パワプロ > 高卒ルーキーの俺達がツバメ軍団を日本一に導く・Part13

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前回までのあらすじ

2009年シーズンは、最終戦で勝利したことにより奇跡的に5位でフィニッシュしたスワローズ。
2010年シーズンはさらに上を狙います。





プレイ記録


シーズン開幕となる3月27日、早速トレードを仕掛けます。


とりあえず能力高い野手をよこせぇ!ってなわけでこんなトレード。
若手が欲しい球団なら飛びついてくれるはず(願望)


…とりあえず成功です。この金子洋平、昨年戦力外から福岡ソフトバンクに拾われて早速トレードと言うことになります。なんだかな。
金子の能力はこんな感じ。


パワーが魅力の長距離砲。代打としての活躍に期待。

さらにトレードを仕掛けていき…ましたが、トレードを申請しては断られの繰り返しで、6月には挫折。
向こうから来ることは特にありませんでした。
まあ、一度阪神から斉藤←→岩田稔・福原忍を持ちかけられましたが、あまりに2人が高年俸だったために断念しました。

一方、外国人選手では5月18日に、


レイド外野手(20)を獲得。とにかくがんばってくれ。ちなみに能力全判明後は、

弾道3 ミートF/5 パワーC/100 走力C/10 肩力D/9 守力C/10 エラー回避E/7
特殊能力…ケガしにくさ4

こんな感じになりました。
そして7月下旬にスランプに陥り、パワーが一気にF/51まで下がりました。
ミートも1下がっています。来季は…ないな。たぶん。


他球団の人事異動はこんな感じ。
4/01 中日西川明・川井進←→千葉ロッテ里崎智也
6/22 巨人光原逸裕・村田透←→オリックス塩崎真

???「ようやくホクロ豚が消えたか。やったぜ」





ちなみに開幕スタメンはこんな感じ。


結果。


惜敗…。

それでは、試合は表に組んで一気に見ていきましょう。

日程 スコア 相手 責任投手 セーブ投手 コメント
4/4 0-2 阪神 由規 由規6回途中2失点の好投も、打線が援護なく開幕は黒星スタート
4/5 5-10 ガーシュイン 先発ガーシュインが4回途中5失点で大炎上、2連敗
4/8 4-2 広島東洋 帆足 みずき 4回に宮出1号3ランで逆転、ホーム開幕戦で今季初勝利
4/9 5-8 フィリップ 一度は宮本タイムリーなどで逆転するも、7回にフィリップが大誤算5失点
4/10 4-1 ジョシュア みずき 初回に先制を許すも、6回に代打新井のタイムリーなどで逆転に成功
4/11 1-3 中日 由規 由規HQS達成も、援護なく勝ち星付かず
4/12 3-11 ガーシュイン 終盤に7失点を喫するなど、投手陣崩壊で連敗
4/13 2-3 山本 同点の9回に山本が痛恨の決勝点献上。ホームで3タテの憂き目に遭う
4/14 あおい登録、星野抹消
4/15 4-2 横浜 上園 阿部 初回ガイエルタイムリー、9回新井タイムリーなどで4点を追加。最後はみずき炎上も阿部が締める
4/16 7-3 ジョシュア 中盤に森脇の3打点などで5得点をマーク。ジョシュアは順調に2勝目
4/17 9-11 由規 先発由規が2回途中7失点の大乱調。いいところなく今季3連敗
4/18 8x-7 阪神 みずき 4回に5失点するも、7回に4得点で同点に。ルーズヴェルトゲームを、延長12回にガイエルのタイムリーで制す
4/19 5-4 帆足 みずき 同点の4回に帆足スクイズを足掛かりに3点を先制。終盤救援陣が打たれるも逃げきって連勝
4/20 3-8 上園 先発上園が古巣相手に初先発も5失点KO。打線も手が出ず、3タテはならず
4/21 山口・庄田昇格、ジョシュア・福村抹消
4/22 2-4 広島東洋 阿部 一度は生田タイムリーで同点に追いつくも、救援陣が誤算で連敗
4/23 7-3 山本 7回に同点に追いつかれるも、森岡・山﨑のホームラン攻勢で逆転勝利
4/24 5-8 ガーシュイン 序盤にガーシュインが7失点したのが運のツキ
4/25 4-10 巨人 帆足 先発帆足が5回に一挙4失点。救援陣も打たれ大敗
4/26 1-4 上園 初回に2失点を喫するなど、投打が噛み合わず3連敗
4/27 0-3 山本 7回まで互いに得点許さずも、救援陣が3失点。カード3タテを喫し4連敗
4/28 松永・金刃登録、ガーシュイン・秋原抹消
4/29 3x-2 横浜 金刃 7回に山﨑5号HRなどで追いつき、最後はガイエルが劇的なサヨナラタイムリー!連敗ストップ
4/30 4x-3 みずき 最終回まで2点ビハインドも、山﨑タイムリー・新井内野ゴロで3点を挙げ2日連続のサヨナラ勝利
4月月間9勝13敗、首位巨人と9.5ゲーム差の5位

