新聞書評(2015年総括)

新聞書評(2015年総括)

(朝日新聞)  2015.12.27
(今年売れた本 竹田砂鉄)
  • 火花 けあし 7Fマ 市立マタ
  • 『フランス人は10着しか服を持たない』
  • 家族という病 下重 県立 7FS367.3シ 市立367.3シ
  • 聞くだけで自律神経が整うCDブック 7FF498.3コ
  • 『一〇三歳になってわかったこと』 篠田 県立 7Fシノ 市立914.6シ
  • 置かれた場所で咲きなさい
  • 新・人間革命27
  • 智慧の法 大川
  • 人間の分際 曽野綾子
  • 感情的にならない本 和田秀樹 あし
  • 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 あ
  • 鹿の王
  • 下町ロケット2
  • 『新・戦争論』 池上 県立 7FS304イ 市立304イ
  • 嫌われる勇気 岸見 あしだ
  • お金が貯まるのは、どっち 菅井 あし
  • ラプラスの魔女 東野圭吾 けあし
  • だるまさんが かがくいひろし けあし
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 県立 7FK324.7コ 市立324ミ
  • 平常心のコツ 植西 あし

(今年の3点)
1.五十嵐太郎 東北大教授
  • ×後美術論 椹木 野心作
  • ×映画は絵画のように 岡田
  • 表象のアリス 千森 挿絵 大学933.6C22C
2.市田隆 編集委員
  • 吉村昭 昭和の戦争全6巻 けあし
  • 戦争と読書 水木しげる け
  • 人間のしわざ 青来 けあし
3.大竹昭子 作家
  • あなたを選んでくれるもの ジュライ けあし
  • ×たまきはる 神藏
  • 『黒い迷宮』 パリー
4.荻上チキ 評論家
  • 『断片的なものの社会学』 岸 7Fキシ 市立914.6キ
  • ×レイシズムを解剖する 高
  • ぼくたちは戦場で育った ハリロビッチ サラエボ 県立 市民 市立
5.柄谷行人 哲学者
  • 『江戸日本の転換点』 武井 水田の拡大がもたらす困難。江戸は克服できないまま終わった
  • 現代アジアの宗教 社会主義を経た地域を読む 藤本
  • 戦後日本の宗教史 島田 け
6.佐倉統 科学技術社会論研究者
  • 地平線の彼方から 野町 写真集 県立
  • 『ヘッケルの進化の夢』 佐藤 県立
  • 悲素 和歌山ヒ素事件の小説 県立 市民 市立
7.島田雅彦 作家
8.杉田敦 政治学者
  • 私たちの声を議会へ 代表制民主主義の再生 三浦 けあ
  • 戦争に抗する ケアの倫理と平和の構想 岡野 け
  • ×平等の政治理論 <品位ある平等>にむけて 木部
9.武田徹 評論家
  • リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください 井上 県立 大学321.1I57
  • 哲学用語図鑑 田中 県立 市民 市立 大学
  • 動いている庭 クレマン けし
10.中村和恵 詩人
11.蜂飼耳 作家
12.原武史 教授
  • ×朝鮮燕行使と朝鮮通信史 夫馬
  • ×三つの新体制 ファシズム、ナチズム、ニューディール シヴェルブシュ
  • 『廃線紀行』 もうひとつの鉄道旅
13.保阪正康 作家
14.星野智幸 作家
  • 悲しみの秘儀 若松 あ
  • 鳥 ジョンヒ けあ
  • 残響のハーレム 中村 だ
15.細野晴臣 音楽家
16.本郷和人 教授
  • たすけて、おとうさん 大岡伶 けあし
  • 歴史の仕事場 フュレ け
  • 芥川賞の謎を解く 鵜飼 けあ
17.三浦しをん 作家
  • ×黄金色の夜 宇江
  • ×瞑き流れ ラニヨン
  • 一生続けられない仕事 3 山田
18.宮沢章夫 劇作家
  • 民主主義ってなんだ? 高橋 けあし
  • 大瀧詠一 Writing & Talking け
  • 『服従』 ウエルベック 県立 7F953ウ 市立953ウ
19.諸富徹 教授
  • 震災復興の政治経済学 斎藤 け
  • 日本経済の構造変化 須藤 け
  • 田園回帰1%戦略 藤山 し
20.横尾忠則 美術家
  • 老耄と哲学 思うままに 梅原猛 けあし
  • ある日の画家 それぞれの時 酒井
  • マグリット事典 グリューネンベルク けし
21.吉岡桂子 編集委員
  • 暗黒の大陸 マゾワー
  • シリーズ 日本の安全保障 第8巻 グローバル・コモンズ だ
  • 世界の果てのこどもたち 中脇 けあし

