T・M・N・T スーパー亀忍者

  • 基本的なキャラ性能
レオナルド(刀)→平均的な性能。
通常攻撃の横斬りはそこそこリーチが長いが、縦斬りは短く正面からだとハンマーやナイフにリーチ負け(間合いの外から殴られる)したりするので気をつけよう。

ミケランジェロ(ヌンチャク)→基本的にはレオナルドと同じ。ただし通常攻撃のヌンチャク回転は攻撃判定の発生が微妙に遅い(気がする)
キャラ愛が無ければ使うのは辞めておいた方が良さそう。

ドナテロ(棒)→他キャラに比べてリーチが長い。ロードキルの電気ムチを除けば全ての敵の近接攻撃に対してリーチ勝ちできる(シュレッダーの刀やクランゲの蹴りに対しても)
最も1コインが早いキャラ。
ただし、ジャンプ攻撃(武器振り下ろし)は他キャラに比べ根元がスカスカで雑魚敵に使うと間合いの調整を慎重にやらないと
ほぼ確実にカウンターを喰らってしまうという欠点もある(通常攻撃が優秀なので使う場面は殆ど無いですが)

ラファエロ(サイ)→通常攻撃はレオナルドとほぼ同じ(?)。ただ多少リーチが短い気もします。
AB同時押しが他キャラと違い前転をした後に蹴りをすると言うのが特徴。


■ボス戦で知っておくと楽になるかもしれない事。

■1面ボス
ロックステディ(サイ男)
1面という都合上、最低ランクで戦うので難易度ノーマルならも5発×4で倒せる。
2面で再び戦うことになるので出来るだけダメージを受けずに倒せるようになっておきたい。
「慎重にやれば安定」という腕ならばランクを上げないために被弾覚悟のごり押しで瞬殺した方がよいかもしれない

■2面ボス
  • ビーバップ(猪)
倒すだけなら「1発殴って軸ずらし→反撃のパンチが終わった後再び殴る→再び軸ずらし」の繰り返しで安定する。
タイミングさえ覚えれば軸をずらさずとも反撃が来る直前にあわせて殴ればいい。
下水は安置を使えばノーダメージ安定するのでここもごり押し気味でいいかもしれない

  • バクスター
一番下ラインで攻撃連打。以上

  • ビーバップ+ロックステディ
2面ながらかなり辛いボス。
どれだけ体力を温存できるかと「ゲーム開始からどのくらい時間をかけたか」で結構変わってくる。
今更ながらこのゲームは通常の難易度とは別の「一定時間生き残っていると少しずつ上がっていく」というタイプの難易度がある。
ここまでをスムーズに来ることができれば2匹とも6発でダウンを奪えるが、時間をかけていると8発になってしまう。
6発だと「ジャンプ攻撃→AB同時押し攻撃(共に攻撃力3)」でダウンを奪えるが8発だとそれができなくなってしまう
それとこいつらは「2匹同時の体当たりをするがお互いが頭をぶつける」という行動を取ることがあるのだがそれが発動すると「後何発でダウンするか」のカウントがリセットされる。
地味ながら厄介で意味不明な回復方法である。

それぞれが単体だとどういう動きをするかというのを頭に入れて気合でなんとかするしかない。
倒す順番は反撃が単純で誘導が簡単なビーバップを先に狙うのが楽だと思う。

■(ボスでは無いけど)3面ハイウェイ
ここはどれだけ時間が経過したかで終了する。
フットソルジャーが出てきたらそいつらを倒さずに画面内に残そう。ランクが低ければ4体・高くても5体画面内にいればヘリは出てこなくなる(はず)
4Pバージョンだと機銃に対して一番上のラインが安地になるというのを覚えておこう

■4ボス
まず縦軸をずらして待機
「攻撃判定を置いてくる」感じで近づいてきた所を攻撃する。
攻撃を当てたら再び縦軸をずらして以下繰り返し。
尚、ピザの数はその時のランクによって変動する。

■5ボス
  • トラーグ将軍
4ボスと同じ。ただし多少動きが速い。

  • クランゲ皇帝
基本的に4ボスと同じ。ただし多少反応がシビア。
ドナテロだったらリーチを活かして斜め横から攻撃した方が楽だと思われます。

  • シュレッダー
分身は耐久力が低い。
本体・分身共に即死ビームは兜が無くなると使用不能になる。
即死ビームは一回使うと撃ったシュレッダーは一定時間は撃てなくなる
端から1.5キャラ分ぐらいの位置にいると片方のシュレッダーの縦移動を封じる事ができる(即死ビームの時だけは移動してきます)
レオナルドとミケランジェロは即死ビームを撃たせた後にAB同時押し攻撃を確実に当てていく(しゃがんで回避されることもあるのでその場合はすぐに縦ジャンプで逃げる)
ドナテロならリーチがあるので通常攻撃で良いし即死ビームを誘う必要もないので多少は楽

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2010年06月03日 23:57
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。