日程 スコア 相手 責任投手 セーブ投手 コメント
5/1 5-6 横浜 みずき 中盤に2点リードも8回に追いつかれ、延長で力尽きる。3夜連続のサヨナラはならず
5/2 2-1 中日 金刃 みずき 一度は同点に追いつかれるも、6回に森脇のタイムリーで勝ち越し!最後はみずきが締めて4セーブ目
5/3 10-1 松永 終盤に宮出3号満塁弾などで一挙8得点。先発松永は今季初勝利
5/4 5-1 由規 同点の4回に森脇が決勝のタイムリー。先発由規が7回途中1失点の好投で今季初勝利
5/5 福村登録、羽生抹消
5/6 2-5 巨人 帆足 1回に先制を許すと、森脇にプロ初HRは出るが一度もリードを奪えず。先発帆足は2敗目
5/7 1-4 上園 先発上園は2回までに4失点を喫して降板。打線も1点しか奪えず対巨人戦5連敗
5/8 3-7 ジョシュア 序盤と終盤にそれぞれ3、4失点。3タテを食らい巨人戦6連敗
5/9 金子登録、笠木抹消
5/10 2x-1 中日 山本 7回に森岡タイムリーで先制、同点に追いつかれた直後の延長10回に宮本が意地のサヨナラタイムリー!
5/11 4x-3 5回に三輪がプロ初HR、最後は代打庄田が劇的サヨナラタイムリー!
5/12 8-1 帆足 森岡2号・宮本1号・山﨑7号のホームラン攻勢で中日を圧倒、帆足3勝目
5/13 0-2 阪神 上園 上園6回途中1失点の好投も、打線が援護できず
5/14 2-3 阿部 7回に同点に追いつくが、阿部が8回に痛恨の被弾
5/15 3-4x みずき 最終回に森岡犠牲フライで逆転に成功するも、抑えのみずきが代打桜井に逆転サヨナラ被弾
5/16 2-3 横浜 由規 2回に先制も、競り合いの末最後は1点差で惜敗。由規4敗目
5/17 3-5 山口 ガイエルが2HR・通算100HRで奮闘するも、2番手の山口が誤算で5連敗
5/18 4-9 帆足 先発帆足が2回持たずノックアウト。9失点で3タテを食らい6連敗
5/19 レイド登録、金子抹消
5/20 3-7 広島東洋 上園 レイドが早速来日初HRを放つも、投手陣が中盤に崩れ7連敗
5/21 4-0 ジョシュア 6回にガイエル6号HRなどで4点を先制。ジョシュアからあおい・山本・山口とつないで今季初の零封勝利
5/22 4-5 みずき 8回まで4-0も、阿部・みずきが最終回に計5失点でまさかの逆転敗北
5/23 5-2 巨人 由規 みずき 初回に宮出タイムリーなど打者一巡の攻撃で一挙5点を先制。由規は2勝目をマーク
5/24 0-3 帆足 先発帆足は6回1失点の好投も、打線がゼロに抑え込まれる
5/25 1-7 上園 初回に3失点を喫するなど、投手陣が崩れ7失点で連敗
5/26 ガーシュイン・秋原・笠木登録、上園・金刃・福村抹消
5/27 1-2x 千葉ロッテ 秋原 7回に山﨑8号2ランで同点に追いつくも、延長12回に秋原がサヨナラ打を浴びる
5/28 1-2 阿部 6回に同点に追いつくも、8回に阿部が救援失敗。4連敗
5/30 9-5 オリックス 由規 序盤4失点も、4回に庄田1号・山﨑9号満塁HRなどで大量7得点。逆転で連敗ストップ
5/31 2-5 帆足 序盤に5失点を喫し、そのままずるずると行かれる。帆足5敗目
5月月間9勝17敗、首位阪神と15ゲーム差の最下位

