※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マーカーの追加方法(touchbeat-j)


マーカーの保管場所

最初の起動時にSDカードのパスを聞かれるので、端末に合わせて設定します。
設定したパスの「/touchbeat_j/marker」にマーカーファイル、マーカーエフェクトファイルを保存すると、アプリ側で認識されます。
【例】SDカードのパスを「/sdcard」と設定した場合
/sdcard/touchbeat_j/marker
マーカーの仕様が変わったため、指押、Yubiosiplusで使用できていたマーカーは使用できません。
詳細はマーカーの作り方の項を参照してください。

マーカーの準備方法

有志の作成した物を利用する

マーカー名 サンプル画像 説明 マーカーダウンロード エフェクトダウンロード
フラワーマーカー 使用率が最も高いマーカー ダウンロード 左に同梱
シャッターマーカー フラワーに次いで使用率が高いマーカー ダウンロード
※右のzipにも入っていますが、
こちらのほうが良精度
ダウンロード

自分で制作する

以下「マーカーの作り方」を見て、自分で制作することができます。

マーカーの作り方

  • マーカーは5*5の正方形、サイズは512*512、1つあたり102*102で右端と下端は空白、15コマ目がパーフェクトとなるように作る
  • エフェクトは4*4の正方形、サイズは512*512、1つあたり128*128、これがperfect~ngまで4枚
指押ろだ+にテンプレートファイルがアップロードされています。
ファイル名のつけ方は、
マーカー名.png
で、マーカーエフェクトは
マーカー名_pf.png
マーカー名_grpng
マーカー名_gd.png
マーカー名_ng.png
です。
また、v150401以降、サムネイルを表示出来るようになってます。サイズは正方形(おすすめは256*256)です。
ファイル名を
マーカー名_th.png
とすると表示されます。ちなみに用意しない場合はマーカー名が表示されるようになっています。
最終更新:2015年04月12日 05:18
添付ファイル