※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

491 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/02/22(日) 14:20:34 ID:o48FURcz
―――それは、存在しなかったはずのストーリィ
「目が覚めたんすね!?よかった、よかった・・・。」
「君は・・・誰?」
「え・・・?」


―――出会いが奇跡なら、それは2度起こる
「僕は、君をなんて呼んでいたんだい?」
「・・・元は、千葉って。・・・ただの、生徒だよ・・・。」


―――つかの間の泡沫、それは甘く切ない
「記憶喪失ってね、記憶を取り戻すと、記憶を失っていた間のことは忘れちゃうんですって・・・」
「僕の、この気持ちが・・・消えてしまうのが、怖くて、たまらない・・・!」

―――縋りたい昨日、許さない心
「あんたはっ・・・!コジロー先生は・・・思い出さないとダメなのよっ!キリノのことも、なにもかも全部っ!」
「好きなんだ!ココロなのか、カラダなのかわからないけどっ、千葉を求めるんだ!」

―――願いと願い、交わした約束
「あたしね、ずっと普通の恋をしてみたいと思っていたの・・・」
「千葉が辛いときは、またこうして頭を撫でにきてやる。どこにいても、どんなときでも、必ずだ。」

―――動き出す時間、夢の終わり
「『センセー』・・・『センセー』っ!『センセー』ェェェェ!」
「生まれ変わっても・・・君を、千葉・・・『キリノ』っ!お前を、『キリノ』を想う気持ちを見つけてみせる!」


―――物語は、再びつむがれる。わずかな、でも確かな結び目を残して
「う・・・、あ、キリノ・・・。ここは?俺は一体?」
「センセー・・・お帰りなさい。先生、ずっと夢を見ていたんすよ・・・。」
「でも、なんだか・・・ずっと、暖かかった気がする・・・。」
「センセぇ・・・」
「・・・キリノ?何か、あったのか・・・?すごく、辛そうな顔、してる、ぜ」

―――想いは
「ううん、なんでもないよ・・・、あっ?」
「あ、わりい・・・。なんだかしんねえけど、頭、撫でてやんねえと、って手が勝手に・・・。」
「・・・」
「お、おい?どうしたんだ?な、泣くなよ・・・?」
「うん・・・、うん・・・、ごめんね、なんでもないから。ありがとう、センセー」

―――消えない
               あ り が と う


         バンブーブレード~”それから”の挑戦~
             2009年4月30日発売予定

              君は時の涙を見る