5000番台

5000番台

5000番台(KL-LV280L1改)は、2003年から2005年にかけて導入された大型ノンステップバス。

車両

2000年にいすゞ自動車から発売された大型路線バス「ERGA」の最初のモデルとして、2003年から導入が開始された。国際興業バスにおけるノンステップバスは、1998年に民営事業社として初めてとなるいすゞ(キュービック)ノンステップバスを3000番台として導入した実績があるが、2003年に廉価版ノンステップバスとしてモデルチェンジした「ERGA Type-A」が5000番台として採用され、本格的に導入された。

ノンステップ仕様のACT(エアーコントロールトランスミッション)を用いたMT車が採用され、ホイールベースは4800mmとなっている。エンジンには6000番台でも使われたV形8気筒の8PE1-Nが搭載され、出力は191kW(260PS)である。サスペンションはノンステップ車以外の大型車では初のエアーサスペンションとなった。

2003年9月に戸田へ5001が配置されたのを皮切りに、志村・飯能を除く各営業所に配置されていたが、川口の5003~5005は導入間もなく鳩ヶ谷へ転出し、川口への配置が無くなっている。2018年夏には転属によって志村・飯能にも配置された。飯能では初のノンステップバスとなり、山間部への運用にも変化が起こる。

2017年2月、新3000番台導入によって、特送専用車へ転用された車両が登場した。ワンステップ仕様の6000番台・6600番台を優先して代替が進められてきたが、2018年秋の3200番台導入により除籍車が発生している。

外観

6000番台と同様に、黄緑色の新塗装を採用している。仕様はほぼ6000番台に準じており、行先表示機も当初からLED表示機が採用されているが、窓ガラスに緑色の着色ガラスを用いるなどの若干の変更点も見られる。3000番台(3033以降)とはLED行先表示機や(3000番台は幕式)、後部エンジンルームの位置などで容易に見分けることが可能である。

現時点では、2000番台(後期)と並んでイルカマークが貼られた最後の番台である。

内装

前扉~中扉間がノンステップエリアの基本仕様である。優先席は進行方向直角で、中扉向かい側の座席(前向き)を折りたたむことで車椅子スペースを確保できる点も3000番台と同じである。中扉以降は段上げとなり、2人掛け座席が並ぶ。

運用

管内全路線で使用され、一部はラッピングバスにもなっている。一部車両は運賃箱を取り外し、特送用に転用された車両も存在する。

平成15年式 KL-LV280L1改

社番 所属 登録番号 転属履歴
最終配置
摘要 出入口表示 車検月 移籍先
5001 - 大宮200か・900 (戸) SE 9 解体
5002 - 大宮200か・911 (戸) SE 9 十和田観光電鉄
5003 - 大宮200か・901 (鳩)←川 SE 9 秋北バス
5004 - 大宮200か・910 (鳩)←川 SE 9
5005 - 大宮200か・909 (鳩)←川 SE 9
5006 - 大宮200か・902 (鳩) SE 9 岩手県交通
5007 - 大宮200か・908 (鳩) SE 9 岩手県交通
5008 - 大宮200か・923 (鳩) SE 9 解体
5009 - 大宮200か・903 (戸)←西 SE 9
5010 - 練馬200か2636 (志)←池←西 SE 9 十和田観光電鉄

平成16年式 KL-LV280L1改

社番 所属 登録番号 転属履歴
最終配置
摘要 出入口表示 車検月 移籍先
5011 - 練馬200か1196 (志)←池 SE 12
5012 - 大宮200か2911 (さ)←池 特送 SE 12
5015 - 川崎200か1724 (崎)←さ 特送 SE 12 解体
5016 - 大宮200か1057 (さ) 特送 SE 12

平成17年式 KL-LV280L1改

社番 所属 登録番号 転属履歴
最終配置
摘要 出入口表示 車検月 移籍先
5013 池袋 練馬200か1204 SE 1
5014 池袋 練馬200か1256 SE 3
5017 - 大宮200か1084 (さ) 特送 SE 2
5018 - 大宮200か1094 (さ) 特送 SE 2
5019 - 大宮200か1095 (さ) 特送 SE 2
5020 - 大宮200か1096 (さ) 特送 SE 2
5021 池袋 練馬200か1338 SE 7
5022 池袋 練馬200か1339 SE 7
5023 - 練馬200か1340 (池)←練 特送 SE 7 解体
5024 池袋 練馬200か1341 ←練 SE 7
5025 - 練馬200か1360 (練) 事故除籍 SE 7 解体
5026 - 大宮200か2918 (さ)←練 特送 SE 7
5027 - 練馬200か1343 (赤) SE 7 解体
5028 赤羽 練馬200か1344 SE 7
5029 赤羽 練馬200か1362 SE 7
5030 赤羽 練馬200か1363 SE 7
5031 戸田 大宮200か1179 SE 8
5032 戸田 大宮200か1180 SE 8
5033 戸田 大宮200か1199 SE 8
5034 戸田 大宮200か1181 SE 8
5035 - 大宮200か1200 (さ) 特送 SE 8
5036 - 大宮200か1201 (さ) 特送 SE 8 解体
5037 池袋 練馬200か2804 ←さ SE 8
5038 池袋 練馬200か2805 ←さ SE 8
5039 飯能 所沢200か2307 ←西 SE 8
5040 飯能 所沢200か2322 ←西 SE 8

FrontPage >> 車両配置状況 >> 5000番台
最終更新:2021年05月03日 12:46