アスラ王

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


        /                /:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
        l         ___    /:.:∠二`ヽ:.:`__
      l       ,. '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>{/--ニ> '´      ̄ ` 丶 、
        ヽ   /:.:.:.:.:.:.:.:.:- 、:.:.:.:.:.:ヽi:.}ヽ、           __  \
     ,. - ‐...`/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ヽ` ー- __ -‐'´_:.:.:.:.:.:. ̄ `ヽ
   /:./:.:.: /:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:l、:.:.:.:.:ヽ:.ヽ:.:.:l:.:.:.l:.:.:lヽ    \- :.:.:.:.: ̄...─... ̄...─.. _
  ///:.:./:.:/:.:l:.:.l:.:.:l:.|:ト、ヽ:.:.:.l:.:.:\:l:.:.l:.:.:.l:.:.:.lヽ\ _ \:.─... :.:.:.:.:.:.:. ̄......──--...
 /. /:.:./:.:.:l:.:.:l:.:.|l:.:.:l:.l:.l ヽ:\:l:.:.:.:.:l_l_ l:.:.:.:l:._:.l \:.\ ̄、:.:.:.:.:.:.: ̄:...─.. _:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    l:.:.:l:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.l:ヽ:.lヽl \  ´伐;゚乃 l:.:.:l>i|   ヽ:.\_ ` ー :.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:. -
   l:.:.:l:.:.:.:l:.:l:.:ヽ:.l 弋:.N \ `  込ツ} l|:.:l:l/     `ー 二ニ─    /  ̄:.:.:.:.:.:.:./
   l:.:.:l:.:.:.:.l:.:ヽ:.:\ /仰゚ヽ      ゞ‐ ´ リ:.l        __        /:.:.:.:.:_ -‐ '
  /l:.:.|l:.:.:.:.l:.:.:ヽ:.:.ヽl V}.Zj  ,     /l:.l_  /     `ヽ、/:.:.:.:.:./
. /   !:.l l:.:.:.:.i、:.:.:\:.:ヽ ゞ'′ _ ノ    /´l:l ̄l:l /         ヽ_ :./
. /   ヽl ヽ:.:.l ヽ:.:.ヽヽ:.l 、       /ス リ  ,l:l'     _     ヽ
│ /l:.l  /ヽ:l  \l \lヽ  ̄l二´ /;;;;;ト / {i    / _ -- ヽ    l
.l / l|:.:l /  ヽ    /  ヽ /l;;;l l l;;;;;;;;;;l l:l  l   l / _ - ( )ヽ   l
l/  l:l:.:.:l/      _\ _  l〈7;r ' ^i;;;;;;ヽl:ー l   l l /    _   l /Vヽハ/V
    l:l:.:.:.l       /   ` Y ヽト、〉;;7l´l;;;;;;; _ヽ  、  ヽl /  ̄::::::::::: ̄ヽ、  ̄ ̄ ̄ `
   l:l l:.:.:.l      l    __,. -,,,,;;;;;;;;/ /;;; /  ヽ  ヽ、 /::::::: _ -/´ ̄`ー-.,、 __
.  l:l l:.:.:l、     l   l:l/;;;;;;;;;;;;;;/ /;;;//    ヽ  l:l l::::::/;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;( __ 〉 __
  l:l  l:.:.:l::. ー─ l _l/_--_ -、;;;;l l;;;;//     ヽ l:l l::::/ l;;; l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ
  l:l  ヽ:l:::::::::::/ /  l´    `ヽ、l l//       ヽ:l l:::l l;;;;;;;;;;;;;;;;─ ' ;;;;;;;;;l、
  l:l    `ー/ /   l         i::l:ヽ、    / ヽl:::l \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; _,.イノヽ
  l:l      ヽ /  r ヽ        l::::l::::: ` ー ´     lヽl  〉、_,. ィ' i _l \ \
  l:l       ヽ  \ ` ー-‐ ' {::::::l::::::/       l `ー/‐、ハ -l l´ !  \_l
.  l:l        `ー r─-l l:l  l  ヽ、::l:::l         7l 〈_/  | l l l
   l:l     r 、 l\ l::::::::::l l:l  l   l:::l:::l        //:::::::l `l: l l._ l l
   l:l  lヽ | _丶 - '^iー‐ l 。l:l /ヽ   l:::l:::l      //::O::/   l:し'  し' `ー-、_
【名前】 高町なのは(19歳)
【読み方】 たかまちなのは
【種別】 悪魔/天魔
【名称】 アスラ王
【Lv.】 71
【現状】 教官に
【初登場】 lastday
【出典AA】 魔法少女リリカルなのは


【人物】

『人修羅』から『伯爵』が預かった9柱の超高位悪魔の一体。
阿修羅王と呼ばれる方が一般的か。プギーとは本体(ヴィシュヌ)を同じくする分霊同士。
火炎相性と万能相性の攻撃魔法を得意とし、夜神月に会おうとするやる夫を倒すために『伯爵』が召喚し蒼星石と戦闘に入る。
だがその途中で高次元介入してきたやらない夫の影響と、『人修羅』の声を『伯爵』が無視したことに反感を持ち、彼らに反旗を翻した。

その後やらない夫の部下となり、戦場よりも教官としての才を見出され、教鞭を握った。
だが、彼女の教育方法はスパルタ過ぎたため、脱落者が続出。

アスラ王の問題は常にすべてが正しく、かつ、ダッタトレーヤー自身彼女に借りがあるため、誰も強く言えないと言う立場にあった。
かくして、しだいに孤立が進んでいく中、彼女に転機が訪れる。

それはシヴァが拾ってきた戦災孤児だった。

その少女との交流がアスラ王に慈悲の側面を思い出させ、少女を通じ、アスラ王と周囲の関係はしだいに軟化していったという。

その後、アスラ王は部下とも和解。しかし、教鞭を握った際の鬼軍曹っぷりは相変わらずで敵よりも味方から恐れられたとされている。

最終更新:2010年04月05日 14:49
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。