第三話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第三話



「こんなに……」



巫女の後を追って外に出たら、見慣れたゾンビ共がいた。



「さっきの巫女は……「霊符【夢想封印】!」



声がしたと同時にカラフルな弾がゾンビ共を吹き飛ばした。

だがしかし、吹き飛ばしただけであって、ゾンビ共は神社に近づいてきた。



「あんなんじゃ奴らは倒せんぞ!!」

「マスタースパーク!!」



今度は空から声がし、虹色の柱みたいな物がゾンビ共の頭上を直撃した。虹色の柱が消えると穴が開いており、ゾンビ共は身動きがとれない状態だった。



「これなら……手榴弾投擲!」



穴めがけてHGを投げつける。

狭い空間もあり、ゾンビ共は倒れた。

それに怖じ気づいたのか。

ゾンビ共が森の中にへと消えていった。



「おぉ!おまえすごい物持っているな!」



空から箒に乗って少女が舞い降りてきた。



「魔女か!?」

「ん?あんたの世界では魔女は珍しいのか?」

「珍しいと言うより存在しない人種だからな。」

「ふ~ん……私は“霧雨魔理沙”魔法使いだぜ。さっきのはすごかったぜ!」

「ありがとう、私の名は……ヘルスとでも名乗っておこう。」

「自己紹介は中でやってもらえる?いつあいつらが来るか分からないんだから。」

「わ、わかった(ぜ)。」


……………

…………

………

……

最終更新:2010年02月03日 19:28
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。