新聞書(2015.9-)

2015.10.25
(朝日新聞)
(ニュースの本棚)TPP大筋合意 水野和夫
  • 日本のTPP交渉参加の真実 作山 けし
  • ×TPP黒い条約 中野剛志編 
  • TPPと食料安保 中村 県立 市立
(売れてる本)『かたづの!』 中島京子(瀧井評) 県立 8FAナカ 市立913.6ナカ 大学A913.6N34k 六913ナ
琥珀のまたたき 小川洋子(蜂飼耳評) 県立 7F 市立
欧州解体 ドイツ一極支配の恐怖 ロジャー・ブートル(諸富徹評) 市立
『第三帝国の愛人』 ラーソン(吉岡桂子評) 県立 市立234ラ
職業としての小説家 村上春樹(佐倉統評) 県立 7F 市立
(著者)『マンホール』 石井英俊 県立 市立518イ
オルフェオ リチャード・パワーズ(大竹昭子評) けあし
×死刑冤罪 戦後6事件をたどる 里見繁(三浦しをん評)
×水曜日のアニメが待ち遠しい ブルネ(荻上チキ評)
×戦争小説家 玉居子(保阪正康評)

(毎日新聞)
(今週の本棚)
ホフマニアーナ タルコフスキー(荒川洋治評) 映画監督の映画脚本 け
ブルデュー 闘う知識人 加藤晴久(鹿島茂評) 大学
(この3冊)池波正太郎 清原康正選
  • 真田騒動 恩田木工 7FB 市立(全集 県立 市民 市立)
  • 真田太平記 12巻 7FB(全集 県立 市民 市立)
  • 青春忘れもの 青春忘れもの けあし

(読売新聞)
(ビタミンブック)ヤマザキマリ
  • 三陸海岸大津波 吉村 けあし
  • 博物誌 プリニウス 津波・地震 けし
  • 自然研究 セネカ 大地震直後の様子 県立 大学
(著者)『いちまき』 中野 県立 8F288.3ナ 市立288ナ
終わった人 内館牧子(橋本五郎評) 県立 7F 市立
随想 西田哲学から聖霊神学へ 小野寺功(若松英輔評) だ
松本亨と「英語で考える」 武市(牧原評) 県立
『みんな彗星を見ていた』 私的キリシタン探訪 星野博美(出口評) 県立 8F198.2ホ 市立198ホ
『ピラミッド・タウンを発掘する』 河江(松木武彦評) 8F242.0カ 市立242カ
鎖国論 ケンペル(前田英樹評) 県立
絵本 御伽草子 付喪神 町田康 市立
×まぁ、空気でも吸って 海老原(渡辺一史評)
幸福の構造 島井(大竹文雄評)利他的な行動が幸福度を高める こ
なぜ戦争は伝わりやすく平和は伝わりにくいのか 伊藤剛(加藤陽子評) こ
死者の花嫁 葬送と追想の列島史 佐藤弘夫 しだ
『人類を変えた素晴らしき10の材料』 ミーオドヴニク 県立 8F501.4ミ 市立501ミ
戦争といのちと聖路加国際病院ものがたり 日野原 けあし
日本精神史 長谷川宏(池内紀評) けあし 市立
(著者)『王とサーカス』 米澤穂信 ミステリ 県立 7Fヨネ 市立ヨネ
マスコミの大問題 池上彰 森達也 あし市立
日本人のひたむきな生き方 松本 あし
(昨日読んだ文庫)青木
  • 鬼貫句選・独ごと 大学

(日経新聞)
(この1冊)GDP ダイアン・コイル(脇田評)統計めぐる問題点 県立 市立
『服従』 ミシェル・ウエルベック(野崎評) 県立 7F953ウ 市立953ウ
戦後サブカル年代記 円堂(難波評) 県立
×イタリア都市の空間人類学 陣内
文化立国論 青柳 けだ
China 2049 ピルズベリー(塚本評) けあしこ
日本精神史 長谷川宏(安藤礼二評) 縄文から江戸へ壮大なドラマ けあし市立
『ホンダジェット』 前間 県立 市立538マ
ROEが奪う競争力 手島 こ
×(あとがき)アートは資本主義の行方を予言する 山本
地球温暖化交渉の真実 有馬 こ
『AIは「心」を持てるのか』 ザルカダキス 市立007ザ 六007ザ
『人質460日』 リンドハウトほか 県立 7F933リ 市立936リ

(広告)
中公新書 地図と愉しむ東京歴史散歩 『地形篇』 『お屋敷のすべて篇』 県立 7FS213.6タ 大学2346
『天国でまた会おう』 ピエール・ルメール
『わが闘争 父の死』 クナウスゴール 県立 7F943ク 市立949ク
考える練習をしよう バーンズ 市民 市立
世界で生きぬく理系のための英文メール術 けし
『門田先生の3Dプリンタ入門』
アリババ エリスマン こ
『数学する身体』 森田 市立410モ

