憂「しょ、しょうがないよ梓ちゃん……もし私だったらショックから立ち直れないかもしれないよ」

梓「憂……ありがとう、同情してくれて」

梓「……ハハッ、ゴメンねなんか……話は重いし、私も重いし」

純(また自虐ネタ!?)

梓「だから、本当は今日先輩たちに謝るつもりだったんだけど……」

梓「唯先輩は私のことを馬鹿にするし、律先輩は蔑むような目で私を見るし……」

憂「あ、梓ちゃん……お姉ちゃんは梓ちゃんを馬鹿にする気であんなことしたんじゃないと思うよ……」

梓「あーっ!思い出しただけでイライラしてきた……私もう一個セット買ってくるね!」

憂「あ、梓ちゃん!」

純「いいよ憂、ほっときなよもう」

憂「じゅ、純ちゃん……?」

純「梓だって自覚あって食べてるみたいだし、これから先どうなるかはもはや梓自身の問題だよ」

純「まあ……このままブクブクブクブクと肥えていけば困るのは梓だし、私たちはもうどうすることも出来ないって」

憂「純ちゃん……わりとドライなんだね」

純「そうかな?でも、梓がデブになったからって友達辞めるわけじゃないじゃん?憂もそうでしょ?」

憂「それはもちろんそうなんだけど……」

憂(これ以上お姉ちゃんに何か文句を言うようだったらわからないかな……)

純「だから、私たちは普段と変わらないカンジで梓と付き合ってこうよ」

憂「……そうだね、そうしよう!」

梓「はあー、お腹いっぱい!」

純「そりゃそんだけ食べればねえ……」

憂「結局私たちも学校サボっちゃったね……」

純「これからどうする?」

憂「あ、私帰ってお姉ちゃんの昼ごはん作るから……」

梓「今からケーキバイキング行かない?」

純「……梓、まだ食べるの?」

梓「え、デザートは別腹でしょ?」

純「……」

純(そんだけ食べといてそれはないって)

憂「……」

憂(早く家に帰ってお姉ちゃんのお昼作りたい……)

梓「あ……ちょっと待って、ムギ先輩からメール……?」

梓「……」

憂「紬さんなんだって?」

梓「うん……私やっぱ帰るね、バイキングはまた今度にしよう?」

純「そうだね、じゃあまた今度三人で行こっか?」

純(断る手間が省けた!)

憂「うん、また今度三人で行こうよ!」

憂(お姉ちゃんのお昼が作れる!)

梓「じゃあ、二人ともまた明日ね」

純「バイバイ、梓!」

憂「じゃあね、梓ちゃん」

純「……なんか見てるだけでお腹一杯だったね」

憂「……うん、私しばらくはハンバーガー食べたくないかな」


……

紬「あ、梓ちゃん!こっちよ!」

梓「ムギ先輩!……一人ですか?」

紬「うん、もちろん一人よ」

梓「そうですか……なら、いいです」

紬「私バイキングって初めてなの!席に着く前に見たけど、たくさんケーキがあるのね!」

梓「ケーキバイキング、それは女の欲望番外地ですからね!」

梓「……で、ムギ先輩話ってなんですか?」

紬「梓ちゃん……単刀直入に聞くけどいいわね?」

梓「……はい、二人だけの秘密にして頂けるなら」

紬「もちろん約束は守るわ……梓ちゃん、どうしてそんなに太っちゃったの?」


梓「………………って、わけです」

紬「そうだったの……辛かったわね、梓ちゃん」

梓「いえ、これは私の責任ですから……私のせいでトンちゃんは……」

紬「……でもね、一人で抱え込んじゃダメよ梓ちゃん」

梓「ムギ先輩……?」

紬「確かにトンちゃんのことは残念だったわ……みんなショックを受けると思うの」

紬「でも、だからといって梓ちゃんが自暴自棄になってそんな体型になったってみんなが知ったらどう思う?」

梓「……」

紬「絶対にみんな悲しむわ……だから梓ちゃん、文化祭までに頑張ってダイエットしましょう?」

梓「ムギ先輩……でも、無理ですよ」

梓「だって、食欲が止まらないんです!今だって、もう2ホールもケーキ食べちゃったし!」

梓「このままじゃ……あと3ホールはペロリといけますよ……」

紬「大丈夫よ、その為に私が来たんだから!」

梓「……どういう意味ですか?」

紬「梓ちゃん……この写真を見てちょうだい」

梓「これは……まさか!?」

紬「そう……小学生の頃の私の写真よ、他の三人にも見せたことのないわ」

梓「これが……ムギ先輩……?」

梓(すごい……ちびっこ相撲大会に出たら優勝出来そうな体型だ……)

