焉 遠藤乾
  • ×園部逸夫 オーラル・ヒストリー タテ社会をヨコに生きて 御厨貴
9.内田麻理香
10.江國香織
  • 南無ロックンロール二十一部経 古川日出男 県立 7Fフル 市立913.6フル
  • 『マリッジ・プロット』 コージェニデス 県立 7F933ユ 市立933ユ
  • HHhH プラハ、1942年 ビネ 県立 7F953ヒ 市立953ビ
11.大竹文雄
12.海部宣男
13.鹿島茂
  • 謹訳 源氏物語 林望 県立(1-9巻) 7階壁書架913.3ム1-8 市立913.3ム8-10
  • 『メディアとしての紙の文化史』 ミューラー
  • 最後の転落 ソ連崩壊のシナリオ トッド 県立
14.加藤陽子
  • 『自殺』 末井昭 県立 8F368.3ス 市立368ス
  • 帝国日本と<満鮮史> 井上直樹 県立
  • 「大東亜戦争」期 出版異聞 小谷汪之 県立 だ
15.川本三郎
  • 周五郎伝 虚空巡礼 齋藤愼爾 け7階壁書架910.2ヤし
  • 藤沢周平伝 笹沢信 県立 7F910.2フ 市立910.268フ
  • 『木琴デイズ』 通崎 県立 市立
16.鴻巣友季子
  • 快楽 青山七恵 県立 7Fアオ 市立913.6アオ
  • 『工場』 小山田浩子 県立 7Fオヤ 市立913.6オヤ
  • 『存在しない小説』 いとうせいこう 県立 7Fイト 市立913.6イト
17.小島ゆかり
  • 謹訳 源氏物語 県立(1-9巻) 7階壁書架913.3ム1-8 市立913.3ム8-10
  • 日本の恋の歌 馬場あき子 7F911.1ハ 市立911.10バ
  • いつも彼らはどこかに 小川洋子 県立  7Fオカ 市立913.6オガ
18.佐藤優
19.白石隆
20.高樹のぶ子 
  • 丸谷才一全集 県立(第5巻) 市立(全集4)918.6マ(1,5,9)
  • 愛する伴侶を失って 加賀乙彦・津村節子 7Fカカ 市立914.6カ
  • 『みぞれふる空』 脊髄小脳変性症と家族の2000日 米本浩二 県立 7F916ヨ 市立916ヨ
21.張競
22.辻原登
  • 新編バベルの図書館 第6巻 ラテンアメリカ・中国・アラビア編 県立 市立
  • 『露出せよ、と現代文明は言う』  「心の闇」の喪失と精神分析 立木康介 市立146ツ
  • 『工場』 小山田浩子 県立 7Fオヤ 市立913.6オヤ
23.富山太佳夫
24.中島京子
  • 金井美恵子エッセイ・コレクション 全4巻 県立 7Fカナ 市立914.6カ
  • HHhH プラハ、1942年 ローラン・ビネ 県立 7F953ヒ 市立953ビ
  • 原発ホワイトアウト 若杉冽 7Fワカ 市立913.6ワカ
25.中島岳志
26.中村桂子
  • 『拡張する脳』 藤井直敬 県立 8F491.3フ 市立491フ
  • ×岐路に立つ精神医学 加藤忠史
  • ×群れは意識をもつ 個の自由と集団の秩序 郡司ペギオ-幸夫
27.中村達也
  • ×ヴェブレンとその時代 稲山毅
  • 『里山資本主義』 藻谷浩介など 7FS332.1サ
  • 原子力発電の政治経済学 伊東光晴 8F540.9イ 市立540イ
28.沼野充義
  • <戦争と文学>案内 集英社 県立 だ
  • 『旅立つ理由』 旦敬介 県立 7Fタン 市立913.6ダン
  • ×廃墟のテクスト 亡命詩人ヨシフ・ブロツキイと現代 竹内恵子
29.堀江敏幸
  • マルセル・プルーストの誕生 新編プルースト論考 鈴木道彦 市立950.28プ
  • パウル・ツェラン ことばの光跡 飯吉光夫 県立'77
  • 『フクシマ・ノート』 ミカエル・フェリエ 7F953フ
30.松原隆一郎
  • 『残すべき建築』 モダニズム建築は何を求めたのか 松隈洋 県立 市立523マ
  • 『食の戦争』 米国の罠に落ちる日本 鈴木宣弘 市立611.3ス
  • グローバル経済の誕生 K・ポメランツほか け
31.三浦雅士