2015.10.18
(朝日新聞)
(ニュースの本棚)マイナンバー制度 森田明
  • あなたのマイナンバーへの疑問に答えます 水町 あ
  • 番号法の逐条解説 宇賀 県立 市民
  • マイナンバー国家改造計画 梅屋 県立 市立
  • 「マイナンバー法」を問う 清水 県立 市民 大学
  • ×マイナンバー制度 番号管理から住民を守る 白石
  • マイナンバー法のすべて 八木 県立 市立
(売れてる本)ぼくらの民主主義なんだぜ 高橋源一郎(武田砂鉄評) 市民 市立
『自衛隊のリアル』 (武田徹評) 県立 8F392.1タ 市立392タ
Masato 岩城けい(星野智幸評) 県立 市民 市立
×新宗教と総力戦 永岡崇(原武史評) 天理教と国家
『ガイトナー回顧録 金融危機の真相』 ガイトナー(諸富徹評) 県立 市立338ガ
(著者)マイストーリー 林真理子 県立 市民 市立
×欧米社会の集団妄想とカルト症候群 浜本隆志(市田評)
『介護民俗学へようこそ!』 六車由実(本郷和人評)
秘島図鑑 清水(島田評) 県立 市立
『「偶然」の統計学』 ハンド(佐倉統評) 県立 市立417ハ
(思い出す本)トカトントン 太宰治(松元ヒロ) 県立 市民 大学
(ビジネス)イーロン・マスク 未来を創る男 バンス け
(視線)江戸のしかけ絵本 佐久間(保坂健二朗評) 県立

(毎日新聞)
(今週の本棚)
田園回帰1%戦略 藤山(藻谷浩介評) 市立
『時を刻む湖』 中川毅(中村桂子評) 市立456ナ
(この3冊)鶴見俊輔 正津勉選
  • 限界芸術論 けだ
  • アメノウズメ伝 けあし 
  • 悼詞
『植物はすごい 七不思議篇』 田中修(湯川豊評) 7FS 大学2328
エラスムス=トマス・モア往復書簡(本村俊二評) 岩波文庫 県立 大学
人生に美を添えて 大村智 けあし市立
グローバル・ヒストリーとしての「1968年」 西田ほか 県立
(著者)戦後政治の証言者たち 原 けあし
×わたしの木下杢太郎 岩阪(川本評)
『江戸日本の転換点』 武井 水田の激増は何をもたらしたか
マレットの旅 山崎 ジャズのビブラフォン奏者

(読売新聞)
(本のソムリエ)
(佐川)
  • 山のパンセ 櫛挽(串田?) 市民 大学
  • 将棋エッセイコレクション 塚田 あ
  • ×中学校のシャルパンティエ
(暁方)
  • とうへんぼくで、ばかったれ けあし
  • ×源氏物語 九つの変奏
  • すべて真夜中の恋人たち けあしろ
(ビタミンブック)池谷裕二
(著者)中国人の頭の中 青樹明子 あ
潮の音、空の青、海の詩 熊谷(高野評) 県立 市民 市立
パラノイア合衆国 ウォーカー(村田評)(参考 ホーフスタッターはパラノイド・スタイルをアメリカ政治にみた)
アメリカは食べる 東(平松洋子評) 県立 真実
地域おこし協力隊 (渡辺評) けあしだ
琥珀のまたたき 小川洋子(松山巌評) 県立 市民 市立
プリニウス1-3 ヤマザキマリほか(若松英輔評)
エニグマ ホッジス(柴田文隆評) 県立 市立289チ1
薬で読み解く江戸の事件史 山崎光夫(宮部みゆき評) 県立 市立
世界を変えた100の本の歴史図鑑 ケイヴほか 県立 市民 市立

(日経新聞)
(リーダーの本棚)静岡県立美術館館長 芳賀徹
(座右の書)
  • 蕪村全句集 けあ
(その他)
  • 斎藤茂吉歌集 岩波文庫
  • 特命全権大使 米欧回覧実記
  • 福翁自伝
  • 名ごりの夢 今泉
  • 夢酔独言他 勝
  • 蘭学事始
  • 日本古典文学大系94 近世文学論集 岩波書店 だ
  • ×中村草田男集
  • 朝鮮詩集 岩波文庫 だ
  • 六十年前の今 河井
(この1冊)『ガイトナー回顧録 金融危機の真相』 (奥村評) 県立 市立338ガ
(半歩遅れの読書術)小池昌代
  • 事象そのものへ! 池田昌子 市民
  • ×犬の力を知っていますか? 池田昌子
レールの向こう 大城(井口評) 県立 市民 市立
呪文 星野智幸(佐々木敦評) 県立 市民 市立
地図から読む江戸時代 上杉 だ
『ペルシア王は「天ぷら」がお好き?』 ジュラフスキー 食の人類史 県立 8F383.8シ 市立383ジ
『インテル』 マローン(徳田評)  県立
弔いの文化史 川村(赤坂) 中公新書 県立 7FS 大学
日本はなぜ核を手放せないのか 太田 けだ
日本と中国、「脱近代」の誘惑 梶谷 市立
(あとがき)優しいライオン 小手鞠 け
誤解だらけの遺伝子組み換え作物 小島 市立 けしだ

(広告)
集英社新書
非線形科学 蔵本 こ
×日本の大転換 中澤
英仏百年戦争 佐藤 7FS
×一神教と国家 内田 中田
文明の衝突と21世紀の日本 ハンチントン 県立 7FS
『縄文人からの伝言』 岡村 県立
時間はどこで生まれるか 橋元 集英社新書 大学
×ニッポン景観論 カー
『エッセンシャル思考』 マキューン 県立 8FN336.2マ 市立 大学336.04Ma21
ゲーム理論トレーニング 逢沢 実社会で相手に勝つ あ?

