鉄砂漠(ストーリー)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[ボルファス戦]
レッカル「な、なんだここは…」
タンゴガンゴ「どうなってんだ?!あの緑生い茂る大森林はどこへいった!」
アカネ「ここが生命の大森林なの…?」
ンカソ「およそ生命など感じられない、粉々に砕かれた金属の砂漠だ」
ボルファス「許さない…許さないぞ!!我らの森を返せ!」
レッカル「なんだこの悪魔は!大森林の木が怒りで動き出したというのか!」
マー「怒りで我を失ってる!襲ってくるよ!」

タンゴガンゴ「まったく、この世界はどうなってやがるんだ」
レッカル「白の丘はまだ丘が丘であった。だがここはどうだ―」
アカネ「木の悪魔はいても、木は全然ないね…」
ンカソ「やはり何かが起きているだな」
アカネ「ママ大丈夫かなぁ…」
レッカル「とにかくこの先の塔の先を目指そう。皆、道中気をつけてくれよ」
マー「う~ん、この荒廃した感じ、なんか知ってる気がするなあ」

[フラン戦]
フラン「認めぬ!!認めぬぞ!!」
フラン「我らは大森林最強のフラン一族!敗北など断じて認めぬ!!」
レッカル「誇り高きフラン一族までもが怒りで我を失うとは…」
タンゴガンゴ「生命の大森林の化身とも言えるフランが惨めだぜ」
ンカソ「そう悠長なことも言ってられまい。これは殺気だ」
アカネ「こ、こわい」
マー「狂うほどの恐怖、やっぱりずっと昔に見た気がするなぁ」

マー「この死の匂い、もしかして―」
レッカル「何か知っているので?」
マー「うーんうーん、そんあはずないとは思うんだけど…」
タンゴガンゴ「なんだよ、気になる言い方するなよ」
ンカソ「何やら言い知れぬ恐怖と寒気が襲ってくる。アカネ、大丈夫か」
アカネ「うん!わたしはなんともないよ!」
レッカル「この様子は只事ではないな。何もなければよいが…」
アカネ「無事だといいけど、ママ…」
タンゴガンゴ「ハハ、あのアカイアが心配されるとはな」

[シューベルト戦]
不気味な姿が立ち塞がった
タンゴガンゴ「な、な、な、なんだこれは!」
レッカル「さ、さがれアカネ!」
ンカソ「なんということだ―!この姿はまるで死神ではないか!!」
―――
マー「あー!やっぱりシューベルトだ!」
―――
マー「えっ?ぼくたちの力を試したいの?」
レッカル「始火マー!この禍々しい存在は一体…!」
アカネ「マーちゃんこの人知ってるの?」
マー「あ、もうだめ!シューベルトは戦いたいみたい!」

アカネ「マーちゃん、この方は誰?」
マー「彼はシューベルト。あらゆる死を操る存在だよ」
タンゴガンゴ「ど、どんだけおっかない奴だよ…」
シューベルト「―――
マー「えっ…自分が現れたからこの世界もそろそろ終わるんだって…」
アカネ「この世界が死んじゃうのっ!?」
レッカル「にわかには信じがたいが…」
マー「世界には寿命があるんだって。今着実に死に向かってるって…」
タンゴガンゴ「言われてみりゃおかしなことばっかり起きてたぜ」
ンカソ「我はわざわざ滅びようとする世界に来てしまったというのか」
シューベルト「―――
マー「シューベルトもついてくるの?」
アカネ「わーい!また仲間が増えたね!」
レッカル「な、そんな勝手に…」
タンゴガンゴ「なんでアカネは怖くないんだよ…」
マー「大丈夫。手は出さないって言ってるよ」
アカネ「ねえ見て!あれがママのいる塔?」
レッカル「ああそうだ。頼もしい仲間も加わったことだし行くとするか…」

最終更新:2012年01月17日 11:16
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。