愛知学院大学体育会居合道部

古田浩之

最終更新:

aguiaidoubu

- view
管理者のみ編集可
名前 古田浩之(ふるたひろゆき)
性別
出身地 愛知県
生年月日 1991年5月28日
学部・学科 文学部・日本文化学科
人物 寡黙、凝り性、心配性、たまにドライといわれる
趣味 ピアノ、ギター、筋トレ
特技 舌を使って大きな音を鳴らせる
座右の銘 不言実行
好きな食べ物 子供が好きそうなもの(カレーとかラーメンとか)
好きな本 森博嗣の本
好きな歌 村下孝蔵の歌
苦手なもの 香水、タバコ、コーヒー、政談好き、足の多いもの、感情的になりやすい人

居合道について

入部理由 日本刀が扱える、日本らしい武道だったから。
好きな技 八重垣、滝落
使用している刀 2尺5寸5分。直刃。
居合の特徴 気剣体のうち、体は体格に恵まれたおかげで中の上で、それに伴い、気もまずまず。しかし、肝心の剣が弱く、総合的には活気ある後輩に遅れをとることがある。
持論 居合の上達には、居合の稽古以外にも方法がある。
大会のために稽古をするのではなく、稽古のために大会に出場する。


現役生へ

 部はまだまだ不安定で、もし主将一人欠けたらと考えると、ちょっと心配になるときがあります。それは、先輩にあたる人と、部の運営に関わろうとする人の数が心許ないからです。部活動である以上、ただ居合道を稽古するだけ、というわけにはいきません。一人一人が愛学居合道部の部員としての自覚を持ち、皆で部を盛り上げて欲しいと思います。自分は興味本位でこの部に入り、良いことばかりじゃなかったけれど、卒業する今は、この部に入ってよかったなと思います。皆が卒業するときも「この部に入ってよかったな」と思えるような、また、皆の後輩たちにも「この部に入ってよかったな」と思えるような部活動を目指してほしいと思います。頑張ってください。