2015.10.11
(朝日新聞)
(ニュースの本棚)TOKYO 197\64 出久根達郎
  • 東京五輪1964 佐藤次郎 7FS
  • TOKYOオリンピック物語 野地 県立 青森 市立
  • 東京オリンピック 文学者の見た世紀の祭典 講談社篇 県立 市立
(売れてる本)だから、生きる。 つんく(速水健朗評) けあし市立
レールの向こう 大城立裕(蜂飼耳評) 県立 7F 市立
中欧の詩学 歴史の困難 ヨゼフ・クロウトヴォル(杉田敦評) 県立
死者の花嫁 佐藤弘夫(三浦しをん評) しだ
第二次世界大戦 1939-45 アントニー・ビーヴァー(保阪正康評) 県立 青森 市立
(著者)沖縄のこと教えてください 初沢 あ
[[『兵士とセックス』>>https://takatakos.blogspot.jp/2018/02/20158_9.html] ロバーツ(荻上チキ評) 県立 大学235.06R52
ナチスと自然保護 フランク・ユケッター(五十嵐太郎評) 県立 市立
雑誌『第三帝国』の思想運動 水谷悟(武田徹評) 県立
”ひとり出版社”という働きかた 西山雅子(本郷和人評) 県立 市立
(ビジネス)『仁義なき宅配』 横田 県立 8F685.9ヨ 市立685ヨ
(視線)夢に出そうなミクロ生物 (大西若人評) あ

(毎日新聞)
若山牧水 伊藤一彦(小島ゆかり評)
「昭和天皇実録」を読む 原武史(磯田道史評) 岩波新書 けあだ
(この3冊)「優霊」物語 東雅夫選
  • 鉄道員 浅田次郎
  • ×明治日本の面影 小泉八雲 講談社学術文庫
  • 恐怖の愉しみ デ・ラ・メアほか 青森
知識の社会史2 百科全書からウィキペディアまで ピーター・バーク(村上陽一郎評) 県立 前著 知識の社会史 県立 大学
×「人間国家」への改革 神野直彦(伊東光晴評)
虫めづる姫君 堤中納言物語 光文社古典新訳 け
×その時、名画があった 玉木
×女、今日も仕事する 大瀧
職業としての小説家 村上春樹(沼野充義評) 市立
(著者)港、モンテビデオ いしいしんじ 市立
(昨日読んだ文庫)岩尾光代
  • 水の旅 富山和子 大洪水 県立 青森 市立
  • 崩れ 幸田文 崩壊山地 講談社文庫 県立 青森 市立

(読売新聞)
(南沢奈央)
  • 錦繍 宮本輝 青森 市立
  • 自分の感受性くらい 茨木のり子 青森 市立
  • しゃべれども しゃべれども 佐藤多佳子 県立 青森
  • 金曜日の砂糖ちゃん 酒井駒子 県立 青森
  • 合本俳句歳時記 第4版 角川学芸出版 市立
×(ビタミンブック)熊谷晋一郎 うわわ手帳と私のアスペルガー症候群 高橋
カラー版 『東京鉄道遺産100選』 内田 中公新書 7FS686.2ウ 大学2335
神と野獣の日 松本清張 7FB
(著者)空海 高村薫 けあし
消滅 恩田陸(唯川恵評) 県立 市立
大江戸商い白書 山室恭子(松木武彦評) 県立 青森 市立
ルポにっぽんのごみ 杉本裕明(濱田武士評) 岩波新書 県立 青森 大学
『あの日、マーラーが』 藤谷(岡ノ谷評) 県立 7Fフシ 市立フジ
服従 ウエルベック(松山巌評) 県立 青森 市立
『殺人鬼ゾディアック』 スチュワートほか(宮部みゆき評) 県立 市立936ス
ドクター・ハルの折り紙数学教室 ハル(松井彰彦評) け
『印刷という革命』 ペティグリー(出口評) 県立 市立022ペ
SATELLITE 佐藤健寿監修(柴田文隆評) けし

(日経新聞)
(今を読み解く) 難民流入の歴史と欧州統合 渡邉啓貴
  • 遠すぎた家路 シェファード 第2次世界戦直後の難民 県立 市立
  • フランスという坩堝 ノワリエル 古典、座右の書 け
  • ×ドイツリスク 三好
(この1冊)『生命の星の条件を探る』 阿部豊(池内了評) 宇宙生命学 県立 8F445ア 市立445ア
(半歩遅れ)小池昌代
  • 短篇で読むシチリア 武谷 県立 市立
捜索者 フランクル(生井評) けあ
恋する武士 闘う貴族 関(今谷評)平安・南北朝期の記録たどる けし
ふたり 高山文彦 天皇・皇后と日清戦争 けあし
「サル学」の系譜 中村美智夫 市立 けし
×2020年の「勝ち組」自動車メーカー 中西(小関評)
『アメリカは食べる。』  東(渡辺評) 県立 市立383ヒ 大学383.85H55a
『「偶然」の統計学』 ハンド 県立 市立
チャーチル キーガン 市立 けし
(あとがき)ゴージャスなナポリタン 丸山 あ
驚きの皮膚 傳田 県立 市立

(広告)
『第三帝国の愛人』 ヒトラーと対峙したアメリカ大使一家 県立 市立234ラ
我々はどのような生き物なのか ノーム・チョムスキー しだ
『「超」集中法』 野口悠紀雄 講談社現代新書
なぜ犬はあなたの言っていることがわかるのか モレル け
過剰な二人 林真理子 見城徹 けし
テーブルマナーの絵本 高野紀子 青森 市立
×日本古代国家の秘密 隠された新旧二つの朝鮮渡来集団 林
×アマテラスの正体 林
×マンガでわかる! マッキンゼー式 ロジカルシンキング 赤羽
命売ります 三島由紀夫 県立 7FB 市立 大学
明治維新という過ち 改訂増補版 原田伊織 薩長のウソ 県立 青森
「30万人都市」が日本を救う! 田中秀臣ほか け
外断熱住宅の落とし穴 松本 県立 青森 市立
×新やっぱり赤レンガの家に住みたい 松本
×頭がいい人の仕事は何が違うのか? 中野
×なぜ一流の人はみな「眠り」にこだわるのか? 岩田 佐藤可士和推薦
×オープンエデュケーション 重田
吉田武 はじめまして 数学リメイク (参考 1-5 県立)
『学術書を書く』 鈴木 京都大学 佐藤文隆推薦 市立021ス 大学021.3Su96
現代化学史 廣田 県立 市立 大学
×文明の基層 長田ほか 東京大学
森林学への招待 増補改訂版 中村 県立
『慈悲深き神の食卓 イスラムを「食」からみる 』 イスラム 八木 県立
ルワンダ・ジェノサイド生存者の証言 セバレンジ け 大学
×ゲノムプラスの栄養学 家森 東京大学

