紅葉神


                                        /        |
              {:.ヾ    ∧_              /           l
        __  /∧:::V/´/::/   ヽ          、≦_
      r /.:/.:/:/ 、   ∧::.V/.:/    _ ∨      /.:::::::::::::::::.ヽ     /
      l:::::::::::::::l_ノ.:}Σ二_、:::::/,)  {_ )) V/   /.:::::::::::::::.、:::::::::.∨,   /
      |::::::::::::::::::::/   ∧:.V ´ _   !  ∨/≦.::::::::::::::::::::::::.∨.::::::.∨
      l:::::::::::::::/     ∧ `ノ.::.ヽ ノ_ーノ.::::::::::::::::::::::l::::::::::::::.V/.:::::::.、/
     /.::::::::::::/    __ 、ヽ:/.:::::::::::::::::::::::.、:::::::::::::|:::::::::::::::::!:::::::::::/
    /.:::::::::::::::/  /.:::::::::::::::::.≧.、:::::::::::::::::::::::::::::.V/,::::::.、 ::::::::::::::::::::::/
  /  ̄ ≧ 、:::L /.::::::::::::::::::::::::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::.∨/,::::::::::::::::::::.∨/,
     / /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::.∨/:::::::::::::::::::::.∨,
          l:::::::::::.丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::il:::::::::::::::::::::::::::}
 {       |:::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|l:::::::::::::::::::::::::::l
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ノ.::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::,
  、      !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八:::::::::::::::::::::/
   ≧  __丶:::::::::::::::::≦::::.ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::.ヽ::::::::::::::/
            ̄ ̄  丶::::::.\:::::::::::: - ―  ̄ ̄ l}´ ̄ ̄ ̄/
                \:::::.丶/        /.:     '

基本情報
陣営
役職系統 座敷童子系
実装バージョン Ver. 1.5.0 β16~

特徴

座敷童子の一種だが、能力的にはあまり関係が無い。
処刑投票時、自分への投票者が村人陣営だった場合は30%で痛恨を付与してしまい、
同時に処刑された場合は投票者の陣営関係なく30%で凍傷を付与する役職。

特殊な能力ではあり、一応痛恨を被投票で付与する能力は他に無いので真証明できないこともないのだが、
30%の付与から更に5%の痛恨が発生しなければならず、また対象がそれまでに処刑投票を受けていると鶴瓶落としなどの可能性も出る。
基本的に生きている間に真証明することは無いと考えていいだろう。

どちらかというと能力の後半、凍傷を付与する能力の方が重要。
指定展開などで紅葉神COした場合、『確定○および真証明済みの奴は右投票、それ以外紅葉神投票』という指示が出せる。
こうすることで紅葉神の真贋を判断しつつ、真証明できない連中を纏めて処理することも可能となる。

ただし、処刑された場合も痛恨付与能力は有効。真証明できない村人陣営に軒並み痛恨が付与されることは覚悟せねばならない。
総じてリターンよりもリスクが大きく、どちらかというと人外の騙り先として有効なのが現状。

どう騙るか

ということで人外の騙り枠として有効。
真証明はほぼ不可能で、かつ処刑されることにリスクがあるということで人外の必要な条件と合致している。
ただし、それ故に村側の警戒もかなり強く、リスクを承知の上で処刑されるというパターンも多い。
騙る場合はヘイトを稼ぐことを念頭に置いた上でにしよう。