(毎日新聞)2015.12.13、12.20

1.荒川洋治 現代詩作家
  • 超国家主義の論理と心理 丸山真男 岩波文庫 戦争への道 大学
  • 友は野末に 色川大吉 単行本未収録の作品集 県立 市民 市立
  • やちまた 足立巻一 本折春庭(文法学者)の評伝、本居宣長の息子 7FB
2.五百旗頭真 日本政治外交史
  • なぜ国々は戦争をするのか ストウシンガー 県立 市民 市立
  • 対華二十一カ条要求とは何だったのか 第一次世界大戦と日中対立の原点 奈良岡總智 県立 市民 市立
  • 尖閣問題の起源 沖縄返還とアメリカの中立政策 エルドリッジ 県立
3.池内紀 独文学者
  • 日本精神史 長谷川宏 県立 市民 市立
  • 現代語訳でよむ日本の憲法 柴田訳 県立
  • 『大地の五億年』 せめぎあう土と生き物たち 藤井一至
4.池澤夏樹 作家
  • ヤモリ、カエル、シジミチョウ 江國香織 県立 市民 市立
  • ×はしっこに、馬といる ウマと話そうII 河田
  • 戦争と子ども 山崎 セルビア難民 け
5.磯田道史 日本近世・近代史
  • 昭和天皇実録 第一~第四 宮内庁 県立 8F288.4シ 大学
  • アジアのなかの戦国大名 西国の群雄と経営戦略 鹿毛敏夫 県立
  • 『帳簿の世界史』 ソール 県立 8FN336.9ソ 市立336ソ
6.伊東光晴 経済学
  • 『沈みゆく大国アメリカ』 堤未果
  • ドイツ同族大企業 吉森賢 県立
  • 水俣病の民衆史 6巻 岡本達明 チッソの労働組合の委員長だった人。水俣病の科学(県立)の西村の協力者 県立
7.井波律子 中国文学者
8.岩間陽子 国際政治
  • ×門戸開放政策と日本 北岡伸一
  • ×「経済大国」日本の対米協調 安保・経済・原子力をめぐる試行錯誤、1975-1981年 竹田悠
  • 越境者の政治史 塩出浩之 け
9.内田麻理香 サイエンス・ライター
10.江國香織 作家
  • 港、モンテビデオ いしいしんじ 7Fイシ 市立
  • べつの言葉で ラヒリ 県立 7f 市立
  • あなたを選んでくれるもの ジュライ 県立 7F 市立
11.大竹文雄 労働経済学
  • 多数決を疑う 社会的選択理論とは何か 坂井豊貴 岩波新書 県立 7F 大学
  • マシュマロ・テスト 成功する子・しない子 ミシェル 自制心
  • 「学力」の経済学 中村牧子 市民 市立
12.海部宣男 国立天文台名誉教授
13.角田光代 作家
  • あなたを選んでくれるもの ジュライ 県立 市民 大学
  • べつの言葉で ラヒリ 県立 7f 市立
  • 悪声 いしいしんじ 県立 7f 市立
14.鹿島茂 仏文学者
  • ビヒモス ホッブズ 岩波文庫 イングランド内戦の総括。キリスト教をイスラム教に置き換えると、現代史として読める。 大学
  • 日本まんが 3巻 荒俣宏編 東海大学出版部 インタビュー漫画史の傑作 県立 市立
  • 『失われてゆく、我々の内なる細菌』 ブレイザー 抗生物質の乱用に警告 県立 市立491ブ 大学(医5)491.7B55
15.加藤陽子 日本近代史
  • 『ヒトラーとナチ・ドイツ』 石田勇治 ヒトラーが授権法を成立させるまで 7FS234.0イ
  • 戦争と読書 水木しげる出征前手記 水木しげる、荒俣宏 
  • 日ロ関係史 パラレル・ヒストリーの挑戦 五百旗頭ほか 画期的 県立
16.川本三郎 評論家
  • EPITAPH東京 恩田陸 東京がエピタフ(墓碑銘)の都市であることが浮かび上がる 県立 7F 市立
  • 平岡敏夫詩集 け
  • 忘れられた詩人の伝記 父・大木惇夫の奇跡 宮田毬栄 あし
17.鴻巣友季子 翻訳家
  • オルフェオ リチャード・パワーズ バイオテロ犯に疑われた元音楽家の逃走劇 県立 7F 市立
  • べつの言葉で ラヒリ  県立 7F 市立
  • 世界文学論集 クッツェー け
18.小島ゆかり 詩人
  • 動物記 高橋源一郎 県立 7F 市立
  • 若山牧水 その親和力を読む 伊藤一彦
  • 謹訳 平家物語 一、二 林望 第二弾 県立 7F913.4キ 市立
19.斎藤環 精神科医
  • 批評メディア論 戦前期日本の論壇と文壇 大澤聡 県立
