野比「ドラえもん、待っててね」

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バァァン


乾いた音が、洞窟内で鳴り響く。
その音はいつまでも洞窟内で反響し、とどまっている。
いや違う。その音は、消える、唐突に。
音を立てながら。
しかし音を聞いたものはいない。
否、最後の消えゆくまで聞けたものはどこにもいない。
時間を遡るとしよう。
これは、野比のび太と、岡島幸喜の、不幸話である。

 ◇

「俺って何かしたかなぁ」

岡島幸喜は、溜息交じりの声でそう呟く。
その声は本当にボヤッとしたもので、それを聞きとれる者はいないだろう。
もしかしたら本人すらも分かってないかもしれない。
ここは洞窟。
しかし対して反響もせずに、途切れていく声は、何やら哀愁漂うものだった。
そんな時。

コツコツコツ

足音が、響く。
それは、岡島の声よりも響いたんではないだろうか。
そんな描写をおしている内に、その足音の主は現れた。
真選組バズーカを構えて。

「ごめんなさい」
「―――――――はぁ?」

ここで冒頭に戻る。

 ◇

では、野比のび太の方を見ていこう。
まず、野比が目を覚まして、そこにいたのは、◆VxAX.uhVsMだった。

「のび太。てめぇ、殺し合いに乗って、あ。これ命令ね」
「―――――へ?」

素っ頓狂な声を挙げる。
それも仕方ないのかもしれないが。
何せいきなり殺し合いの中で、本当に人を殺せと命じられたんだから。

「ちゃんと俺の方で理由付けさせとくから。ほらこれみろよ」

野比は◆VxAX.uhVsMに手渡されたDVDプレイヤーの眺める。
初めは少し驚いたが何て事は無い。映っていたのはただの野比の家だった。
しかし、それは壊れていく。
そこに映っていたのは、父、母、そして機械。それらの残骸とも呼べる品物があったからだ。
家は血に塗れ、血に汚れ、血が映えて、血が光る。
そして、一旦砂嵐が入り、次に移されたのは、源しずかの家だった。

「―――――まさか」

野比の予感は的中した。
それは野比にとって、いい情報では無い。最悪な報告だった。
未来の婚約者が、ぐちゃぐちゃになって死んでいた。

「―――――――――――――――――ぁ」

声が漏れた。
何も感じることことない、抑揚も、感情もないものだった。
そんなことを知ってか知らずか、プレイヤーの画面は次の場面へと移っていた。
ジャイアンこと剛田武。彼も毒牙にかかる。
彼もまた、死んでいた。間違っても生きているとは思えない。
その小学生の割にがたいのいい身体がねじ曲がり、曲がり、曲がり曲がり曲り曲り曲曲曲まがまがまがままままま―――――。
とにかく、原型を留めてなかった。
野比も、彼の家という物が映っていなければ、それを彼と信じる、見分けることはできなかったであろう。

「―――――――――――おぇ……」

嘔吐感が身体を襲う。
怠惰感も身体を襲う。
自責感は身体を襲う。
そんな野比の心中を察することもなく、物語は終焉へと向かって行く。
最後に映されるは、野比たちが通う、学校だった。
教室の中には、いつも通りに先生が出席を取っている。
空席が4つ、それを知っても特に触れることもなく、出席を終えた。
その時だった。
日常が、終わった。
迎えるものは、何もない。
一斉に、生徒、先生、その全てが腹から二つに裂かれた。
そして痛みを感じる暇もなく、楽しむことも、哀しむことも、怒ることも、喜ぶことも、何もすることなく終わった。
そしてその血の池に、死体の山に、腐臭を放つ空の中、佇むもの一人。
◆VxAX.uhVsM。
そして、今野比の目の前にいる彼自身の言葉を代弁するかのように、話し始める。

「以上だ。まぁ安心していいよ。のび太が優勝さえすれば、皆生き返る。だから、殺し合え」

その言葉を最後に、プレイヤーの電源は、切れた。

「………………」
「というわけで、やってくれるよな?」

むしろそれは、脅迫の様な声色だったが、それを無視して、
自分の意思で、自分の決意で、自分の醜悪で、宣言した。

「僕は皆を殺す。――――そうしないとみんな帰ってこないんでしょ?」
「御明察」

と。
◆VxAX.uhVsMは余裕の笑みを浮かべる。
野比のび太は悲痛の苦笑いを浮かべる。

「まっ。頑張ってよ、応援してるから」
「本当に、生き返らせてくれるんだよね」
「勿論。約束は守るぜ、俺は」
「本当に?」
「本当さ」
「「……」」

無言のまま、野比は転送された。
そして、目を覚ました先にあったのは、洞窟。
ここで冒頭に戻る。

 ◇

そこに誰もいない。
ただの、洞窟だったはずの残骸だけ。
野比の放ったバス―カの弾は岡島に当たらず、背後の岩場に命中してしまった。
そもそも、小学生という身体がまだ成長しきっていない身体で、バズーカなんて反動が大きいものが満足に撃てるわけがなかった。
そしてその理論は見事に破られることは無く、的外れな場所に着弾した。
……
さて、洞窟に直接着弾したら、どうなるのだろうか。
答えは簡単明瞭。
洞窟が崩れるだけ。
崩れる。音を立てて。
豪快に、静寂に。
派手に、地味に。
勿論二人はその巻き添えを食らう。
圧死。
だから、誰もいない。いなくなった。

 ◇

◆VxAX.uhVsMは呆れた顔をする。

「いやいや、これねぇだろ。幾らのび太でもこりゃねぇって」
「まぁいっか。次はどいつを刺激してみようかな?」

◆VxAX.uhVsMは面白そうに、楽しそうに、笑い声を堪えながら、監視を再開する。


【岡島幸喜@オリキャラ:死亡】
【野比のび太@ドラえもん:死亡】

【◆VxAX.uhVsM】
スタンス:主催

【岡島幸喜 (オカシマ コウキ)】
[性別]男
[年齢]22歳
[性格]自分不信
[職業]大学生
[備考]
自分不信とはようは自身の無いって感じ。
なんか既にキャラが適当になってるのは気のせいか?気の所為だ。


戯言遣い「ぼくと君は似ている」 投下順 [[]]

GAMESTEAT 野比のび太 GAME OVER
GAMESTEAT 岡島幸喜 GAME OVER
最終更新:2011年06月10日 23:41
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。