32.村上陽一郎
  • <魔笛>の神話学 われらの隣人、モーツァルト 坂口昌明 け
  • ×イヴリー・ギトリス ザ・ヴァイオリニスト フィリップ・クレマン
  • ×複素数「解」の時代 石井威望 QRコードで新情報にアクセスできる
33.持田叙子
  • ゆうじょこう 村田喜代子 県立 7F日本文学ムラ 市立913.6ムラ
  • 『首里城への坂道』 与那原恵 県立 8F753.8ヨ
  • 『夕凪の島』 八重山歴史文化誌 大田静男 県立 市立219オ
34.木村凌二
  • ローマ革命(上下) ロナルド・サイム 県立 8F232.4サ
  • 『チャーチル』 不屈のリーダーシップ ポール・ジョンソン 県立 8F289.3チ 市立289チ
  • マックス・ウェーバーの日本 受容史の研究1905-1995 ヴォルフガング・シュヴェントカー等 県立
35.山崎正和
  • ×<ひと>の現象学 鷲田清一
  • おとなの背中 鷲田清一 7Fワシ 市立914.6ワ
  • 『パラレルな知性』 鷲田清一 8F104ワ 市立104ワ
36.湯川豊
  • ×井筒俊彦全集 1,2巻
  • ちょうちんそで 江國香織 県立  7Fエク 市立913.6エク
  • 『沈むフランシス』 松家仁之 県立 7Fマツ 市立913.6マツ
37.養老孟司
38.若島正
  • know 野崎まどか し
  • これは小説ではない デヴィッド・マークソン 県立 7F933マ
  • ×この本の名は? レイモンド・M・スマリヤン
39.渡辺保
  • 『修業論』 内田樹 7FS789ウ 市立
  • ×からだで作る<芸>の思想 前田英樹ほか
  • ×京舞井上流の誕生 岡田万理子

(読売新聞)2013.12.22
(読書委員が選ぶ「2013年の3冊」
1.石田千
  • 『四つの小さなパン切れ』 マグダ・オランデール・ラフォン 県立 7F953オ 市立956
  • ×Do Da Dancin'! ヴェネチア国際編13 槇村さとる
  • 初夏の色 橋本治 県立 7Fハシ 市立913.6ハシ
2.上野誠
  • 女帝の古代史 吉村武彦 岩波新書 県立 7FS210.3ヨ 大学文庫1396
  • 『田中角栄』 戦後日本の悲しき自画像 早野透 中公新書 7FS289.1タ 市立289タ 大学文庫2186
  • 杜甫 川合康三 岩波新書 県立 7FS921ト 大学文庫1392
3.宇野重規
  • ×統合の終焉 遠藤乾
  • 社会契約論 重田園江 ちくま新書 7FS311.1オ 大学文庫1039
  • 『島々の発見』 ポーコック 県立
4.岡田温司
5.開沼博 
6.角田光代
7.小泉今日子
8.辛酸なめ子
9.管啓次郎
  • ×ソウル・マイニング ダニエル・ラノワ 自伝
  • 小説のデーモンたち 古川日出男 作家の方法論など 県立 市立914.6フ
  • 日本語に生まれて 中村和恵 あ
10.杉山正明
11.須藤靖
  • 科学者の卵たちに贈る言葉 江上不二夫が伝えたかったこと 笠井献一 県立 大学407Ka72
  • 『何のために生まれてきたの?』 やなせたかし 県立 6FY11ヤ 市立726ヤ
  • ようこそ授賞式の夕べに 成風堂書店事件メモ(邂逅編) けあし
12.田所昌幸
13.中島隆信
  • アベノミクスのゆくえ 片岡剛士 光文社新書 市立332カ
  • 虚構のアベノミクス 野口悠紀雄 8F社会科学332.1ノ 市立332ノ
  • ×金融依存の経済はどこへ向かうのか 池尾和人ほか
14.橋爪大三郎
15.畠山重篤
16.平松洋子
17.星野博美
18.松山巌
  • 火葬人 ラジスラフ・フクス 県立 市立
  • 文人荷風抄 高橋英夫 市立910.268ナ
  • ×いきている長屋 谷直樹ほか
19.橋本五郎
  • 『竹山道雄と昭和の時代』 平川祐弘 県立
  • 物語岩波書店百年史3 「戦後」から離れて 苅部直 県立 8F023.0モ3 市立023モ3
