※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第106話 第三回放送


黒い闇に包まれた夜空に、主催者ルシファーの姿が浮かび上がる。
もはや驚く者はいないだろう。
幸か不幸か、参加者達もこの異常な状況に適応してきてしまっていた。
そんな人々の状態を知ってか否か。ルシファーは神経を逆撫でるかの如く、心底愉快そうに放送を開始した。


「ククク…ご機嫌いかがかな、諸君?
今放送を聞いている者は、このゲームの一日目を無事乗り切ったという事になるな。おめでとう。
二日目も、これまで以上に殺戮に励んで頑張って生き延びて貰いたい。期待しているぞ。
また放送の最後には、一つ朗報を発表してやろう。ありがたく思うがいい。
では、恒例の死亡者の発表から行おう…。

『ミラージュ・コースト』
『ガルヴァドス』
『チサト・マディソン』
『ジャック・ラッセル』
『アーチェ・クライン』
『藤林すず』
『ルーファス』
『アリューゼ』
『ディアス・フラック』
『ガブリエル』
『レナス・ヴァルキュリア』
『ガウェイン・ロートシルト』
『リドリー・ティンバーレイク』
『ミカエル』
以上14名だ。

フフフ…これで残りは22人…。生存者も半分を切ったようだな。
これだけ人数が少なくってもペースが落ちないとは、余程諸君は殺し合いが好きらしい。
参加者を選んだ私の目に狂いは無かったようで嬉しいぞ。

続いて禁止エリアの発表だ。
今回もこれまで通り2時間おきに禁止エリアを増やしていく…としたい所だったが。
諸君らがあまりにも殺し合いをしすぎるもので、舞台の少々人口密度が低くなりすぎてしまった。
よって今回は禁止エリアを、従来の2時間毎から1時間毎に増やす事とさせてもらおう。
では、よく聞いておけ。

1時にD-6。
2時にE-2。
3時にI-6。
4時にE-4。
5時にF-6。
そして6時、4回目の放送と同時にG-7を禁止エリアとする。
覚える事が多いだろうが、ここまで生き延びてきた者なら大丈夫だな。


では最後に、冒頭で話した『朗報』についてだ。
諸君らはこのゲームの開始前に、私と対面した時の事を覚えているかな?
あの時、愚かにも私に歯向かった二人の末路を。

…本来は彼らもこのゲームに『生きて』参加する予定だった。
その為、二人に支給するはずだった支給品が余っているのだよ。このまま処分してしまっても良いのだが…。
ここまで速いペースでゲームを進めている諸君の事、恐らく消耗したり廃棄してしまった支給品も多い事だろう。
そこで、頑張った君達へのご褒美という事で、この支給品を今からそちらに送ってやろう。
勿論このご褒美は、先の放送で話した優勝者への褒美とは何ら関係も無い。安心して欲しい。

では、支給品を送る場所だが…。

E-2、菅原神社入口前。
C-3、鎌石村役場ロビー内。
以上の2箇所に、この放送が終了次第一つずつ送る。
どちらも一目で分かるところに配置しておこう。

…なお、菅原神社があるE-2は、2時に禁止エリアとなる。取りに行く者は注意するように。

では、今回の放送はここまでだ。
次の放送までにはさらに生存者が減るよう、心から応援させてもらおう」


「お疲れ様、社長」
三回目の放送を終えたルシファーに、労いの言葉をかける者がいる。
「盗聴器の調子はどうだ?ベルゼブル」
「順調よ。最も何人かは既に気付いちゃったみたいだけど…ま、それは想定の範囲内でしょ?」
ベルゼブルと呼ばれた男は、その言葉遣いと同じく気味の悪い笑みを浮かべた。
「…そうだな」
さしものルシファーもやや引き気味に返事をする。
「盗聴器がばれても別に構いはしない。むしろその方が面白いからな。…引き続き、監視を続けるようアザゼルにも伝えておけ」
「了解」
「それと、ブレアに何か変わった事は無いか?」
「特に報告は無いわね。今頃、何も知らずに休暇を満喫してるんじゃないかしら?」
「そうか」
芝居がかった喋り方をするベルゼブブとは対照的に、ルシファーは淡々と必要事項のみを話す。
ルシファーが気にかけるブレアとは、ゲームに参加者として送り込んだIMITATIVEブレアの事では無い。
スフィア社の技術者であり、彼の実妹である『本物の』ブレアの事だ。
エターナルスフィアの住民をプログラムとしか思っていないルシファーに対し、ブレアは『彼らはプログラムでは無く、自分達と同じ人間だ』と考えている。
もしブレアがこのゲームの事を知れば、間違いなく阻止しようと動くだろう。
それを防ぐ為予め彼女には休暇を与え、ゲームの実行を知る事が無いように処置を取ったのだが…。
聡明な妹の事だ、何らかの方法でこのゲームの事を知る可能性も低くない。