2015.10.4
(朝日新聞)
(ニュースの本棚)デザインのオリジナル性 柏木博
  • コレクション ポミアン 美術作品で個人名が重要となるのは18世紀以降 県立
  • ページと力 鈴木 デザインという隠された秩序を探している 県立 青森 大学
  • 理想の書物 モリス デザインにおける先行事例の重要性 県立 大学
  • ×デザイン的思考 先行事例を高速で知られるようになった
(売れている本)握る本 原宏一 けあし
×ミシェル・ル・グラン自伝 ルグランほか(細野晴臣評)
南洋と私 寺尾(武田徹評) あ
民主主義ってなんだ? 高橋源一郎(吉岡桂子評) けあし
あなたを選んでくれるもの ミランダ・ジュライ(星野智幸評) 県立 青森 市立
(著者)彼女の人生は間違いじゃない 廣木隆一 あ
ゴッホ・オンデマンド 中国のアートとビジネス ウォング(中村和恵評) 県立
×スタニスラフスキーとヨーガ チェルカッスキー(宮沢章夫評)
鴎外と漱石のあいだで 日本語の文学が生まれる場所 黒川創(蜂飼耳評) 県立
なぜドイツではエネルギーシフトが進むのか(諸富徹評) けし
(思い出す本)ゲイルズバーグの春を愛す フィニィ 青森
(ビジネス)『気仙沼ニッティング物語』 御手洗 県立 7FP589.2ミ 市立589ミ
(視線)かえりみち 森洋子(穂村弘評) 県立

(毎日新聞)
(今週の本棚)
エニグマ アラン・チューリング伝 ホッジス(若島正評) 県立 市立289チ1
超・反知性主義入門 小田嶋隆(中島京子評) けし
(この3冊)正岡子規 正岡明選
  • ×病者の文学 正岡子規 黒沢勉
  • 仰臥漫録 正岡子規 岩波文庫 青森 大学
  • ひとびとの跫音 司馬遼太郎 県立 青森 市立 大学
北京大学版 中国の文明3 稲畑 潮出版(橋爪大三郎評) 北京大学の中華文明史の翻訳 けだ
経済と自由 文明の転換 カール・ポランニー(松原隆一郎評)ポランニーの未刊の講演記録や草稿をカナダのコンコーディア大で所蔵 だ
永遠と軛 ボリース・パステルナーク評伝詩集 工藤編 け
B型肝炎 奥泉 けあしだ
近世快人伝 頭山満から父杉山茂丸まで 夢野久作 県立
×バイオエピステモロジー 米本昌平(養老孟司評)
(著者)骨風 篠原勝之 ゲージツ家のクマさん 市立
寺山修司からの手紙 山田 けあしだ
秘島図鑑 清水 県立 市立
(昨日読んだ文庫)青木理 ・狼煙を見よ 松下竜一 県立

(読売新聞)
(渡辺一史評)
  • 『老後破産』 NHK番組 県立 7FF367.7ロ 市立367.7ロ 六367ロ
  • 老人に冷たい国・日本 河合 市立
  • 『下流老人』 藤田 県立 7FS367.7フ 市立36フ 大学367.7F67
(ビタミンブック)日和聡子
  • 稲と日本人 甲斐監修の絵本 市立
  • 酔い子の旅のしおり 江澤 県立
(著者)恋愛しない若者たち 牛窪 け
フランシス・クリック マット・リドレー(岡ノ谷評) 市立
文学で読む日本の歴史 古典文学篇 五味文彦(松木武彦評) 県立 市立
『習得への情熱―チェスから武術へ―』 ウェイツキン(柴田文隆評) 7FH796.9ウ 大学796.9W15
御社の寿命 帝国データバンク(濱田武士評) あ
サミュエル・ジョンソンが怒っている リディア・デイヴィス 市立
×尾崎翠の感覚世界 加藤幸子(本谷有希子評)
『介護民俗学へようこそ!』 六車由実(平松洋子評) 市立380ム
本を知る・本に学ぶ 石井誠治(前田英樹評) し
秘島図鑑 清水浩史 県立 市立

(日経新聞)
(リーダーの本棚)東京財団理事長 秋山昌廣
(座右の書)
  • 「帝国」の国際政治学 山本 県立
  • 海洋法 山本
(その他愛読書)
  • 戦争と平和 猪口邦子 県立 大学
  • 倫理的な戦争 細谷雄一 大学
  • 攻撃計画 ウッドワード 県立 青森 市立
  • 不滅の大国アメリカ ジョセフ・ナイ 県立 市立
  • 新しい中世 田中 県立 青森 市立
  • サッチャー回顧録 県立 青森 市立
  • ×重臣たちの昭和史
  • 宗主権の世界史 岡本 こ
  • 『「無限」に魅入られた天才数学者たち』 アクゼル 県立 大学410.9A15
(この1冊)シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法 サリム・イスマイル他(田中洋評)
繭 青山七恵(東直子評) 県立 青森 市立
弥生時代の歴史 藤尾慎一郎(小林達雄評) 青森
脱出老人 水谷 市立
『ヒョウタン文化誌』 湯浅浩史 県立 7FS617ユ 市立617ユ 大学1564
誰も知らない 香港現代思想史 羅永生(中村元哉評) け
『印刷という革命』 ペティグリー(宮下志朗評) (参考 書物の出現 県立、フランス革命の文化的起源 県立 青森)
下層化する女性たち 小杉ほか けあ
企業家としての国家 マッツカート こ
(あとがき)刀と日本語 調所一郎 日本刀に関する著作もあり ろ

