『時代を読む 経済学者の本棚』

『時代を読む 経済学者の本棚』 根井雅弘 NTT出版 2011.12

1992年
地球環境と資源問題 森
資本主義のシステム間競争 (著作)情報ネットワーク社会
大接戦 サロー
二十のEC物語 横山
複合不況 中公新書
日本経済の再生 鈴木
誰が「日銀」を殺したか (著作)経済データの読み方
日本経済 新論 日経
隷属への道 ハイエク
解体する「系列」と法人資本主義 奥村
ドルは甦るか 
企業・市場・法 

1993年
ヨーロッパ的発想とは何か
異説・日本経済
ガルブレイス ラムソン
超国家EC
フューチャー・オブ・エコノミックス
成熟化社会の経済倫理
日本経済の目標
アジア四小龍
サムエルソン経済学
経済思想 やぎ
異説・日本経済Part2
断裂の構造
日本型資本主義なくしてなんの日本か
システム摩擦
満足の文化

1994年
法人企業と現代資本主義
平成不況の政治経済学
二十一世紀の資本主義
思想としての近代経済学
不思議な国 日本
ケインズ経済学の再生
泣きごと言うな
分裂する欧州経済

1995年
エコノミストはつねに間違う
シュンペーター的思考
21世紀の世界と日本

1996年
無責任経営「銀行の罪」
現代経済学史1870-1970
日本経済の歴史的転換
ケインズは本当に死んだのか
市場主義

1997年
資本主義の未来
規制緩和 鶴田
ケインズとイギリスの経済政策
クルーグマンの良い経済学 悪い経済学
複雑さの帰結
高度成長 20世紀の日本6
経済学の正しい使用法
経済学は誰のためにあるのか
現代制度派経済学宣言

1998年
ライフサイクルの経済学
アメリカの通商政策
組織の経済学
経済対立は誰が起こすのか
株主総会 奥村
経済学を問う
人事部はもういらない
ネクタイを締めた海賊たち
早い者が勝つ経済
日本経済「混沌」からの出発
ベッカー教授の経済学ではこう考える
ワルラスの経済思想
日本改革論の虚実

1999年
日本は必ず復活する サロー
ドキュメント金融破綻
思想史のなかの近代経済学
「経済政策」はこれでよいか
グローバリズムの終宴
ユーロ誕生 河野
世界大不況への警告

2000年
制度派経済学の再検討

2002年
日本型資本主義と市場主義の衝突
恐慌の罠
世界を不幸にしたグローバリズムの正体
日本経済への最後の警告

2003年
節約したって不況は終わらない。
構造デフレの世紀
進化と経済学
優しい経済学 高橋
経済学と人間の心
成長経済の終焉 佐伯
現代経済学ビジョンの危機

2004年
バロー教授の経済学でここまでできる!
経済学と実存
家計からみる日本経済
人間が幸福になる経済とは何か
現代アメリカ経済思想の起源
わが志は千里に在り 評伝大来佐武郎
日本のもの造り哲学
悪意なき欺瞞

2005年
大恐慌を見た経済学者11人はどう生きたか
ガルブレイスわが人生を語る
経済が社会を破壊する
マルクス入門 今村
グローバリゼーションを擁護する
エコノミストの腕前
証言戦後日本経済

2006年
デフレから復活へ
ブローバル化と日本の課題
セイヴィング キャピタリズム
市場には心がない
現代経済学の誕生
アメリカ型資本主義を嫌悪するヨーロッパ
現代に生きるケインズ
株式会社に社会的責任はあるか
ベッカー教授 ポズナー判事のブログで学ぶ経済学
公共の役割は何か

2007年
世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す
この国の未来へ
ITとカースト
市場の真実
フェアトレード
日本の経済 伊藤 中公新書
入門制度経済学
日本進化論 出井

2008年
1997年 世界を変えた金融危機
すごい製造業 中沢
キーワードで読み解く経済
アメリカの経済政策
最強の経済学者ミルトン・フリードマン
人生越境ゲーム
『格差はつくられた』 グルーグマン 県立 8F312.5ク 市立312ク
エコノミストたちの栄光と挫折
ケインズの闘い

2009年
アメリカ大恐慌 主レーズ
大恐慌を駆け抜けた男 高橋是清
いまこそ、ケインズとシュンペーターに学べ
危機を超えて 伊藤
大転換 佐伯
一経済学者の自伝

2010年
始まっている未来
なにがケインズを復活させたのか?
フリーフォール スティグリッツ

2011年
国家債務危機 アタリ
ケインズ・ソリューション デビッドソン

日本の「構造改革」 佐和
第三の道 ギデンズ
暴走する世界
構造改革と日本経済 吉川
転換期の日本経済
自由の精神 萩原
馬場辰猪
陸奥宗光
遠い崖
天地有情 南木
ダイヤモンドダスト
阿弥陀だより
山中静夫の尊厳死
「名君」の蹉跌 ラビナ
信長と十字架 立花
プロト工業化の時代 斎藤
信長権力と朝廷
血にコクリコの花咲けば 森嶋
智にはたらけば角が立つ
終わりよければすべてよし
思想としての近代経済学
なぜ日本は行き詰まったか
マルクスの経済学
ワルラスの経済学
リカードの経済学
産業関連論入門
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。