「油断するな。ゲームが無事に終了するまではブレアの監視も怠らないようにしろ。アザゼルにもよく言っておけ」
「はいはい。分かったわよ」
一礼すると、ベルゼブルは部屋から出て行った。



ここまでの18時間で、既に『数字上は』40人の参加者の死亡が確認されている。
このデータだけ見れば、予想以上にゲームは順調に進行していると言えるだろう。
だがルシファーには、ある懸念があった。
(あの、ドラゴンオーブ…)
そう、ルシファーが疑問に思ったのはドラゴンオーブの効力についてだ。
このゲームに於いて、ドラゴンオーブが大きく働いたのは二回。

一回目は、参加者のルシオン・ヒューイットが銀龍としての力を取り戻した事。
二回目は、先程レザードが魔力を補って輸魂の呪を発動させた事。


確かにドラゴンオーブにはすさまじい魔力が封じ込まれている。
ルシファーは当然制限をかけ、一定以上の魔力は発動できないようにしておいたのだ。
しかしこの二つのケースは、いずれも想定を超える効力を発揮していた。

ドラゴンオーブを制限したプログラムに不備があった、とは考えにくい。
このゲームを行うにあたっては非常に念入りにチェックをかけたのだ。
シュミレーション結果にもバグは見受けられなかった。

(他に考えられるのは…何者かがこのプログラムに介入している可能性か…)
バグならすぐに修正したプログラムを組みなおせばいい。
だが最も最悪なパターンは後者。何者かにプログラムを書き換えられていた場合だ。
このパターンだと、その『何者か』でないと制限を修正できない可能性があるのだ。

「ベリアル」
「はっ」

ルシファーが呼ぶと、彼の背後にいた大柄な褐色肌の男が返事をした。

「すぐにドラゴンオーブのバグの修正に取りかかれ。それから念の為、ゲームのプログラムをもう一度全て見直しておけ」
「了解しました」
「それと…」

一度大きく溜息を吐き、ルシファーは続けた。

「…外部からハッキングされている可能性も想定しろ。もしハッキングされていた場合、その先を徹底的に調べておけ」
「了解しました」


ベリアルが退室した後、ルシファーも自身のコンピューターを起動する。
バグは徹底して潰さなければならない。自分のプログラムは完璧でなくてはならない。
スフィア社の社長にして天才プログラマーでもある彼にはそういうプライドがあった。
それ故、自らの最高傑作ともいえる『エターナルスフィア』も、バグを理由に消し去ろうとした。
だがそれは失敗し、エターナルスフィアは存続する形となってしまった。

(しかし、もしハッキングされているとしたら…。こんな事を出来るのは1人しかいない…)

ルシファーの脳裏に、エターナルスフィアの削除に強硬に反対していたブレアの姿が浮かぶ。
それを振り払い、ルシファーはゲームの管理に没頭する。

(今度こそしくじりはせん…このゲームは、何としても成功させてみせる…!)


静寂に包まれたスフィア社社長室には、キーボードの音が不気味に鳴り響いていた。


【第3回放送 終了】
【1時にD-6、2時にE-2、3時にI-6、4時にE-4、5時にF-6、6時にG-7が禁止エリアになります】




前へ キャラ追跡表 次へ
第86話 ルシファー 第140話
ベルゼブル 第125話
ベリアル 第125話
最終更新:2012年11月21日 19:38