(広告)
空海 高村薫
『地球の履歴書』 大河内直彦 県立 市立450オ
『ピラミッド・タウンを発掘する』 河江
×国家を喰らう官僚たち ポール
『ホンダジェット』 前間
『あぶない一神教』 橋爪大三郎 佐藤優

2015.9.27
(朝日新聞)
(ニュースの本棚)新国立競技場 五十嵐太郎
  • ザハ・ハディドは語る
  • ザハ・ハディド エーディーエー・エディタ・トーキョー
  • 新国立競技場、何が問題か 槇文彦ほか編 県立
  • 森のなかのスタジアム 森まゆみ あし
  • オリンピック・シティ 東京 片木 青森 市立
(売れてる本)命売ります 三島由紀夫(市川真人評) 県立 7FB 市立 大学
砂の街路図 佐々木譲(本郷和人評) 県立 青森 市立
『ヒトはこうして増えてきた』 20万年の人口変遷史 大塚柳太郎(島田雅彦評) 県立 市立334オ
『その<脳科学>にご用心』 脳画像で心はわかるのか サテルほか(佐倉統評) 県立 市立491サ
ニッポン大音頭時代 「東京音頭」から始まる流行音楽のかたち 大石始(宮沢章夫評) 県立 市立
×(著者)元・中国人、日本で政治家をめざす 李小牧
×ピンポン外交の陰にいたスパイ ニコラス・グリフィン(吉岡桂子評)
×写真幻想 ピエール・マッコルラン(大竹昭子評)
管理栄養士パパの親子の食育BOOK 成田(荻上チキ評) 市立
『クロニクル 日本の原子力時代』 1945-2015 常石(杉田敦評) 県立 8F539.0ツ 市立539ツ 六539ツ

(毎日新聞)
(今週の本棚)
服従 ウエルベック(池澤夏樹評) 県立 青森 市立
冥途あり 長野まゆみ(持田叙子評) 県立 青森 市立
(この3冊)野球 森田創選
  • 監督 海老沢 青森
  • ×東京ジャイアンツ北米大陸遠征記
  • 勝利投手 梅田 青森 市立
水の葬送 アン・フリーヴス(渡辺保評) あし
イスラーム国 アトワーン(岩間陽子評) 市立
×はじめまして! アフリカ音楽 チャカトゥンバ
下中彌三郎 アジア主義から世界連邦運動へ 中島岳志 県立 青森 市立
×「食」で医療費は10兆円減らせる 渡邉
剣闘士に薔薇を コマストリ=モンタナーリ(井波律子評) アウレリウスシリーズ17作の第4作 県立
(著者)琥珀のまたたき 小川洋子 県立 青森 市立
『狂気の科学』 シュナイダー 県立 市立
(昨日読んだ文庫)山本ふみ
  • 貝がらと海の音 庄野潤三 県立 青森 市立
  • ピアノの音 庄野潤三 県立 青森 市立

(読売新聞)
(ビタミンブック)ヤマザキマリ
  • 旅を楽しむ!トリビア大百科 あし
(著者)エンタテインメントの作り方 貴志祐介 市立
Yの木 辻原登(松山巌評) 県立 青森 市立
颶風の王 河崎(渡辺一史評) 県立
『ロマネスク美術革命』 金沢百枝(出口評) 県立 市立702カ
『植物はすごい 七不思議篇』 田中修(高野ムツオ評) 7FS471.3タ 大学2328
呪文 星野智幸(若松英輔評)(著者は、『夜は終わらない』、で読売文学賞) 県立 青森 市立
『戦争画とニッポン』 椹木(青木淳評) 県立 市立721サ
闇市 マイク・モラスキー(松井彰彦評) あ
×墨東地霊散歩 加門(宮部みゆき評)
生きもののもちかた 松橋(岡ノ谷評) 市立

(日経新聞)
(この1冊)『ネオ・チャイナ 富、真実、心のよりどころを求める13億人の野望』 エヴァン・オズノス(阿古評) 市立
第四の大陸 トビー・レスター(樺山紘一評) 県立
希望のかたわれ メヒティルト・ボルマン(松永美穂評) 青森 市立
『ヒトはこうして増えてきた』 大塚柳太郎
『習得への情熱―チェスから武術へ―』 ウェイツキン
外務官僚たちの太平洋戦争 佐藤元英(戸部良一評) 県立 市立
エニグマ ホッジス(森山和道評) 県立 市立
×(あとがき)70年代シティ・ポップ・クロニクル 萩原健太
×日中関係史 岡本
ニッポンの貧困 中川 市立

(広告)
タイム・イン・パワーズ・オブ・テン トホーフト けし
『「超」集中法』 野口悠紀雄 講談社現代新書 7FS007.5ノ
×ひとりでマスターする生化学 亀井 講談社サイエンティフィック
死海写本 土○ だ
×技術の正体 木田元
『ホンダジェット』
×国家を喰らう官僚たち ポール
左翼も右翼もウソばかり 古谷 け

