6200番台

6200番台

6200番台(PJ-LV234L1)は2006年から2007年にかけて導入された大型ワンステップバス。

車両

2006年夏に、国際興業バスの新車としては初となる用途外兼用車が導入され、空き番台だった6200番台が付与された。平行導入されていた6600番台と同形式ながら、車体側面には金文字・筆記体でロゴが入り、バンパーが黒色となるなど路線(専用)車と区別が付けられ、外観では高級感を感じさせる。

最初に9台が練馬・さいたま東・飯能を除く営業所へ導入され、池袋・志村は2台ずつ納車された。その翌年には配置が無かった練馬・さいたま東にも配置され、同時に志村の6203がさいたま東へ転属したことで、各営業所とも基本的に2台配置されるようになったが、池袋は3台、西浦和は1台の配置となり、この時点で飯能への配置は無い。2013年秋に鳩ヶ谷の6208が飯能へ転属したことで、全営業所に最低1台は配置された。

長らく路線と用途外の兼用車として使用されたが、2017年夏より運賃箱が外され用途外専用車となった車両が発生している。

外観

車体には金色の筆記体で「Kokusai Kogyo Bus」(前面は「Kokusai Kogyo」)と書かれているなど、用途外兼用車としての区別化を図っている。バンパーも6600番台とは異なり黒バンパーが採用されている。補助席を装備するため、側面窓は逆T字ではなく、いわゆる「メトロ窓」となっている。

赤羽に配置された6205のみ、指定ミスのためか出入口表記がピクトグラム式ではなく従来の英字入り表記となっている。

内装

座席にはシートベルトが設置され、これによって全員着席であることを条件に高速道路の走行が可能となっている。座席後部には観光バスのような缶やペットボトルの飲み物を置くことが出来るホルダが設置されているほか、後部座席には補助席も完備されている。車内の手摺は認定ノンステップバスと同じオレンジ色の手摺が使われている。

運用

6500番台のような特送専用車ではないために、貸切・送迎運用から一般路線にも使用される。

平成18年度 PJ-LV234L1

社番 所属 登録番号 転属履歴
最終配置
摘要 出入口表示 車検月
6201 鳩ヶ谷 川口200か・140 ←池 特送 SP 8
6202 池袋 練馬200か1599 特送 SP 8
6203 さいたま東 大宮200か2026 ←戸←さ←志 特送 SE 8
6204 西浦和 大宮200か2881 ←志 特送 SP 8
6205 赤羽 練馬200か1602 特送 SE 8
6206 戸田 大宮200か1359 特送 SP 8
6207 川口 大宮200か1360 特送 SP 8
6208 飯能 所沢200か1801 ←鳩 SP 8
6209 西浦和 大宮200か1362 特送 SP 8

平成19年度 PJ-LV234L1

社番 所属 登録番号 転属履歴
最終配置
摘要 出入口表示 車検月
6210 池袋 練馬200か1763 特送 SP 7
6211 練馬 練馬200か1764 特送 SP 7
6212 練馬 練馬200か1765 SP 7
6213 志村 練馬200か1747 特送 SP 6
6214 赤羽 練馬200か1748 SP 6
6215 戸田 大宮200か1565 SP 7
6216 川口 大宮200か1569 SP 7
6217 鳩ヶ谷 大宮200か1567 特送 SP 7
6218 さいたま東 大宮200か1560 SP 7

FrontPage >> 車両配置状況 >> 6200番台