新9000番台

新9000番台

新9000番台(QDG-LV290Q1)は、2017年に登場した大型ノンステップバス。

車両

登場から13年以上が経過しているワンステップバス・6000番台の置き換えとして2015年から導入が進められている新型エルガノンステップバスだが、2017年に入ってからQ尺の並行導入が開始された。Q尺自体は深夜急行バス専用車で導入経験があるが、一般路線車としての導入は初めて、Q尺の導入は11年ぶりである。

社番は、1996年に一挙95台導入という、かつて例を見ないほどの大量導入が行われたKC-LV380Lと同様の「9000番台」が再び付けられ、2017年2月に2両、翌年に増備車として4両がいずれもさいたま東に登場した。その後、型式を変更させた9100番台が登場したため、導入は6両で終了した。

外観

新3000番台で既に登場しているいすゞ製の新型エルガノンステップバスで、新3000番台と同様にヘッドランプ部はディスチャージを採用、ノンステップエリアの拡大に関しても全長をそのままにホイールベースのみを延長させることで実現させた。

並行導入されている新3000番台とは、車両の全長以外に中扉の窓形状が異なる。

内装

運用

9005・9006のみ納車から東大01東大02にほぼ固定されていたが、現在は全車とも浦和駅・大宮駅発着路線を中心に管内全域で使用されている。

平成28年度 QDG-LV290Q1

社番 所属 登録番号 転属履歴
最終配置
摘要 出入口表示 車検月
9001 さいたま東 大宮200か2601 FPG 2
9002 さいたま東 大宮200か2602 FPG 2

平成29年度 QDG-LV290Q1

社番 所属 登録番号 転属履歴
最終配置
摘要 出入口表示 車検月
9003 さいたま東 大宮200か2657 FPG 7
9004 さいたま東 大宮200か2658 FPG 7
9005 さいたま東 大宮200か2661 FPG 7
9006 さいたま東 大宮200か2662 FPG 7

FrontPage >> 車両配置状況 >> 新9000番
最終更新:2020年10月03日 22:21