2015.9.20
(朝日新聞)
(ニュースの本棚)漱石のマドンナ 近藤康太郎
  • 漱石のマドンナ 河内一郎 県立 市立
  • ×改訂 漱石の初恋 荻原
  • 漱石文学のモデルたち 秦郁彦 県立 市立
  • 漱石を読みなおす 小森 青森 大学
  • ×男漱石を女が読む 渡邉澄子
  • 漱石の思い出 夏目鏡子 青森
(売れている本)旅のラゴス 筒井康隆(斎藤環評) 青森 参考
日々の光 ジェイ・ルービン(大竹昭子評) 県立 青森 市立
ケネディはベトナムにどう向き合ったか 松岡完(武田徹評)
聞き書 緒方貞子回顧録 野林(吉岡桂子評) けあし
日本鉄道歌謡史 1,2 (原武史評) 県立 市立
(著者)百歳までの読書術 津野海太郎 県立 市立
冥途あり 長野(中村和恵評) 県立 青森 市立
×出来事の残響 村上陽子(中村和恵評)
吾輩は猫画家である ルイス・ウェイン伝 南條竹則(横尾忠則評) あ
たすけて、おとうさん 大岡玲(本郷和人評) 県立 青森 市立
『暗渠マニアック!』 吉村生ほか(三浦しをん評)
(思い出す本)華の碑文 杉本苑子 県立 青森 市立
(ビジネス)運は創るもの 似鳥昭雄(梶山寿子評) 市立
(視線)『向田邦子 おしゃれの流儀』(原田マハ評) 県立 7F910.2ム 市立910.268ム

(毎日新聞)
(今週の本棚)
×杉浦明平 暗夜日記 1941-45 若杉(加藤陽子評)(参考)山田風太郎 戦中派虫けら日記、戦中派不戦日記
Yの木 辻原登(湯川豊評) 県立 青森 市立
(この3冊)ファッション 光野桃選
  • ひろしま 石内都 青森 市立
  • PUNK 沖潤子 けあ
  • 肉体の学校 三島由紀夫 県立 市立 大学
ヴィクトリア クヌート・ハムスン(堀江敏幸評) だ
『湯川博士、原爆投下を知っていたのですか』 藤原章生(中嶋岳志評) 市立289モ
平岡敏夫 詩集 現代詩文庫216 平岡敏夫 け
×古代ローマの生活 樋脇博敏
集団的自衛権はなぜ違憲なのか 木村草太 市立

(読売新聞)
(本よみうり堂)
  • 選択日記 アイエンガー 青森 コロンビアビジネススクールで生まれた
  • 百歳の力 篠田桃江 青森
  • 日本で100年、生きてきて むのたけじ 市立
  • 孤独な夜のココア 田辺聖子 青森
  • 笑う漱石 市立
  • すてきなあなたに 大橋 青森 市立
(ビタミンブック)池谷裕二 鏡映反転 高野 県立
(著者)人生90年 面白く生きるコツ 多湖輝 し
イングランド炭鉱町の画家たち ウィリアム・フィーヴァー(松山巌評) 県立
『ヒトはこうして増えてきた』 20万年の人口変遷史 大塚柳太郎(出口治明評)(昨年 人口の世界史 県立)
はじめての不倫学 坂爪真吾(渡辺一史評) し
仙厓無法の禅 玄侑(前田英樹評) 市立
東京零年 赤川次郎(唯川恵) 県立 青森 市立
ごぼう ものと人間の文化史170 冨岡典子(平松洋子評) 県立 市立
李光○ 波田野節子(月本昭男評) 中公新書 青森 大学
新聞のある町 地域ジャーナリズムの研究 四方洋 け
へんな生きもの へんな生きざま 早川 あしだ
フランシス・クリック 遺伝暗号を発見した男 マット・リドレー けしだ(内田麻理香評) ワトソン 二重らせん の出版にクリックは反対 市立
(著者)私の恋人 上田岳弘 県立 青森 市立
×日中秘話 融氷の旅 浅野勝人
安倍首相の「歴史観」を問う 保阪正康
(昨日読んだ文庫)石井光太 白い犬とワルツを テリー・ケイ 青森 市立

(日経新聞)
(リーダーの本棚)神戸市長 久元喜造
(座右の書)
  • ×新版・断腸亭日乗 歴史が立体的に見えてくる
  • ×明治国家をつくる 御厨 
(その他愛読書)
  • ふらんす物語 永井荷風 県立 青森
  • ○東綺譚 永井荷風(つゆのあとさき) 県立 大学ほか
  • 荷風と東京 川本三郎 東京の変容(東京残影) 県立 市立
  • ×楽想のひととき ブレンデル(音楽の中の言葉)
  • 阿片王 佐野眞一 大陸人脈はつい最近まで政財界に 県立 青森 市立
  • 蟹工船・党生活者 党生活者は面白い
  • 言論統制 佐藤卓己 中公新書 県立 青森 市立
  • 薔薇の名前 エーコ
(この1冊)『ザ・セカンド・マシン・エイジ ブリニョルフソン』 ブリニョルフソン(岡崎評) 県立 市立504ブ
(半歩遅れの読書術)玄田
  • ×キャリアデザイン支援ハンドブック ナカニシヤ出版
  • 自分の中に毒を持て 岡本太郎 県立 青森
なにが?永遠が ユルスナール(松浦評) 市立 けし
水曜日の凱歌 乃南アサ(池上評) 県立 青森 市立
感じる言葉 オノマトペ 小野 市立 けし
×シノワズリーか、ジャポニスムか 東田
原子力支援 ファーマン(鈴木評) 県立 市立
フランシス・クリック リドレー(長谷川評)仮説を考えだす能力に秀でていた 市立けしだ
習近平の権力闘争 中澤 市立 けし
貧困を救うテクノロジー スマイリー こ
×(あとがき)鉄腕アトムの歌が聞こえる 橋本
×国連と帝国 マゾワー
性格はどのようにして決まるのか 土屋 こ