  • 指導者とは ニクソン け'13 市立 '86
20.尾崎真理子
  • 食卓の愉しみについて 中村稔 市民(地域) 市立914.6ナ
  • アップダイクと私 ジョン・アップダイク 県立 市立934ア
  • マールとおばあちゃん モルティール 県立 あ市立JEブ
21.番外編よみうり堂店主

(日経新聞)2013.12.29
(エコノミストが選ぶ 経済図書ベスト10)
1 デフレーション 吉川洋 名目賃金の下落がデフレの原因(大学基礎ゼミ)
2 日本銀行 翁邦雄 金融政策の入門 ちくま新書 大学文庫1023
3 『自殺のない社会へ』 澤田康幸ほか 2013年度「日経・経済図書文化賞」 県立 8F368.3シ 大学368.3Sa93
4 『イノベーション・オブ・ライフ』 クレイトン・M・クリステンセンほか イノベーション理論で学べることを自分のキャリアに応用 県立 大学159C58i
5 『劣化国家』 ニーアル・ファーガソン 制度の衰退 8F304フ 市立304フ
6  『国家はなぜ衰退するのか』 ダロン・アセモグルほか 300年の世界史を検証 県立 8F332ア 市立332ア
×7 人びとのための資本主義 ルイジ・ジンガレス 
8 『大いなる探求』(上下) シルヴィア・ナサー 県立 8F331.7ナ 市立331ナ
×9 何が日本の経済成長を止めたのか 星岳雄ほか
×10 連続講義・デフレと経済政策 池尾和人 アベノミクスを批判する立場から

(回顧2013 私の3冊)
1 井上章一(風俗史家)
  • 『出雲と大和』 村井康彦 はっとする歴史像 県立 7FS210.3ム 市立210.3ム 大学文庫080.2A.1405
  • めぐりあうものたちの群像 青木深 ポピュラー音楽史 県立 あ
  • 『ダ・ヴィンチ封印』 タヴォラ・ドーリアの五〇〇年 秋山敏郎 真贋をめぐる刺激的な一冊 県立 8F723.3レ
2 陣野俊史(批評家)
  • 日系ブラジル移民文学Ⅱ 細川周平 県立 市立910.26ホ2
  • ×地表に蠢く音楽ども 竹田賢一 批評集
  • カリブ 世界論 中村隆 植民地主義に抗う 県立
3 縄田一男(文芸評論家)
4 北上次郎(文芸評論家)
  • 図書館の魔女(上下) 高田大介 メフィスト賞受賞デビュー作 県立 7Fタカ1,2 市立913.6タカ1,2
  • know 野崎まどか し
  • 愛しいひとにさよならを言う 石井睦美 県立 7Fイシ 市立913.6イシ
5 竹内薫(サイエンス作家)
6 野崎六助(評論家)
  • 『コリーニ事件』 フェルディナント・ファオン・シーラッハ 県立 7F943シ 市立943シ
  • 『グリード』(上下) 真山仁 県立 7Fマヤ 市立913.6マヤ
  • 黄金の街(上下) リチャード・プライス 7FB933フ1,2 市立
7 小谷真理(ファンタジー評論家)
  • ヨハネスブルグの天使たち 宮内悠介 県立 7Fミヤ 市立913.6ミヤ
  • 忘れ村のイェンと深海の犬 冴崎伸 県立 7Fサエ 市立913.6サエ
  • ×ゴッホのトラウマ 羽根正章ほか
8 中沢孝夫(福利県立大学地域経済研究所所長)
  • 強い現場の誕生 小池和男 県立
  • 人事と法の対話 守屋基博 8FN336.4モ 市立336モ
  • グローバルプロフェッショナルの基礎知識 田中孝明 県立
9 藤島大(スポーツライター)
  • 教える力 井村雅代 7FX785.2イ 市立785イ
  • ×ボディ&ソウル ロイック・ヴァカン
  • アナキストサッカーマニュアル ガブリエル・クーン 県立
(小説)清水良典
  • 『想像ラジオ』 いとうせいこう 県立 7Fイト 市立913.6イト
  • 光の山 玄侑宗久 県立 7Fケン 市立913.6ゲン
  • さよなら、オレンジ 岩城けい 県立 あ市立913.6イワ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。