※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(ふたたび校長室に呼び出されるコジロー…と、何故かキリノ。)

コジロー「おっ、俺…いや僕が生徒に手を出してるって噂が流れてるんですか!?」
校長「うん。特にそこの、千葉さんにね」
キリノ「ひえっ?あ、あたしですか?」

……びっくりしたなぁ、もぉ。
生まれて初めて校長室に呼び出されてみたら、まさかそんな事だったなんて?
誰なんだろうね、そんな噂流してるの…でもあたし、コジロー先生に手、つけられちゃってるんだ。えへへー。

校長「それでね石田先生。以前にもお話しました、今年度まで、というお話なのですが…」
コジロー「ちょっ、ちょっと待って下さいよ、身に全く覚えが無いんですが?」
キリノ「あたしだってそうですよ!…大体こんなセクハラ先生のどこにそんな甲斐性が」
校長「…セクハラですか?生憎そちらのお話は伺っておりませんが…」
キリノ「あっ、いや、ええっと、あはは」
コジロー「(お前なー!これ以上事態をややこしくすんなって!)」

………ごめんなさいってば。
”全く覚えがない”なんて言うから、ちょっと反発したくなったんだもん。

校長「…おほん。それでですね、一部の先生方の間では『すぐにでも』なんて声も挙がってましてですね」
コジロー「い、いや、ですから僕の話も聞いて下さいよ!」
キリノ「ホントですよ!コジ…石田先生は今年、あたしら剣道部を全国に連れてってくれるんですから!」
コジロー「(おっ、おいおいおい…キリノぉ!)」

………まぁまぁコジロー先生、ここはあたしにお任せあれ。

キリノ「どうなんですか、校長先生?あたしら弱小の剣道部が
    全国大会行ける位までの実績残せたら、石田先生の指導力は評価してもらえますよね?」
校長「そっ、それはまあ。我が校にも名誉な事だし…理事長も評価はして下さるでしょう。でも、本当に大丈夫なのですか?」
キリノ「任せてください!絶対、行きますよ、全国!…ね、石田先生?」
コジロー「そっ、そそそそうですよ!(しょうがねえのか…)」

もぉー。もっと胸張って、しゃんとして下さいよっ!
あたしが焚きつけたとは言え、約束でしょ!?…だったら守ってよね!

校長「もしそれが本当であるならば、今回のお話は保留と言う事にさせて頂いても構いませんが…」
キリノ「ぜひにっ!」
コジロー「が、頑張りますよ!」
校長「…分かりました。では、今日の所はお二人とも下がって頂いて結構ですよ」

(ばたん。)

キリノ「いやー、大宣言しちゃいましたねえ、あっはっは」
コジロー「……お前って奴はさぁ、どうしてそう能天気なんだ?」

まあどうもこうも。成るようにしかならないし。
それにコジロー先生辞めちゃうなんてちょっと、ねえ?……あ、そーいえば。

キリノ「にしてもあたしとコジロー先生ってそんなふうに見られてたんですねえ、ふふっ」
コジロー「……あー。まぁ、普通に考えりゃそんな訳ねぇだろってな、はっはっは」

………”そんな訳ない”のかぁ。ちぇっ!

コジロー「ん?何か言ったか?」
キリノ「なんでもないですよーだ」


噂を流した真犯人のブラック吉河先生「……………………け!!!」