(広告)
地図から読む江戸時代 上杉 ちくま新書 だ
知的トレーニングの技術 花村太郎 ちくま学芸文庫 あ
『ナチ科学者を獲得せよ!』 県立 市立559ジ
×誰でもないところからの眺め いがらしみきお

2015.9.13
(朝日新聞)
(ニュースの本棚)三つの「同盟」 前田哲男
  • ×「再軍備」の軌跡 読売新聞
  • 戦後日本の防衛と政治 佐道 青森 大学
  • 内訟録 細川 県立 青森 市立
  • 同盟漂流 船橋 県立 青森
  • 検証・安保法案 長谷部 市立
(売れてる本)スクラップ・アンド・ビルド 羽田(瀧井) 芥川賞 県立 7Fハタ 市立ハダ
『わたしの土地から大地へ』  サルガドほか(大竹昭子評) 写真家 県立
昭和天皇の戦後日本 豊下(保阪正康評) 市立 けし
図説 ホモセクシャルの世界史 松原(三浦しをん評) 県立
×伊勢神宮とは何か 植島(五十嵐評)
神都物語 ブリーン(五十嵐評) 県立
(著者)はじめての不倫学 坂爪 し
颶風の王 河崎(蜂飼評) 馬と歩む一族 けあし
×「人間国家」への改革 神野(諸富評)
『鉄道デザインの心』 水戸岡(原武史評) 県立
楳図かずお論 高橋(武田徹評) け
彼女のいない飛行機 ビュッシュ フランス発ミステリー あし
×(思い出す本)年刊日本SF傑作選 拡張幻想(ラッキィ池田)
(ビジネス)オンライン・バカ ハリス(森建評) けあし
×(視線)安東陽子 テキスタイル・空間・建築(保坂健二朗評)

(毎日新聞)
(今週の本棚)
日本鉄道歌謡史 松村洋(川本三郎評) 市立 けし
ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス 滝口(三浦雅士評) けあし
(この3冊)テロ 太田昌国選
  • テロリズムと戦争 ジン 県立
  • 『テロルと映画』 四方田 中公新書 7FS778.0ヨ 大学2325
  • ×新潮世界文学49 カミュⅡ
鬼酣房先生かく語りき 品田(小島評) け
『人工知能』 バラット(海部評) 県立 市立007バ
あなたを選んでくれるもの ジュラダイ(角評) 県立 市立
『習得への情熱―チェスから武術へ―』 ウェイツキン(魚評)
遺骨 戦没者三一〇万人の戦後史 栗原敏雄 岩波新書 県立 7F 大学
呪文 星野智幸(鴻巣評) けあし
東京藝大物語 茂木健一郎 小説 県立 7Fモキ 市立モギ
×無電柱革命 小池
×インフラ・ストック効果 
(昨日読んだ文庫)蓬莱竜太 
  • ひげよ、さらば 上野 青森 市立

(読売新聞)
(空想書店)柳川範之 東大教授
水滸伝 北方謙三
ワイルド・ソウル 垣根 県立 7Fカキ 市立カキ
遠くの声に耳を澄ませて 宮下 県立
ワン・モア 桜木 県立 7Fサク 市立サク
『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』 米原
(ビタミンブック)熊谷晋一郎
  • オープンダイアローグとは何か だ(い)
(著者)江ノ電 10kmの奇跡 深谷 こ
第二次世界大戦1939-45 ビーヴァー(松木評) 県立 青森 市立
雑誌「第三帝国」の思想運動 水谷悟(牧原出評) 県立
隔離の記憶 ハンセン病といのちと希望 高木智子(若松評) 市立 けしだ
第四の大陸 レスター(出口評) け
職業としての小説家 村上春樹(岡ノ谷評) けあし
「学力」の経済学 中室牧子(松井評) 青森 あしだ
英語化は愚民化 施光恒 (前田英樹評) けあ
中谷宇吉郎 杉山(柴田評) 県立
遺したい日本の風景X 自然と営み (濱田評) 県立 市立

(日経新聞)
(今を読み解く)戦没者はどう追悼するか 成田龍一
  • 兵士はどこへ行った 原田 市立392ハ
  • 海外戦没者の戦後史 浜井 県立
  • 遺骨 栗原 岩波新書 県立 7F 大学
  • ぼくが遺骨を掘る人「ガマフヤー」になったわけ。 具志堅 県立
  • 戦没者合祀と靖国神社 赤澤 け
(この1冊)減反廃止 荒幡克己 市立 けし
(半歩遅れの読書術)玄田有史
  • 生きがいについて 神谷美恵子 人事担当と一緒に合宿し、読書 県立 8F493.7カ 市立 大学旧
日々の光 ルービン(都甲評) 県立 7F  市立
新宿二丁目の文化人類学 砂川(難波評) 市立 けし
死者の花嫁 佐藤 しだ
×奄美の奇跡 永田
×ピンポン外交の陰にいたスパイ グリフィン(川成評)
日本鉄道歌謡史 松村(長崎評) 市立
(あとがき)ヴァイオリニストの領分 堀米
ルポ 過激派組織IS 別府ほか 市立 けし
×シェアリング・エコノミー 宮崎
×中国グローバル市場に生きる村 サイチ
江戸城のインテリア 小粥 市立 けし

