パワプロ > 高卒ルーキーの俺達がツバメ軍団を日本一に導く・Part20

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前回までのあらすじ

4月を月間勝ち越しで終え、開幕ダッシュ…とはいかないまでも好調なスタートを切ったスワローズ。
昨年善戦した交流戦を迎え、さらに山場の7月を乗り切るためにさらに戦っていく。





プレイ記録

前回「もうトレードはしないかも」って言ってたけど、あれは嘘だ(
先発を任せられる、スタミナのある投手が足りなくなったので再びトレードを申請。阿部・羽生で先発を任せられる投手を狙います。


成功です。上のトレードで獲得した選手がこちら。


プロ1年目…つまりルーキーの笹岡投手。パワプロはルーキーでもトレードが可能ですからね…。
ただこれはちょっと育てがいのある能力。27歳と高齢ではあるけども、どこまで能力を伸ばせられるかな?



そして、交流戦用のDH有り(開始時)のオーダーは↓の通り。
1 宮本 ショート
2 赤田 センター
3 野村 サード
4 山﨑 DH
5 岩野 ファースト
6 ガイエル ライト
7 宮出 レフト
8 六道 キャッチャー
9 森岡 セカンド




試合結果は下記の通りです。

日程 スコア 相手 責任投手 セーブ投手 コメント
5/26 7-8x オリックス 山本 2回、7回に逆転するも投手陣が踏ん張りきれず。最後は山本がサヨナラヒットを食らう
5/27 8-1 上園 3回に先制、4回にも3点を追加しペースをつかむ。最後は野村6号3ランでダメ押し
5/29 10-7 東北楽天 金森 山口 両チーム合わせて17得点27安打の打撃戦を制する。金森は移籍後初勝利
5/30 1-0 由規 由規、地元凱旋登板で8回無失点の好投。5勝目を挙げる
5/31 3-4 北海道日本ハム ジョシュア 3回から5回にかけて4失点を喫し、反撃も及ばず。宮本5号HRが空砲に
5月月間12勝12敗(ゲーム差は記録忘れ)
6/1 5-3 北海道日本ハム 小柳 山口 2点ビハインドの5回に宮出2号ソロで同点に追いつき、野村タイムリーで勝負を決める。小柳3勝目
6/2 笹岡・福村登録、松永・庄田抹消
6/3 6-5 福岡ソフトバンク 金森 山口 序盤からシーソーゲームの展開も、最後は宮出が2戦連続の3号ソロで勝負あり
6/4 2-4 あおい 笹岡移籍初先発で6回2失点の好投も勝ち星付かず。最後はあおいが被弾で敗戦
6/6 5-3 埼玉西武 由規 山口 2点ビハインドの8回に5連打集中。最後は宮出4号3ランで勝負あり
6/7 4-3 ジョシュア 金森 宮本6号・野村8号・山﨑15号のホームラン攻勢でジョシュアを援護。金森移籍後初セーブ
6/9 3-10 千葉ロッテ 小柳 先発小柳が初回6失点の大炎上。惨敗
6/10 8-5 みずき 山口 逆転された直後の6回に宮出5号HR、宮本・赤田・山﨑タイムリーで逆転に成功
6/11 向井・レイド登録、小柳・福村抹消
6/12 5x-3 東北楽天 山本 6回に六道タイムリーで先制、8回に追いつかれるも最後は宮出が劇的サヨナラ弾
6/13 3-2 金森 山口 宮本・山﨑のベテラン勢で3打点。接戦を制し3連勝
6/14 8-5 オリックス 永江 永江、2度目の先発で2勝目。打線は野村が1HR、宮本・六道が2打点の活躍
6/15 3-5 上園 先発上園が2回に4失点。反撃及ばず連勝ストップ
6/17 7-5 北海道日本ハム 笹岡 山口 序盤に宮出7号満塁弾などで7点先制。相手の猛攻を何とか凌ぎ、笹岡プロ初勝利
6/18 2-2 先制、勝ち越しをマークはするも土壇場で追いつかれ引き分け
6/19 帆足登録、あおい抹消
6/20 4-3 福岡ソフトバンク みずき 山口 3回山﨑20号ソロで先制。一度は逆転されるも、8回に4連打で逆転に成功
6/21 4-2 山本 宮出が1試合3HRを記録。山﨑にも21号HRが飛び出し、ベテランの活躍で勝利をもぎ取る
6/23 4-0 千葉ロッテ 笹岡 初回山﨑22号3ランで先制、2回に赤田がタイムリー。笹岡は7回零封で2勝目
6/24 0-1 帆足 一軍復帰の帆足が6回1失点の好投も、ホームが遠く。スミ1完封を食らい連勝ストップ
6/27 0-2 埼玉西武 由規 涌井vs由規のエース対決は投手戦の末敗北。2試合連続の零封負け
6/28 2-3 ジョシュア 15安打を放ちながらわずか2得点の拙攻。3連敗で交流戦フィニッシュ
6/29 松永・森脇登録、ジョシュア・レイド抹消
6月月間12勝6敗1分け、首位阪神と7.5ゲーム差の3位




