パワプロ > 高卒ルーキーの俺達がツバメ軍団を日本一に導く・Part22

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前回までのあらすじ

8月終了時点で大混戦だったセ・リーグの優勝争いも、9月に大失速し昨年と同じ3位でフィニッシュしたスワローズ。
クライマックスシリーズでも調子悪さを引きずってファーストステージで敗退してしまう。
来季同じ轍を踏まないためにも、オフにまた補強を敢行します。





プレイ記録

ポストシーズンは、セ・リーグは1位の阪神が順当に勝ち上がり。
パ・リーグは2位の埼玉西武が1位のオリックスを破って日本シリーズに進出しています。
日本シリーズは、予定調和のように阪神が4勝2敗で日本一に輝いています。

個人タイトルは、
首位打者…六道 .348(初)
最優秀防御率…由規 2.38(2年ぶり2回目)
最優秀中継ぎ…山本 33HP(初)
新人王…岩野
ベストナイン…由規(投手、初)
ゴールデングラブ…由規(投手、初)

由規とかいうぐうエース。



続いて個人成績。
まずは野手。左から試合数、打率(打数-安打)、HR、打点。
30試合以上出場者のみを掲載します。

六道 124 .348(451-157) -5 -44
山﨑 143 .338(568-192) 34 110
岩野 143 .332(542-180) 11 -66
宮本 136 .304(569-173) -6 -50
宮出 122 .279(481-134) 18 -60
野村 139 .275(571-157) 16 -65
赤田 122 .255(415-106) -2 -30

(以下規定打席未到達)
ガイ 98 .262(282-74) 13 44
森岡 68 .252(226-57) -2 17
米川 52 .248(145-36) -1 11
生田 50 .241(133-32) -0 -8
庄田 34 .234(047-11) -0 -5

失策ワースト3は岩野(15)、山﨑(12)、野村(10)。
盗塁阻止率は六道.463、生田.375、斉藤.200です。



続いて投手。
左から登板、防御率、投球回、勝-敗-セーブ-ホールド、奪三振。
こちらは先発投手と20試合以上に登板した中継ぎ投手に限ります。

由規 29 2.38 200.2 14-7-0-0 132
ジョ 26 3.22 156.1 12-7-0-0 100

(以下規定投球回未到達)
上園 28 3.74 127.2 7-7-0-0 70
笹岡 23 2.98 123.2 9-5-0-0 87
松永 18 4.73 -64.2 1-5-0-1 41
小柳 14 5.73 -66.0 4-4-0-0 44
帆足 12 4.67 -61.2 3-5-0-0 37
村田 -9 3.38 -50.2 3-3-0-0 34

山口 68 2.10 68.2 2-6-39-04 43
みず 56 3.89 83.1 6-1-00-03 82
山本 55 1.28 63.1 5-3-03-28 56
金森 55 3.53 66.1 4-4-01-09 47
永江 42 2.25 64.0 4-2-00-15 60
あお 33 4.54 39.2 1-3-03-04 24



総括として…。
FAで獲得した赤田は、ちょっと年俸に見合う活躍をしたとは言い切れませんがそれでも貴重な戦力として機能しくれました。
て言うかね、山﨑が42歳にしてこの成績なんですよw
岩野は新人王にふさわしい成績だと思いますが、笹岡も加入した5月以降でこの活躍です。
投手陣が規定到達が2人しかいないのは不満っちゃ不満。上園とかはポテンシャルあるんですけどねぇ。
中継ぎ陣は文句はないです。





そして、契約更改。


トレードで獲得したものの、6試合で防御率6.35に終わった山村、

先発で1勝しか挙げられなかった松永(写真撮り忘れ)、


わずか9試合の出場に終わったレイド、


同じく5試合出場に終わった山下が自由契約。


これまで活躍してくれた魔将ガイエルが引退、打撃コーチに就任します。



他球団では、
セ・リーグは阪神ウィリアムス・赤星、巨人上原が引退
阪神鳥井・平井・ヒロシ、巨人青木勇・久保、広島東洋林、平崎、前田、永尾、横浜内川、斉藤秀が自由契約

パ・リーグは福岡ソフトバンク多村、東北楽天憲史、オリックス本柳が引退
埼玉西武雨宮、福岡ソフトバンク曽根・スタンドリッジ・甲藤・田上・タロウ、東北楽天藤井・上野・草野、千葉ロッテ坪田・福浦、北海道日本ハム多田野・宮西・天川・豊島・小田・中田、オリックス中瀬・辻・キルバート・金子が自由契約

この中からトライアウトで獲得したのは、


北海道日本ハムを自由契約になった中田翔。パワプロ15では、2007年の「高校BIG3」の能力が低いので、よく自由契約になってしまう中田です。
宮出の後を継ぐ和製大砲として活躍を期待。早速海外へ放り出します。

他球団はタロウが阪神へ、ヒロシが巨人へ、雨宮が中日へ、金子が広島東洋へ、平崎が横浜へそれぞれ移籍。



ドラフト・FAは次回です。

最終更新:2014年08月06日 04:39