第六話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第六話



「おまえが来てから既に三日も経っているのか!?」

「そ、そうですが……」
「何か不都合な事でm「そんな事……大ありだ!」



慧音の言葉を遮り、ヘルスの焦りを口にする。



「俺は“昨日”こっちに飛ばされたんだ!この意味が分かるか優羽!!」

「…………?」

「お前は……いいか。」

冷静になって、優羽に話す。



「いいか、お前は三日前にここに来て三日間ゾンビ共の襲撃を助けただろ?」

「お、おぅ。」

「……今、お前の持っている“M4”のマガジンは後いくつ残っている?」

「っ!!」

「やっと事の重大さに気づいたか……馬鹿者め。」
「他の者たちは私たちより遅く着ていればいいが……」

「あの……」

「ん?どうかしたのか?」
「どういう意味なんだ(ぜ)?」


慧音と魔理沙の頭の上に?マークが浮かんでいた。



「えっと……俺たちがゾンビ共を倒すときに使う武器は、そのもの本体だけでは意味はないんだ。」



優羽がM4を慧音に手渡し、話を続ける。



「そこにこういうような物が入っているだろう?それがゾンビ共を倒す“マガジン”というんだ。」

「マガジン……?」

「その中に“弾丸”と言うものが入っていて、それを銃という媒体を通して攻撃できるんだ。」

「ほほぅ、習ったことはちゃんと覚えているんだな。」

「それほどでも……」

「落第生が軍に入れたなんて未だに不思議に思える。」

「た、隊長~……」

「落第生……」ピクッ



慧音がその後、優羽に思いもよらぬ事を仕出かすのは、また別の話。

「あいつら……無事でいてくれ……」



……………

…………

………

……

最終更新:2010年02月28日 18:25
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。