紬「……この頃の私はね、家がお金持ちだってこともあって少し意地悪な性格をしてたの」

紬「それでこんな体型をしてたから……ある時からイジメにあったのよ」

梓「そ、そんな……」

紬「ちなみにこの頃の私のあだ名、なんだと思う?」

梓「……曙、ですか?」

紬「……梓ちゃんって結構毒舌よね」

梓「ち、違いましたか!?す、すいません!」

紬「大丈夫よ、別に……過去のことなんだから。それで、その頃の私はね……歩く豚の貯金箱って呼ばれてたの」

梓「う、うわっ……」

梓(小学生って何でこんなにエグいんだろう……)

紬「……悔しかったわ、反撃しようにもそのグループには男の子もいたから力じゃ勝てないし」

紬「女の子たちは大勢で囲んで罵声を浴びせてくるし……何より逃げられたら追いつけないのよ」

梓「……」

紬「……だけどね、ある日そんな私を助けてくれたお姉さんがいたの」

紬「お姉さんはスラッとした体型で長いスカートを履いてたんだけどね……格好良かったわ」

梓(ヤ、ヤンキーだ……)

紬「で、そのお姉さんに言われたの……『悔しかったらアイツらがびっくりするくらい美人になってやれ』って」

紬「私はそのお姉さんの言葉を胸に、死に物狂いでダイエットをしたわ……」

紬「栄養士による徹底した食事制限はもちろん、専門のトレーナーを雇って様々なスポーツにも挑戦したわ」

紬「美人に必要なことも色々やったわね……元々習ってたピアノの他に、書道や茶道や華道……」

紬「もちろん勉強も必要だと思ったから、週二回の家庭教師に塾にも通ったわ……」

紬「そうして、中学の三年生の頃にやっと今の体型になったの」

梓「す、すごい……」

梓(でも、ムギ先輩の家だから出来る離れ業だし……それに後半ほとんどダイエットには関係ないけど……)

