※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

譜面の追加方法(touchbeat-j)


譜面の保管場所

最初の起動時にSDカードのパスを聞かれるので、端末に合わせて設定します。
設定したパスの「/touchbeat_j/songs」に譜面ファイル、音源ファイルを保存すると、アプリ側で認識されます。
【例】SDカードのパスを「/sdcard」と設定した場合
/sdcard/touchbeat_j/songs
該当のディレクトリに譜面ファイルが一つもないと、アプリを起動できないので注意すること。
譜面フォーマット(Ver2.0)の譜面のみ利用できます。指押で使用できていたVer1.0形式、Ver1.5形式の譜面は利用できません。

譜面の準備方法

総合譜面置き場を利用する

有志の方がyubiosi/yubiosiplus/touchbeat-j 総合譜面置き場にまとめてくれていますので、これを利用する方法があります。
一部を除き、音源は自分で用意する必要があります。

yubiosi_memoの譜面、Ver1.5譜面を変換する(旧バージョン用、非推薦)

指押譜面変換を利用すると、jubeat_memo形式で記述された譜面を1.5形式に変換できます。
1.5形式をそのまま利用することはできませんが、1.5形式の譜面を2.0形式の譜面に変換するソフトが公開されているので、
これを使うことでtouchbeat-jで利用することが可能になります。
また、jubeat-analyser形式で記述された譜面も、jubeat_memo形式に変換すれば、同様の処理で利用可能です。
現バージョンではanalyser形式、memo形式ともに読み込み可能です。詳しくは譜面フォーマット(Ver2.0)をご覧下さい。
その他、Aerobeat Plusの譜面を1.5形式に変換するソフトも公開されているようです。
当然ながら、音源は自分で用意する必要があります。
最終更新:2015年04月12日 04:52