うちはサスケ


                          ∧
                            ll /.::::::,|\
                         l::l/ :::::::::::::: ∨|
                        |\l:::::::::::::::::::::::::::: |//
                        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::厶イ
                        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                    /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                   /.: /..::::::|‐--‐|: |::|::::::::: |二_
                     ///:/| :::::|    |/|∧::::::l L,,__|─-ミ
                      |//l:::戈tix,  斗riテ:::ll:|   |   l\
                      |│ l:::::| ̄}   ̄ |::l l|    l    l  `、
                        八 l:: |、  __  |:l /   l    l  /⌒\
                       /   \l::| \_,,..'゙|l /   l   |: /   /  }-ミ
    |〉                 /      l| _ `ヽ      l    |/   / /⌒ `、
    |∧                       \  ̄      l __|__//     ',
    |/∧                         >─‐ \ ̄ ̄``丶、           |
   '//∧                ;        //\//∧        ヽ、         |
.   ∨/∧            |        | {_/ /´∨/∧        `¨¨¨¨¨    |
    ∨/∧              |        |  ^'‐{_,∠ -─ヘ,               /
.     ∨/∧          |        |   / |  |    :               /
      ∨/∧            |        |  /  |  |    |       、丶`` ̄
.       ∨/∧        |        | /   |  |\  |     、丶`|-ミ
        ∨/∧         ./|        |/    |  |  \L.、丶`   / .: |
.         ∨/∧       ./ :|        |_______L_ |  / _,,..、xヽ'^`.:.:.:. /
          ∨/∧      \|        | : :.:.:.:.:.:.:.:.:. |//..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /
.           ∨/∧       :|        | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
            ∨/∧      |        |_ :.:.:.:.:. /..:.:.:.:.:.:.:_,,..、 -‐=ニ二ヽ
.             ∨/∧     :|       |\ }}∠ -‐=ニ二二二二ニ=-‐-ミ
              ∨/∧    |      |__/^\_\二二ニ=-‐=ニ二二二二}
            ∨/∧   :|       :|_」‐-ミ|____',二二二二ニ=-‐ ''"⌒ヽ
                ∨/∧  |        |_」‐-ミ|__| ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
              ∨/∧ :|         :|_」‐-ミ|_」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 丶、 :.:.:.:.:.:.:.:,\
                  ∨/∧|       :|_」‐-ミL...」\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `'  ..,,_.:.:}\\
                ∨//|         |_」‐-ミ|_|.:.:..\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄`ヽ\\
                    ∨/|        |_」‐-ミ|___|.:.:.:.:.:..\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l\\\
                    /∨|        |、\ 厶ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:..\..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  \\\
                //〈|_      |_,>'^ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l    \\\
              / .: |__//\    | 八 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l      \,>′
                 /.:.:.:.:.:.L|\///7ァr-┘:.:..\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄\
             / .:.:.:.:.:.:|__∨\'///〉}.:.:.:.:.:.:.:..\ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\
名前:うちはサスケ 性別:男 原作:NARUTO
一人称:オレ 二人称:お前/アンタ 口調:男口調
AA:NARUTO/うちは一族/うちはサスケ.mlt
『NARUTO』のライバルキャラにして裏の主人公と呼べる人物。
主人公うずまきナルトと同じ班に回された、うちは一族最後の生き残りの少年で、
一族を滅ぼした兄うちはイタチへの復讐のために忍びを目指していた。
火遁と雷遁が得意で、写輪眼を目に宿し相手の動きを瞬時に模倣できる。

アカデミーでも主席を取る秀才であり、イケメンの為サクラを筆頭としたくノ一からもモテモテだったが、
その生い立ち故に斜に構えた言動が目立ち、人に心を許せずにいた。
しかし根は直情型であり、うちは一族特有の感情的になりやすい所がある。

大蛇丸に器として見込まれ、1部終盤で里を抜ける。
その後、大蛇丸を裏切って離反し、独立部隊「蛇」を結成(後に「鷹」に改称)
イタチを討つことに成功するも、一族滅亡の真実をトビから聞かされ
復讐心の対象を木ノ葉隠れの里そのものに向けることとなる。

その後も紆余曲折あって物語の狂言回しとして活躍したが、最終的にナルトとの一騎打ちを経て改心し、
大人になってからはサクラと家庭を持つと同時に争いの火種を潰す為に尽力することとなる。

ネット上では2部以降の強烈すぎるキャラでのイジリ(「Revolution」「キー」「やめろォ!」他)やコラ画像、
或いは「邪神」と称される某玩具などでのネタ*1が恒例化している。
キャラ紹介 やる夫Wiki Wikipedia MUGENWiki アニヲタWiki ニコ百 ピクペ

登場作品リスト

タイトル 原作 役柄 頻度 リンク 備考
シロスケェ! Fate 士郎に憑依転生した主人公 まとめ R-18
満開のユウナ!! 金色のガッシュ!! 清麿役 まとめ 完結
騎士やる夫物語~円卓の騎士~ SDガンダム外伝 灼騎士ガンダムF91役
義姉の銀騎士フェイトを裏切者と憎む
まとめ 完結
ガラル地方でチャンピオンになったやる夫は、
今度はパルデアに行くそうです
ポケットモンスター
スカーレット&バイオレット
イタチの弟 まとめ R-18

短編

タイトル 原作 役柄 リンク 備考
+ タグ編集
  • タグ:
  • NARUTO
  • うちは一族
  • 木の葉の里
  • 男性
  • 週刊少年ジャンプ
  • ライバル
  • 父親
  • 少年
  • 忍者
  • 抜け忍
  • 剣士
  • リーダー
  • 裏切者
  • 復讐者
  • 激情家
  • クール
  • 黒髪
  • 火・炎属性
  • 雷・電気属性
  • CV:杉山紀彰
  • mlt数1以上
  • 主人公作品あり
  • 魔眼
  • 着物

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年06月12日 19:23

*1 なお、そのAAもある。