日程 スコア 相手 責任投手 セーブ投手 コメント
6/1 1-1 北海道日本ハム 2回に先制されるも、直後に宮出4号HRで追いつく。その後は投手戦の末引き分けに
6/2 1-7 松永 3回に3失点するなど、投手陣がピリッとせず
6/3 小谷・鬼崎登録、秋原・笠木抹消
6/4 3-4 福岡ソフトバンク 小柳 小柳プロ初先発も5回途中4失点とプロの洗礼。終盤の追い上げも追いつかず
6/5 6-4 由規 1点ビハインドの4回に六道・米川のタイムリーなどで逆転。先発由規は4勝目
6/7 5-5 東北楽天 3回までに4点を先制するも、9回にあおいが救援失敗
6/8 4-1 ジョシュア 宮出6号HR・山﨑11号HRで突き放す。ジョシュアは完投4勝目
6/10 2-3 埼玉西武 松永 2回にレイド2号HRで逆転するも、5回に松永が逆転被弾
6/11 3-5 小谷 7回に宮本2号HRで勝ち越しも、その裏に2番手小谷が炎上。連敗を喫する
6/12 上園・フィリップ・小坂登録、小谷・ガーシュイン・福村抹消
6/13 11-5 オリックス 由規 4回に宮出タイムリーなどで逆転し、終盤には大量8得点
6/14 5-7 帆足 初回に宮出8号満塁弾で先制も、先発帆足が炎上し敗北
6/15 2-3 千葉ロッテ 上園 3回にガイエル犠飛で先制も、7回に上園が救援失敗、連敗
6/16 2-6 松永 初回に松永が3失点、勢いを削がれ打線も2点どまり
6/18 3-2 北海道日本ハム 小柳 あおい 1点ビハインドの5回に宮本が決勝の3号2ラン。小柳はプロ初勝利
6/19 3-2 フィリップ 新井が5回に1号ソロ、最終回には2号2ランで勝利に大きく貢献。あおい3セーブ目
6/20 金子登録、鬼崎抹消
6/21 11-4 福岡ソフトバンク 帆足 森岡3号・宮出10号・山﨑13、14号のホームラン攻勢で大量11得点。帆足4勝目
6/22 6-4 フィリップ あおい 一度は同点に追いつかれるも、延長12回に生田が意地の決勝タイムリー
6/24 4-5 埼玉西武 山本 8回までリードを保つも、9回に悪夢の3失点。連勝ならず
6/25 1-1 2回に山﨑16号HRで先制も、7回に同点に追いつかれる。その後は決め手を欠き引き分け
6/28 7-3 東北楽天 由規 あおい 2回に生田3号満塁弾、8回にはレイド・新井の連打で計7得点。由規は6勝目
6/29 6-3 帆足 あおい 先制された直後に帆足のスクイズで勝ち越し。新井3号・山﨑17号HRで突き放して交流戦連勝フィニッシュ
6/30 秋原・小坂昇格、上園・金子抹消
6月月間9勝8敗3分け、首位阪神と18.5ゲーム差の最下位



ちなみに交流戦の順位表はこんな感じ。


今年は健闘しました。なお、首位は阪神だった模様。
メタいことを言うと、パワプロ15の阪神は「Vやねん!」のせいでえらく能力が高いしオーペナを回すと5連覇はザラです。