  • 人はみな妄想する ジャック・ラカンと鑑別診断の思想 松本卓也 大学(医学)
  • 戦争と平和 ある観察 中井久夫 市立914.6ナ
20.佐藤優 作家
  • レールの向こう 大城立裕 沖縄初の芥川賞受賞。私小説の傑作。沖縄の内在する論理を理解するために最適 県立 7F 市立
  • サイバー・インテリジェンス 伊東寛 県立
  • 虚ろまんてぃっく 吉村萬壱 現代の閉塞状況 県立 7F 市立
21.高樹のぶ子 作家
  • ×和歌で楽しむ源氏物語 小島
  • 文藝春秋specialニュースがわかる! 世界三大宗教
  • プラトンとの哲学 対話篇をよむ 納富 岩波新書 県立 7F 大学
22.張競 比較文化
23.辻原登 作家
  • 『冬を待つ城』 安倍 スリルとサスペンスとミステリーの三位一体 県立 7Fアベ 市立アベ 六アベ
  • 新カラマーゾフの兄弟 亀山郁夫 けあしだ
  • 憂国者たち 三輪太郎 けあし 著作 ポル・ポトの○(テ、しょう)、日本占領史1945-1952 中公新書
24.中島京子 作家
  • 一時帰還 クレイ 著者はイラク帰還兵 県立 市民 市立
  • 呪文 星野 悪意と自虐 県立 7F 市立
  • ×香港パク 李 出口のなさ
25.中島岳志 政治学
  • 折口信夫 安藤礼二 折口を軸に日本思想の壮大な可能性 市立
  • 『皇后考』 原武史 県立 8F288.4コ 市立288.4ハ
  • 呪文 星野 現代日本社会の不安 県立 7F 市立
26.中村桂子 
27.沼野充義 スラブ文学
  • 虚人の星 島田雅彦 県立 7F 市立
  • ×黄金の竪琴 沓掛訳詩選
  • ロシアあるいは対立の亡霊 乗松亨平 けあだ
28.橋爪大三郎 社会学者
  • <世界史>の哲学 イスラーム編 大澤真幸 県立 市立 だ(他 東洋篇、中世篇、古代篇、近世篇)
  • 日本精神史 長谷川宏 県立 市民 市立
  • 戦後入門 加藤典洋 ちくま新書 7FS210.7カ 大学
29.堀江敏幸 作家
  • ×詩集 小さなユリと 黒田三郎
  • 『天野さんの傘』 山田稔 市立
  • 続 まど・みちお全詩集 県立 市立
30.松原隆一郎 社会経済学者
  • 『モンサント』 世界の農業を支配する遺伝子組み換え企業 ロバン 県立 市立
  • シフト&ショック 次なる金融危機をいかに防ぐか 県立 市立
  • 菊之助の礼儀 長谷部浩 市民
31.三浦雅士 評論家
  • 忘れられた詩人の伝記 宮田まりえ あし 富士川英五郎伝、尾崎の石井桃子伝
  • 日本鉄道歌謡史 松村 県立 市立
  • 折口信夫 安藤礼二
32.村上陽一郎 科学史
33.藻谷浩介 
  • ×スマート・テロワール 農村消滅論からの大転換 松尾
  • わがや電力 テンダー
  • 『境界の民』  安田 県立 市立316ヤ
34.持田叙子
  • 八幡炎炎記 村田 けあし
  • 『アホウドリを追った日本人』 平岡昭利 岩波新書 県立 7FS334.4ヒ 市立334ヒ 大学1537
  • 冥途あり 長野まゆみ 県立 市民 市立
35.本村俊二 西洋史
  • エラスムス=トマス・モア往復書簡 岩波文庫 県立 大学
  • 大分岐 中国、ヨーロッパ、そして近代世界 ポメランツ 大学333.6P78d
  • 大英帝国の親日派 ベスト けあ
36.湯川豊 文芸評論家
  • ヤモリ、カエル、シジミチョウ 江國香織 けあし
  • Yの木 辻原登 県立 市民 市立
  • 『忘れられた巨人』 神話小説
37.養老孟司 解剖学者
38.若島正 米文学
  • エニグマ アラン・チューリング伝 ホッジス 県立 市立
  • ×殊能将之読書日記 夭折したミステリ界の奇才
  • 薔薇とハナムグリ モラヴィア 光文社古典新訳文庫 県立
39.渡辺保 演劇評論家
  • 哲学な日々 考えさせない時代に航して 野矢茂樹 けあ
  • 水の葬送(市民 市立) アン・クリーヴス スコットランドのシェトランド諸島を舞台にした4連作の後の最新作 大鴉の啼(市民 市立)、白夜に惑う夏(市民 市立)、野兎を悼む春(市民)、青雷の光る秋(市民 市立)
  • ×重力との対話 天児