山﨑が5月度月間MVP受賞。元気すぎるおっさんである。このままずっとがんばってね。

なお、最終戦でジョシュアがアキレスけん痛を訴え戦線離脱。先発ローテが…。


交流戦の成績がこちら。
規定により今季交流戦は2位と言うことになります。最後の3連敗がなければ…ぐぬぬ。


6月月間MVPは野手で宮出が受賞。交流戦でここ2年不振だった分を取り返すような活躍を見せていましたからね。
6/21の福岡ソフトバンク戦の1試合3ホーマーは、結果を見たとき一瞬我が目を疑いました…w





日程 スコア 相手 責任投手 セーブ投手 コメント
7/4 1-5 横浜 笹岡 先発笹岡は5回3失点も、3番手向井が誤算。打線は1点のみに終わる
7/5 6-2 帆足 先制された直後の6回に宮本・山﨑が、続く7回には野村がタイムリー。連敗ストップで帆足今季初勝利
7/7 4-2 巨人 向井 山口 序盤に逆転を許すも、7回に新井・宮本タイムリーで勝ち越し。向井プロ初勝利
7/8 6-1 由規 初回に山﨑・新井連続弾で先制、その後も小刻みに加点。由規は完投勝利で7勝目
7/9 7-2 上園 一時は先制を許すも、3回に5連打と上園自らのタイムリーで一気に逆転。最後は新井3号2ランでとどめ
7/10 5-1 中日 笹岡 山口 六道タイムリーで先制、岩野3号3ランで中押し、宮出犠牲フライでダメ押し。4回で勝負を決め5連勝
7/11 1-2x 山口 1点を争う展開は9回の土壇場に一時は同点に追いつくも、抑えの山口が延長10回に打たれ敗戦
7/12 1-3 松永 松永は4回まで好投も5回に崩れる。打線も1点どまりでカード負け越し
7/13 山下・レイド登録、森脇・笠木抹消
7/14 2-1 阪神 由規 山口 六道が2回内野ゴロの間に先制、同点に追いつかれた後の4回にはタイムリーで勝ち越し。由規8勝目
7/15 6-3 上園 序盤に新井4号3ランなどでリード。阪神の攻撃を凌いで連勝を飾る。山口20セーブ目
7/16 3-4 山本 接戦に持ち込むも競り負け、救援陣粘り切れず
7/17 4-1 広島東洋 帆足 山口 初回岩野タイムリーで先制、4回六道タイムリーで勝ち越し、7回に野村11号2ランで勝利を決定づける
7/18 5-3 金森 シーソーゲームとなった展開を見事制する。新井2打点の活躍、金森は4勝目
7/19 4-8 両軍合わせて30安打の乱打戦も、同点の最終回に救援陣が大炎上。3タテならず、連勝もストップ
7/20 ジョシュア登録、向井抹消
7/21 1-2 横浜 金森 一度は岩野5号ソロで追いつくも、延長で金森が痛恨の救援失敗
7/22 5x-4 山口 一時は2点のリードを許すもすぐに追いつき、最後は宮本が会心のサヨナラ打
7/23 2-1 笹岡 山口 1点ビハインドの6回に代打ガイエルが勝ち越しの5号2ラン。そのまま逃げ切って連勝
7/24 6-1 巨人 帆足 打っては14安打6得点、投げては帆足6回1失点の好投で巨人を圧倒
