天夜奇想譚

異形の種類

最終更新:

kohaku

- view
だれでも歓迎! 編集
デーモンエンサイクロペディア


このページでは、異形の種類や固有能力を辞典の如く追記していきます。
なお、小説内部の世界観では、『本当は笑える異形童話』の付録の『デーモンエンサイクロペディア』として人気です。


概説:日本固有の異形。巨躯と強靭な力、無尽蔵の体力が特徴。
   人肉を好んで喰らい、また、酒が好物。
固有能力:"強靭生命"とどめを刺されない限り、いかに傷つこうとも行動することができる。

雪女

概説:関東・東北地方で主に知られる異形。大概女性。儚くも美しい容貌と、酷く冷たい肢体が特徴。
   強い熱を弱点とし、その代わりに冷気を自在に操る力を持つ。
   人の精気(熱)を喰らうとされている。
固有能力:"凍結体温"己の周りの空気や物体を自在に凍らせ、また、その血を浴びた存在の熱を一切奪い去る。

吸血鬼

概説:各地の伝承に登場する異形。ヨーロッパのヴァンパイア、アラビアのグール、中国のキョンシーなどが有名。
   主にヴァンパイアのタイプが多く観測されている。(知名度故)
   犠牲者の血や精気を吸引し、またその犠牲者を操り、己の眷属とすることもある。
   単純に生きた状態で操ることもあれば、死体を傀儡のようにすることもある。
   どちらの場合でも、時間が経てば異形化が発生する為、もっとも危険度が高い異形の一種である。
   変身能力や、傀儡能力、そして数多くの弱点(太陽光線に弱い、ニンニク他)を持つ。
固有能力:"生死概念"『銀』『聖別』『杭』などの概念を持たない攻撃の影響を軽減する。
           ただし、それらの概念を持った攻撃を受けた際、存在の構成の維持を困難とする。

狼男

概説:ワーウルフ。ジェヴォーダンの獣など、歴史に於いて吸血鬼と対を成す異形。
    吸血鬼に敵愾心を抱き、人の肉を糧に生きる。
    強靭な脅威であり、また吸血鬼同様生物を傀儡とする能力を持つものも居る。
    基本的に血肉を喰らった死体を使役するか、血肉を分け与えた野犬を従えるかの二種類である。
固有能力:"月齢体躯"月の満ち欠けによって身体能力が上昇する。
      満月が近いと高まるが新月で低くなると言うことは無い。


ヴォルゲリオン




獏/夢魔

概説:獏は東洋中心、夢魔はヨーロッパ(キリスト教圏)で知られる異形。
   その他の夢に生息する異形として、猫又やアルプ、リリスなど、各地で様々な形態を観測している。
   それぞれ様々な伝承や信じられ方をしているが、その全てが夢を見せるか、食べる能力を有する。
固有能力:"夢想存在"実体を持たない(基本的には)為、特別な結界を用いなければ現実では接触できない。

都市伝説

概説:現代または近代。ありとあらゆる人間のコミュニティに発生し得る異形。
   霊力が強い場所で、高密度の情報が噂となって人の間に広まると発生する。
   伝説を核として成り立つその他の異形より弱いが、普通の人間にとっては脅威である。
   噂を元にした特徴や弱点を持つ。
固有能力:"噂話流布"存在を保ち、存在範囲を広める為に噂を流布する能力。
      ただし、噂が一定以上広がっていない地域では存在できず、また、噂が忘れ去られると存在が構成できなくなる。

天狗

概説:中国、日本で知られる異形。主に赤ら顔で鼻が高く、翼があり空中を飛翔する姿が確認されている。
   主に山で観測され、山伏の格好をしていることが多い。
   風を自在に操る能力を有する。また、実はあの赤ら顔は天狗道に属するものとしてつけた仮面であるとも言われている。
固有能力:"団扇旋風"飛行する為の翼を持ち、また、射撃系の攻撃に対する回避能力が高い。

大蛇(おろち)

概説:日本始め各地で知られている異形。
   日本では信仰の対象になることもしばしばだが、キリスト教圏では悪魔と同一視される。
   一般的に酒と肉を好み、非常に巨体。首を複数持ち、焔に弱いとされている例が多数報告されている。
固有能力:"再生頭首"焔による攻撃、または再生不能の概念を持たない攻撃による負傷を短時間で蘇生させる。

付喪神

概説:日本古来の異形。長き時を経た道具に魂(霊的なもの・魔力)が宿った例外的な異形。
   霊剣、魔剣と言われる曰く付きの武器や道具に宿りやすい。
   その物体に無いはずの『伝説上の力』を宿すこともある。
   “付喪神”とは魂(霊的なもの・魔力)が宿り、変化したものを指す。
   他の異形とは違い、人の目から姿を隠すことが少ない。
固有能力:"融合存在"元にした形状の物体、またそれに冠する伝承と同等の能力を得る。
      そして、その概念(剣なら切る、槍なら突く)を『才覚』扱いとして得る。

GG

概説:グレートゴキブリの略。蟲タイプの異形の中でも最強の種別。
   いかなる場所でも生存を可能とし、また、あらゆる物質を食物として摂取することができる。
   地球が滅びる最後の一瞬まで生存するであろう存在である。
   通常は大きくとも掌の半分程度だが、モノによれば人間並まで成長することがある。
固有能力:"無限生態"異形化を用いなくても数日単位で自動的に増殖していく。

魔女

概説:特異な経緯と特徴を持つ異形。
   かつて表立って魔術を扱うものは、魔女として恐れられた。それが発展し、退魔士と対峙するかのように異形となった存在とされている。
   身体的には殆ど人間と変わらず、外見から異形と判断するのは難しい。
   だが、魔術の扱いに関しては人間の比ではなく、ベテランの退魔士であれど、同条件下の純粋な力量勝負では及ばないとも言われる。
   また魔女は血族、純血を大事にし、血統ごとに特殊な術を扱ったという記録も存在する。
   しかし、過去に行われた『魔女狩り』によって大半が駆逐され、現在は既に絶滅したとも言われている。
固有能力:"特化存在"魔力許容量制限の無視、また自分の身体・術式への介入を不可とする。呪術の高速詠唱を持つ者もある

天使

概説:キリスト教、ユダヤ教、イスラム教圏を元に広がった存在。一応異形に分類することにしておく。
   人智を超えた大いなる知恵、力を持ち、聖書中では、人間のモデルとも言われている。
   すなわち、『完全な人間』が天使なのであろうとも類推される。
   閑話休題。彼らは通常の人間程度なら容易に操ることができ、また、その力は並の術師など大きく超えている。
   もし接触する機会があるならば十分に準備と注意を怠らないほうがいい。
固有能力:"神聖守護"聖者殺し、神殺しの概念を持たない攻撃によるダメージを大幅に軽減する。

悪魔/魔人

概説:巨悪の権化。西洋、東洋を問わずその存在は知られ、邪悪として認識されている。
   その名の通り、存在概念が害悪。特に害意ある伝説を核に成り立った邪悪。
   それを倒すのは容易なことではない。覚悟をもって挑んで欲しい。
固有能力:"罪業ノ生レ"ありとあらゆる攻撃は邪念を伴い、身も魂も喰らい尽くす。
      ただし、退魔の概念に対する防御は一切存在しない。

テンプレート

概説:
固有能力:

記事メニュー