日程 スコア 相手 責任投手 セーブ投手 コメント
7/4 4-3 巨人 みずき あおい 3点ビハインドの中盤にガイエル、宮出、宮本のベテラン勢がタイムリーを放って逆転に成功
7/5 1-0 松永 4回の宮出犠飛で挙げた虎の子の1点を松永→あおいで守りきる
7/6 6-5 フィリップ 終盤シーソーゲームも、代打六道の逆転タイムリーでけりをつける
7/8 5-4 中日 あおい 山口 8回にフィリップ救援失敗も、延長12回に代打六道が決勝の犠牲フライで6連勝
7/9 3-9 帆足 先発帆足が初回に大量5失点。態勢を立て直せず大敗
7/11 7-5 横浜 秋原 あおい 一度は逆転を許すも、5回に生田のタイムリーなどで逆転に成功。そのまま逃げ切って秋原今季初勝利
7/12 0-0 両軍合わせて14安打の攻防戦もスコアレスドローに終わる
7/13 上園登録、松永抹消(肉離れ)
7-4 横浜 由規 あおい 中盤から終盤にかけて斉藤1号・ガイエル11、12号を含む6点を追加。由規は7勝目
7/14 笠木登録、福村抹消
7/15 5-3 阪神 帆足 あおい ガイエルが13号HRを含む3打点で勝利に貢献。帆足6勝目、あおい12セーブ目
7/16 1-2 ジョシュア ジョシュア6回途中2失点の好投もムエンゴに泣く。連勝ストップ
7/17 1-3 小柳 初回ガイエルタイムリーで先制も中盤に3失点。連敗でカード負け越し
7/18 3-4 広島東洋 山口 7回まで2点リードも、2番手の山口が誤算の3失点
7/19 1-3 由規 3回に先制も先発由規が粘れず3失点。そのまま逆転負けで4連敗
7/20 7-3 帆足 序盤にガイエル14・15号連発で4点をリード。そのまま逃げ切って連敗ストップ
7/21 羽生昇格、笠木抹消
7/22 6-5 中日 山本 あおい 両軍合わせて27安打の乱打戦も、最後は暴投で決着。ガイエルが1試合3HR
7/23 2-1 あおい 延長11回の激戦に宮出が犠飛でケリをつける。あおいは負けなし2勝目
7/24 3-4 上園 一度は同点に追いつくが、直後に再びリードを許す。そのまま追いつけず連勝ストップ
7/25 4-10 横浜 由規 先発由規・2番手阿部が6回に大炎上。2ケタ失点で連敗
7/26 5-2 帆足 あおい 序盤にガイエル19号HRなどで4点を先制。帆足はチームトップの8勝目
7/27 3-10 ジョシュア 6回にみずき・阿部が大炎上。秋原もアウトを取れずに2失点
7/28 2-4 阪神 山口 7回に同点に追いつくも、8回に山口が勝ち越しを許す
7/29 5-4 山本 あおい 初回に4点先制されるも、7回にガイエル・山﨑・レイドで4点を返し延長10回にガイエルが決勝タイムリー
7/30 2-3x 3回に山﨑タイムリーで先制も、救援陣が期待に応えられずサヨナラ負け
7/31 松永登録、上園抹消
7月月間12勝10敗1分け、首位阪神と21ゲーム差の4位





7月月間MVPはダブル受賞となりました。やったぜ。



日程 スコア 相手 責任投手 セーブ投手 コメント
8/1 5-2 中日 山本 あおい 序盤に先制されるも、同点に追いついて8回に新井の7号3ランHRで勝ち越し
8/2 1-3 あおい 2回に先制もすぐに追いつかれ、延長にもつれ込んだ末あおいが救援失敗で敗戦
8/3 7-2 小柳 新井8号・ガイエル20号・山﨑20号のHR攻勢で大量7得点。先発小柳は2勝目
8/4 0-2 巨人 松永 先発松永好投も、相手先発ノックの前に打線が沈黙。零封を喫する
8/5 4-5 由規 先発由規は3回途中2失点で降板。救援陣も打たれ、連敗
8/6 笠木登録、福村抹消



前半戦を終えての順位表はこちら。


4,5月と完全に出足は躓きましたが、交流戦に入ってから持ち直してきましたね。
後半戦は野村が帰ってくるので、そのプラスアルファの勢いに期待です。

そして、オールスターへと続きます。オールスター出場選手とその結果については次回。
個人成績も次回となります。

最終更新:2014年07月28日 03:52