7/25 8-10 金森 一時は7点リードも投手陣が総崩れ。7回に5失点を喫し大逆転負け
7/26 4-4 9回までに3点をリードするも、勝利目前で山口が救援失敗。後味の悪い引き分けに
7/27 3-2 阪神 由規 山口 先制は許すも野村、森岡のタイムリーと相手のミスで逆転。由規9勝目をマーク
7/28 4x-3 山本 抜きつ抜かれつのデッドヒートも、最後は赤田が執念のサヨナラ打
7/29 6-4 笹岡 山口 先制された直後に赤田タイムリーで勝ち越し、その後も小刻みに加点。逃げ切ってカード3タテ
7/30 あおい・横西登録、松永・山下抹消
7/31 4-6 巨人 山本 終始主導権を握られる苦しい戦いに。ガイエル9号HRも空砲となってしまう
7月月間15勝8敗1分け、首位阪神と4ゲーム差の3位
8/1 6-0 巨人 ジョシュア 序盤、中盤、終盤と効果的に得点。ジョシュアは3安打完封で6/7以来の勝ち星、9勝目
8/2 5-1 由規 同点に追いつかれた後の5回に岩野・六道が勝ち越しのタイムリー。由規は完投で10勝目
8/3 2-10 横浜 上園 救援陣がまさかの大炎上で連勝ストップ
8/4 7-5 笹岡 山口 終盤に岩野6号2ラン、ガイエル10号ソロ、野村タイムリー・新井犠飛で畳み掛け逆転勝利
8/5 村田・笠木登録、秋原・レイド抹消


8/2に村田が海外留学から帰国。


つよい(確信)
後半戦の先発ローテを担ってもらいましょう。

そして前半戦終了時の順位表がこちら。


高レベルな首位争いにしっかりついてきています。上位の阪神、巨人を今年はそこまで苦手にしていないので、後半戦の戦い方次第では行けるところまで行けると思います。
はっきり言って、優勝狙えると思います。



オールスターには歴代最多となる7人(由規・ジョシュア・山本・山口・山﨑・野村・宮本)が選出。
1戦目は3-5でパの勝利、2戦目は10-2でセの勝利でした。

前半戦までのめぼしい選手の成績を挙げると、
投手では先発で由規が10勝、ジョシュアが9勝。途中移籍の笹岡が6勝を挙げる活躍を見せています。
中継ぎ・抑えでは山口が26セーブ、山本が19ホールド(22HP)。
野手は規定打席到達者で六道が打率.370、山﨑が.362。岩野、宮本、宮出も3割に乗っています。
ホームランは山﨑27本、宮出・野村11本、ガイエル10本(規定未到達)。

体感として、先発は由規・ジョシュア・笹岡の三本柱が安定していて、リリーフ陣は山口を軸に山本、みずき、永江、金森で脇を固めている感じ。
打線は5月ごろまで3割をキープしていた赤田が少し調子を落としてきた代わりに宮出が爆発。7月からはスタメンを外れていたガイエルや新井が復調している、と言った感じです。
ルーキー勢は永江が一軍に定着、岩野も6月下旬ごろから徐々にホームランを量産しています。



後半戦はいよいよ優勝争いが佳境に入ります。ここまで来たら優勝を狙うんヤ!

最終更新:2014年08月03日 05:04