勇者

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さぁて、そんな主人公な俺だって夢がある。
…魔王を嬲り殺す事だ。
当たり前だろう?だって俺は勇者なんだから。
嬲り殺しが俺の生業なんだ、勇者なんだから。

作中においてある人物に与えられる称号、栄光のような概念。
アキト=スカイシーが主に該当するほか、
真の勇者なるワードが作中で登場している。

肩書として


主人公、アキト=スカイシーが自称する肩書。
作中では、以下の台詞を放っている。

俺は……アキト=スカイシー!
どこにでもいる勇者だ!!

初登場時の一言。以降、『いつもの』としてテンプレート化している。

勇者は絶対に負けないんだ!!

戦闘の後の発言。アキトの中では、勇者とは絶対に負けないものらしい。

勇者条例その①、
勇者とは、弱きを守る強者たるべし!
その志さえ持っていれば、誰だって勇者になれるんだぜ

カナタ=スカイシーに充てた一言。
アキトなりに、勇者の自覚を持っていることがうかがえる。

他にも勇者を自称する人物が同時系列に登場している。

俺は……俺!!
クールで正義感溢れる真の勇者だ!!

名乗り口上がアキトと異なる為、勇者の名乗り口上は一律ではないのかもしれない。

また、作中では過去の人物が勇者の偽物を自称している。
彼を主人公として取り扱った作品も複数存在し、意図的にアキトに似せたキャラとして造形されている。

考察


いいや、アキト=スカイシー
お前は『まだ』勇者ではない・・・・・・

ドラゴン=ポリスメンがアキトに向けた言葉。
後に勇ましい者としての勇者を肯定している辺り、
作中における「勇者」は肩書以上の重要性が暗示されている。

また、「主人公」と「勇者」を混同するような発言がメタ的なモノも含め散りばめられている。
今後の作品では、より詳細な定義、そして役割が示されるかもしれない。
最終更新:2018年08月19日 02:02