パワプロ > 高卒ルーキーの俺達がツバメ軍団を日本一に導く・Part4

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前回までのあらすじ

前半戦を見事に惨敗してしまったスワローズ。
オフに向けて少しでもいい結果を残したいチームは、残りの後半戦を一気に駆け抜ける。
順位?知らんな(白目)





プレイ記録

後半戦に向けて、打順をまたちょっとだけいじる。
とりあえず後半開幕戦は、
1 鬼崎 セカンド
2 六道 キャッチャー
3 宮本 ショート
4 ガイエル レフト
5 宮出 レフト
6 野村 サード
7 ヒロシ ファースト
8 三輪 センター

投手陣もさして変わらないし…。とりあえず、後半戦は全スキップ!





で、順位表。


まあ103敗…103敗だけど、それでも奮闘した方だと思います。ええ。


月別では、9月は何と勝ち越した模様。いけるやん!
あとで1ゲーム記録も見ましたが、なんか11連勝してたみたいです。露骨な調整乙

タイトルはもう写真は省きますが、セ・リーグは内海が投手四冠やってます。
あとスキップで気が付かなかったけど、山本が9月度投手月間MVP。それと、六道が捕手ゴールデングラブを受賞した模様。

チーム野手・投手成績はそれぞれこちら。



…まあ、でしょうね。



個人成績は、前回写真で取ったけどクッソ効率悪かったような気がするので、めんどくさいですが手書きで。
まずは野手。左から打率(打数-安打)、本塁打、打点。OPSは15では載っていないしめんどくさいんでやりません。
ちなみに宮本が通算200二塁打達成してます。そしてタロウ以外は全試合出場してます。

六道 .305(577-176) 03 33
宮出 .290(562-163) 12 66
ヒロ .261(513-134) 00 40
鬼崎 .240(587-141) 00 26
宮本 .291(592-172) 02 34
野村 .249(559-139) 09 45
ガイ .257(545-140) 28 85
三輪 .203(541-110) 00 39※規定打席到達選手中最低打率
タロ .227(132-030) 00 06

野村は高卒1年目のレギュラー遊撃手って考えてこの成績だとすごくロマンあるよね。
個人的には、宮出が想像以上に活躍してくれた。宮本、ガイエルはまあこれくらい。
オールGのヒロシがここまでやるのは想定外でしたね。なおアヘ単の模様。



続いて投手陣。
左から登板、防御率、投球回、勝-敗-セーブ-ホールド、奪三振

由規 29 5.02 206.0 6-17-00-00 133
ガー 25 4.04 167.0 5-13-00-00 104
ジョ 22 4.01 134.2 3-12-00-00 102
あお 70 7.62 132.1 1-14-04-15 097
松永 22 3.42 131.2 6-07-00-00 053
みず 70 5.95 128.2 2-10-10-09 106
山本 48 3.77 124.0 7-07-03-03 070
フィ 19 3.22 117.1 5-08-00-00 084
星野 70 4.90 093.2 3-11-05-13 048

うーんこの焼き野原。由規のこれって一昔前の暗黒球団のエースだな。
あおいとみずきは揃って酷使され無事炎上した模様。起用法がまともでも、球速がモノを言うパワプロ15ではあんまり活躍はしてくれなさそうな気がします。





契約更改は、とりあえず全員公開。削れるところは削りたいのでオールGのヒロシとタロウは無慈悲に最低の440万円で更改する模様。
ヒロシとタロウの無慈悲な更改にジョシュアがスランプに陥ってしまったらしい。しゃーない。

続く自由契約では、






投手では埼玉西武から先発枠で帆足和幸を、阪神から中継ぎ補強で阿部健太を獲得。
野手は捕手の穴埋めに横浜から斉藤俊雄、内野手の補充に中日の新井良太と森岡良介を獲得。
全員20代で、帆足以外はのびしろのある選手です。余談ですが、阿部は一回岩隈みたいな能力に成長させたこともあります…w

そして、海外留学では新井を早速派遣。ガイエルの後釜となり宮出と並ぶ大砲になるべく鍛錬を積んでもらいます。

次回はドラフトからスタート。新戦力ウェルカムウェルカム~!



最終更新:2014年07月14日 01:07