ソニック・ウォリアー

アニメネタ一覧>ソニック・ウォリアー

効果モンスター
星2/風属性/戦士族/攻1000/守   0
このカードが墓地へ送られた時、
自分フィールド上に表側表示で存在する
レベル2以下のモンスターの攻撃力は500ポイントアップする。

アニメ遊戯王5D'sの最終回にて初登場したモンスター。

《シューティング・スター・ドラゴン》が《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》と相打ちになった際、
遊星が発動した罠カード《クラッシュ・スター》の効果により《ロードランナー》と共に特殊召喚される。
次のターン、遊星は《ジャンク・シンクロン》をドローし、召喚。
その効果で《スピード・ウォリアー》を蘇生し、《ボルト・ヘッジホッグ》を墓地から特殊召喚した。
最終回に相応しく、遊星が初期から愛用し続けてきたモンスターたちがフィールドに勢揃いした。
ただし1体を除いて

アキ「あのモンスターたちは・・・」
龍可「遊星がずっと使ってきたカードたち・・・」
龍亜「いくら攻撃力が低くても・・・いくらレベルが低くても・・・!」
クロウ「遊星がずっと愛して使ってきたモンスターたち・・・!
    遊星のデュエルを昔から支えてきた仲間たちだ!」

視聴者「お前誰だよ」

《ジャンク・シンクロン》など遊星が高頻度で使ったモンスターの中で何とも場違いな存在となってしまった。
しかし逆に唯一登場したこのシーンで視聴者に名前を覚えて貰えた役得である。

後に同じく最終回で初のお目見えとなった《クリムゾン・ブレーダー》、
《インフルーエンス・ドラゴン》と共にTF6の付属カードとしてOCGにも登場。
ちなみにアニメ効果よりも上昇値が100だけアップするという微妙な強化を施されている。
そのTF6でのはこのカードを最優先で《増援》のサーチ対象とし、
《リミット・リバース》等で蘇生して無理やりにでも効果を発動したがる。
そのため初期設定でのはこのカードのせいで負けることも多い。
そんなにこのカードに思い入れがあるのだろうか。まあ確かに効果自体は最初の頃に出ててもおかしくないけど。