(読売新聞) 2015.12.27
(2015年の3冊)
1.青木淳 建築家
2.岡ノ谷一夫 生物学者
3.高野ムツオ 俳人
  • 長田弘全詩集
  • 和田悟朗全句集
  • 思川の岸辺 小池 あ
4.月本照男 旧約聖書学者
  • やまと言葉で<日本>を思想する 竹内 けし
  • 起源 古代オリエント文明:西欧近代生活の背景 ウィリアム・ハロー 県立
  • 『ロマネスク美術革命』 金沢百枝
5.出口治明 
  • 石の物語 ジン・ワン
  • 第二次世界大戦1939-45 アントニー・ビーヴァー けあし
  • 『新・観光立国論』 アンキンソン
6.濱田武士 漁業経済学者
  • ×風評の厚き壁を前に 寺島
  • 雇用身分社会 森岡 岩波新書 けあだ
  • 建築から都市を、都市から建築を考える 槇ほか 県立
7.平松洋子 エッセイスト
8.前田英樹 批評家
  • ×実践する神秘主義 アンダーヒル
  • ×ヴィクトリア シットウェル
  • ×赤彦とアララギ 福田
9.牧原出 政治学者
  • 日ロ関係史 五百ほか け
  • ×芹沢光治良戦中戦後日記
  • 『キム・フィルビー』 マッキンタイアー 二重スパイ 県立 市立289フ
10.松井彰彦 経済学者
  • 経済学の宇宙 岩井 けしだ
  • ぼくの命は言葉とともにある 福島 あ
  • 源流の記憶 「黒部の山賊」と開拓時代 伊藤 けし
11.松木武彦 考古学者
  • 暴力の人類史 ピンカー けあしだ
  • 第二次世界大戦1939-45 ビーヴァー けあし
  • 『ブラッドランド』 スナイダー
12.松山巌 評論家
13.宮部みゆき 作家
  • 鍵の掛かった男 有栖川有栖 けあし
  • 中野のお父さん 北村薫 けあし
  • 深夜百太郎 舞城 けあし
14.村田晃嗣 国際政治学者
  • 架け橋 レムニック
  • 『反知性主義』 森本
  • チャップリンとヒトラー 大野 けあしだ
15.本谷有希子 作家
  • 飢えと窮乏の日々 ドフ け
  • ×バス停に立ち宇宙船を待つ 友部
  • ヨーコさんの”言葉” 佐野洋 けあし
16.唯川恵 作家
17.若松英輔 批評家
  • ツァラトゥストラはかく語りき ニーチェ 河出文庫
  • 幼年画 原民喜 あ
  • 『へろへろ』 雑誌「ヨレヨレ」と「託老所よりあい」の人々 鹿子 県立 8F369.2カ
18.渡辺一史 ライター
19.橋本五郎 編集委員
  • 日本精神史 長谷川 けあし
  • 丸山真男研究 その学問と時代 植手通有集3 け
  • 昭和天皇実録 県立 あ だ
20.柴田文隆 編集委員
21.番外編 よみうり堂店主