紬「ね?こんな私にもダイエット出来たんだから、梓ちゃんも頑張ってみない?」

梓「でも……私の家は栄養士やトレーナーを雇ったりは……」

紬「梓ちゃん……だから私がいるんじゃない?」

梓「え、ムギ先輩……まさか」

紬「梓ちゃん、暫く私の家で暮らしましょう!それで二人でダイエット生活をするの!」

梓「ムギ先輩……はい!」

紬「梓ちゃん、目標は元の体型よ!その体型に戻るまで、一切の妥協はしないこと!いいわね?」

紬「私も梓ちゃんの為に、心を鬼にして頑張ってみせるから!」

梓「はい!ムギ先輩、私頑張ります!」

紬「よし、じゃあ家に戻って準備をして来てちょうだい!」

梓「はい!」

梓「えっと……ジャージに私服に下着……と」

梓「ランニングを毎日することになりそうだし、Tシャツはたくさん持ってかないと」

梓「あとは洗面用具に、歯ブラシとギター……それから」

梓「あ、教科書とか持ってかなきゃ!それにiPodとポテチ、コーラ、チョコ……」

梓「あとはトンちゃんの遺影くらいかな?……うん、これでよし」

ピンポーン

梓「あ、迎えが来た!はいはい、今行きまーす!」



紬「いらっしゃい、梓ちゃん!」

梓「ムギ先輩、お邪魔します!」

紬「じゃあ、早速始めましょうか?」

梓「はい!まずは何をですか?」

紬「まずは体重、体脂肪率、BMIの測定からよ」

紬「正確な数値を知って、明確な目標を立てるの!元の体型に戻る、だと少し曖昧な目標でしょ?」

梓「た、体重計ですか……」

紬「梓ちゃん、体重計に乗るのが怖いのはわかるわ……でも、ダイエットを始める上で正確な情報を知ることは大事なの」

梓「……わかりました、乗ります!」

紬「梓ちゃん、頑張るのよ!」

紬「体重はピーkg、体脂肪率はピー%、BMIはピーね……梓ちゃん、短期間の間でよくこれだけ太れたわね」

梓「……お恥ずかしながら」

紬「いや、むしろこの位の方がやりがいがあるわ!さあ、夕食の前にランニングに行くわよ!」

梓「はい!」

………………

…………

……

梓「はあ……はあ……ぜえ……ぜえ……や、やっと……戻って……ゴホッゴホッ!」

紬「ふうー、いい汗かいたわね梓ちゃん!さあ、夕食の前にストレッチをしっかりしてね」

梓「は、はい……はあ……はあ……」

梓(足がパンパンでもう動けない……)

梓「はあ……やっと夕食だ……」

梓(ムギ先輩の雇った栄養士さんが作る夕食……きっと美味しくて量もあるのにローカロリーなんだ……!)

紬「梓ちゃん!これが今日の夕食よ!」

梓「………………」

梓「え」

紬「どうしたの梓ちゃん?」

梓「ム、ムギ先輩……夕食って言ったてこれ……」

紬「沢庵ね」

梓「い、いや!沢庵なのはわかってますけど!それに量だって……」

紬「一枚ね」

梓「み、見ればわかりますよ!ムギ先輩!冗談言ってないで早く私の夕食も出して下さいよ!」

紬「梓ちゃん……私は至って真剣よ」

梓「ムギ先輩!?」

紬「まずはその止めどない食欲をどうにかしないといけないわ、その為にまず我慢を覚えるの」

紬「だから、梓ちゃんの今日の夕食はその沢庵一枚よ」

梓「そ、そんな……」

紬「文句があるなら食べなくていいわ、その代わりダイエットももう中止よ……どうするの、梓ちゃん?」

梓「……わかりました、頂きます」

紬「どうぞ、召し上がれ」

梓「……」

もぐもぐ

梓「……ごちそうさまでした」

紬「お粗末さまでした」

梓「……ムギ先輩は何も食べないんですか?」

紬「食べるわよ、今日の夕食はハンバーグだったかしら」

梓「ハ、ハンバーグ……」

じゅるり

紬「でも、梓ちゃんの目の前で食べるのは酷でしょ?だから、私と梓ちゃんのご飯の時間は別にしてるの」

紬「私が夕食の間、梓ちゃんには1時間サウナ室で汗を流してきてもらうわ」

梓「」


梓「……はあ、やっと一時間経った」

紬「お疲れさま、梓ちゃん」

梓「ム、ムギ先輩!?居たんですか……」

紬「うん、食べ終わってから梓ちゃんが出てくるまでここで待ってたのよ」

梓「そ、そうですか……」

紬「さあ、梓ちゃん!今日かいた汗を流しにお風呂に入るわよ!」

梓「お風呂!やった、やっとこのベトベトした汗を流せる!」

紬「浴室はこっちよ、着いて来て!」

梓「はい!」

梓「ム、ムギ先輩……」

紬「なに、梓ちゃん?」

梓「あ、あのお風呂一緒に入る必要ないんじゃないですか……?」

紬「それは間違ってるわ、梓ちゃん」

紬「私たちはこれから苦楽を共にする、一心同体の存在なのよ?裸の付き合いが必要に決まってるじゃない?」

梓「は、はあ……」

紬「梓ちゃーん、痒いところはありませんかー?」

梓「……ないです」

紬「じゃあ、お背中流しますねー」

梓「……お願いします」

梓(絶対ムギ先輩楽しんでるよね……)


……

梓「はあ……今日は疲れたな」

梓「明日は5時起床で早朝ランニングか……」

梓「それにしてもこれ客室なんだよね……私の部屋より全然広いな」

ぐう~

梓「……」

梓「……お腹空いた」

キョロキョロ キョロキョロ

梓「……見たところ監視カメラとかはなさそうだな」

梓「……って、私は何を考えてるんだ!」

梓「ムギ先輩にここまでしてもらってるのに、そんな裏切るようなことしていいわけないでしょ!」

ぐう~

梓「……」

梓「……そうだ、チョコがあったからチョコ一つくらいなら別に……」


最終更新:2010年09月30日 02:31