《マグネシアン・コイル》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《マグネシアン・コイル/Magnetian Coil》

効果モンスター
星2/地属性/雷族/攻 500/守 600
このカードが攻撃表示でフィールド上に存在する場合
カード名を「マグネシアンN」として扱う。
このカードが表側守備表示でフィールド上に存在する場合
カード名を「マグネシアンS」として扱う。
このカードをリリースすることで
デッキから「マグネシアン」と名の付いたカードを一枚手札に加える。

第1弾:新都社オリカパックvol.1で登場した地属性雷族の下級モンスター。
表示形式によって他の「マグネシアン」として扱う永続効果、自身をリリースすることでデッキから「マグネシアン」と名のつくカードをサーチする起動効果を持つ。

このカードを通常召喚するメリットは《永久磁石》にカウンターがのる程度なのでレベル・攻撃力が低いことをいかして特殊召喚を狙いたい。
また《マグネシアンS》《マグネシアンN》と異なり表示形式を専用カード以外で変更できるので注意したい。
サーチ効果にしても直接に特殊召喚できる《マグネシアン・ネオジム》が存在する。
上級モンスターの《マグネシアン・サマリウムゴーレム》や、召喚権を使用せずに手札から召喚できる《マグネシアン・ガウネクシア》が主なサーチ対象となるだろう。

攻撃力は500と非常に低く、《リミット・リバース》の効果の対象にできる。
ただしこのカードで蘇生した場合、守備表示にすると自壊してしまう。
しかしサーチ効果の発動は問題なく行えるため、さっさとリリースしてしまおう。
守備表示にしたいのなら、《エンジェル・リフト》を使えばいい。
ただしマグネシアンには他のレベル2以下のモンスターがおらず、こちらも投入には一考を要したい。

  • 原作・アニメにおいて―
遊戯王でもしないか?で英磁が使用するカード。
「焼刃VS英磁」(1戦目)にて初登場。
上にも書いてあるようにこのカードは特殊召喚した方がいいのだが、なぜかこの時は通常召喚された。
恐らく《マグネシアン・サマリウムゴーレム》の攻撃力をアップさせるために召喚したのだろう。
その後、ライフポイントが400となった焼刃にダイレクトアタックしようとしたが、《ロークローザー》によって阻まれた。
ちなみにこの時には《マグネシアンS》が場にいたのだが、《誘発撃》によってそっちが破壊されたためか《マグネシアンN》として扱う効果は特に言及されなかった。

関連カード



FAQ

Q:裏側攻撃表示で存在する場合、カード名を《マグネシアンN》として扱いますか?
A:回答待ち
最終更新:2011年06月16日 16:49
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。