(日経新聞) 2015.12.27
(経済図書ベスト10)
1.経済学の宇宙 岩井 けしだ
2.『21世紀の資本』 ピケティ
×3.拡大する直接投資と日本企業 清田
×4.金融危機とバーゼル規制の経済学 宮内
5.『ガイトナー回顧録 金融危機の真相』 県立 市立338ガ 
6.検証 バブル失政 軽部 けし
7.幼児教育の経済学 ヘックマン けし
8.経済データと政策決定 小巻 あし
9.ケインズ対フランク・ナイト 酒井
10.「学力」の経済学 中室 あしだ

(2015私の3冊)
1.井上章一 風俗史家
2.小谷真理 評論家
  • 『紙の動物園』 ケン・リュウ
  • ヘブンメイカー スタープレイヤーⅡ 恒川 けあし
  • 殊能将之 読書日記 2000-2009
3.北上次郎 評論家
  • 朝が来る 辻村
  • 永い言い訳 西川 けあし
  • ひりつく夜の音 小野寺
4.陣野俊史 批評家
  • 『服従』 ウエルベック
  • 呪文 星野
  • 写真集 花のある遠景 西江 県立?
5.中沢孝夫 教授
6.竹内薫 作家
  • ×子どもにプログラミングを学ばせるべき6つの理由 神谷
  • 『スプーンと元素周期表』 キーン 県立 8F431.1キ 市立
  • 「学力」の経済学 中村 あしだ
7.縄田一男 評論家
  • おとなの童話 おかしなことに 勝目 けあし?
  • 天下 家康伝 火坂 けあし
  • 捜索者 フランクル けあ
8.藤島大 ライター
  • ×境界を越えて ジェームズ
  • 駅伝マン フィン けあし?
  • 糧は野に在り かくま け
9.野崎六助 評論家
  • 希望のかたわれ ボルマン けあし?
  • 氷 ソローキン 河出書房新社 けあし

(小説)清水良典 評論家
  • 『流』 東山
  • 呪文 星野
  • 指の骨 高橋
  • 鳥の会議 山下澄人 あし
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。