(広告)
×地名は警告する 谷川
×日本の沖積層 遠藤
『京都ぎらい』 井上
職業としての小説家 村上春樹 けあしろ
『時を刻む湖』
大学数学の入門 9 常微分方程式 東京大学出版会 (大学 1 ) こ
47都道府県庁所在都市 八幡 市立 けあし
『しんがり 山一證券最後の12人』
×諏訪神社 七つの謎
×黒潮文明論
「すぐやる脳」のつくり方 茂木健一郎 青森 市立
『50代から始める知的生活術』 市立(『思考の整理学』『知的生活習慣』、50代からの 大学、老いの生理学 県立 市立、ちょっとした勉強のコツ 県立)
×頭のいい人は「短く」伝える

2015.9.6
(朝日新聞)
(ニュースの本棚)鶴見俊輔をたどる 黒川創
  • アメリカ哲学 だこ
  • 日米交換船 県立 青森 大学
  • 鶴見俊輔全詩集
(売れてる本)第2図書係補佐 又吉直樹(速水健朗評) 青森 市立
中谷宇吉郎 杉山(佐倉統評) 県立
神秘列車 甘(中村和恵評) 県立 青森 市立
権力の終焉 ナイム(杉田敦評) け
劉邦 宮城谷昌光(本郷和人評) 県立 青森 市立
(著者)台所に敗戦はなかった 魚柄 県立 市立
新宿二丁目の文化人類学 砂川(星野智幸評) 市立 けし
スクリプトドクターの脚本教室・初級篇 三宅(三浦しをん評) け
私の恋人 上田(島田雅彦評) 県立 青森 市立
インテリアデザインが生まれたとき 鈴木(五十嵐太郎評) 県立 市立
(ビジネス)シェアリングエコノミー 宮崎 Airbnb Uber
(視線)ナンシー関 原寸大!生ハンコ集 青森 市立

(毎日新聞)
(今週の本棚)
×骨のうたう 小林 詩人(中村桂子評)
現代語訳でよむ日本の憲法 柴田訳(池内紀評) け
(この3冊)O・ヘンリー 齋藤昇選
  • オー・ヘンリー傑作選 岩波文庫 大学
  • 1ドルの価値/賢者の贈り物ほか 光文社古典新訳文庫 県立 青森
  • 賢者の贈り物 O・ヘンリー傑作選1 新潮文庫
(最後の一葉、賢者の贈り物、二十年後)
×白鳥評論 政宗白鳥(荒川洋治評)
×モンテッソーリ流「自分でできる子」の育て方 神成美輝(佐藤優評)
『暗渠マニアック!』 吉村 県立 市立291.3ヨ
太田○・寺脇研が戦後教育を語り合う 県立
×ロジ・コミックス ドクシアディスほか 論理哲学入門
(著者)『子宮頸がんワクチン、副反応と闘う少女とその母たち』 黒川祥子 県立 8F495.4ク 市立495ク
マシュマロ・テスト ミシェル(大竹文雄評)日記をつけ、自制心を失ったしまった瞬間を継続的に記録する。自制心を強化 こ
ばんざい たね 萩原欽一
靖国戦後秘史 毎日新聞 県立 青森 市立
(昨日読んだ文庫)高橋弘希

(読売新聞)
(ビタミンブック)日和聡子
  • 日本再発見 岡本太郎 し
  • 神秘日本 岡本太郎 け
(著者)ごみと日本人 稲村 市立518イ けしだ
×和田悟朗全句集 (高野ムツオ評)
赤彦と蘭 福田(前田英樹評)
IQは金で買えるのか 行方(岡ノ谷評) 県立
エクソダス症候群 宮内悠介(宮部みゆき評) 県立 青森 市立
古代エジプト 死者からの声 大城道則(月本昭男評) み
門戸開放政策と日本 北岡伸一(橋本五郎評) こ
×プロ野球「背番号」雑学読本 手束(松木武彦評)
ハリス・バーディック年代記 県立 青森 市立
古代文明アンデスと西アジア 神殿と権力の生成 県立 市立

(日経新聞)
(リーダーの本棚)ユニ・チャーム社長 高原豪久
(座右の書)
人間の魅力 田辺昇一 青森
(その他) 
  • 日本近代史 板野 ちくま新書 市立 大学
  • 何処へ行くのか、この国は 村田 市立
  • ×仮説思考 内田
  • 経営者になる 管野 県立
×(この1冊)中国「新常態」の経済 関(丸山評)
オルフェオ パワーズ(岡田評) 県立 青森 市立
太閤の巨いなる遺命 岩井(細谷評) 県立 青森 市立
ロンドン日本人村を作った男 小山 け
源頼政と木曽義仲 永井 中公新書 7FS 大学
『ワーク・ルールズ!』 ボック(藤原評) グーグルの人事と組織 県立 8FN336.4ホ 市立336ボ
鏡映反転 高野(最相葉月評) 2000年以上も謎 県立
『統計はウソをつく』 イェルウェン 県立 市立331イ
ドルへの挑戦 岡部 県立
(あとがき)中居正広という生き方 大田 市立
ヤフーとその仲間たちのすごい研修 篠原(爆速経営の続編) 県立
×パラノイア合衆国 ウォーカー
ヴァイマル憲法とヒトラー 池田 県立 市立
『世界の辺境とハードボイルド室町時代』 高野 県立 8F204タ 市立204タ

(広告)
捜索者 フランクル スピルバーグに影響 けあ
×ぼくらは「数学」のおかげで生きている 柳谷晃
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。