あ行

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あ行




明日トラアメーバ〈あすとらあめーば〉【名】【Schizoid】:
Schizoidに登場した、英語の読みをカタカナに変換してからさらに漢字に変換した恐ろしい日本誤。

あなたは行ったかもしれないが、あなたの敵をまねました!〈あなたはいったかもしれないがあなたのてきをまねました〉【文】【QAA】:
Quake Arena Arcadeでの販促画面。BBRB族の一人が「久々に清々しい日本誤だ」という言葉を残した。

あなたは、どこまで続けられますか?〈あなたはどこまでつづけられますか〉【文】【BBR】:
Xbox360「Boom Boom Rocket」の目玉モード、エンデュランスの脅し文句。最高BPMに達したところでゴールはない。忍耐あるのみ。

アンロック〈あんろっく〉【名】【動(-する)】:
そのゲームの完全版を購入すること。XBLAのDLCゲームでは究極の目標であり、スタッフも一番力を入れるところであろう。そのため文法的にも破綻したノリノリの日本誤が生まれやすいとされる。




いいえ、結構。〈いいえけっこう〉【文】【Peggle】:
Peggleの完全版購入の選択肢。その堂々とした断り方に、我々はただ感嘆した。

いなづまジミー〈いなづまじみー〉【人】【Peggle】:
Peggle Nightsのパソコン版でのジミー・ライトニング氏の名前。彼は夢の世界では科学者になりたいらしいが、裏腹に呼び名から感じられる知性は低下してしまった。まぬけだと思われても仕方がない。




ウァミバー〈うぁみばー〉【名】【BBR】:
Xbox360「Boom Boom Rocket」にて説明されている、ギターコントローラーに装備されている何か。そのなんとも形容しがたい語感に当時圧倒(という名の困惑)されたBBRB族多数。
調査の結果、ギターに付いているワミーバー(Whammy Bar、ビブラートユニットの一種)であることが判明した。本場の発音により醸しだされる威圧感には驚かされるばかりである。

ウォレン〈うぉれん〉【人】【Peggle】:
ツバが飛びまくるウサギ。法外な得点を稼ぐルーレットを持っているため、ACED狙いには欠かせない存在。反面、対戦モードではチート級の性能なので初心者以外が選ぶと非難が集中する。時々悟りを開いて目が愉快なことになるのがチャームポイント。


動くといいね……〈うごくといいね〉【人】【Peggle】:
Peggleの起動中に表示されるメッセージ。特にXBLAでの初解禁時は、初対面から慣れ慣れしいPeggleの態度に多くの人々が驚愕した。

うずまき状の痕跡を持つ火花〈うずまきじょうのこんせきをもつひばな〉【名】【BBR】:
Xbox360「Boom Boom Rocket」でゲーム中に飛んでくる物。花火ではなく火花である点に注意していただきたい。この火花を獲得するとなぜか新たな種類の花火がアンロックされる。

海へ ダイビング is 敗北ネ !!〈うみへだいびんぐいずはいぼくね〉【文】【RL】:
Racing Lagoonに登場するフレディ・ロバーツがしゃべる代表的な日本誤フレーズ。「落ちる is 敗北ネ !!」とも。
フレディはキャラ作りのためにわざとこの言葉遣いをしているようだが、もとより日本語が崩壊しているラグーン語の前では些細な工作にすぎない。

うるとらすーぱーぱーふぇくと!〈うるとらすーぱーぱーふぇくと〉【名】【PB】:
XBLA版ではなく、FC版のペーパーボーイで日曜日まで全部の家に配達すると登場する日本誤。これでもかというほど嬉しそうな気持ちが伝わってくる。

ウルトラスーパーフィーバー!〈うるとらすーぱーふぃーばー〉【名】【Peggle2】:
XBOX ONE用ソフト「Peggle2」にて登場した、前作Peggleにおける「EXTREME FEVER」の進化形態。第九は残念ながら別の場面でしめやかに流れるように変更にされてしまったが、日本誤力は上昇した。





エクストラボール〈えくすとらぼーる〉【名】【Peggle】:
Peggleでウォレンのルーレットにおけるものすごいハズレの目。ところがPeggle Nightsではここがマジックハットになってしまったためチート同然の能力になり、出っ歯仲間のジミー氏がたいそうおかんむりだったことは想像に難くない。

エンデュランス〈えんでゅらんす〉【名】【BBR】:
Xbox360「Boom Boom Rocket」において、テンポが次第に速くなる曲でゲージが尽きるまで花火を上げ続けるモード。初期BPMの4倍まで上昇し、Rave New WorldはBPMが150から600まで上昇する。




オーポン〈おーぽん〉【動】:
2002年頃日本で話題になったマレーシアの企業・FUJIAIREのDVDプレイヤー機能の一つ。なんとも言えない余韻を醸し出しながらトレーを開くことができる。

オップン〈おっぷん〉【動】:
2015年、ついに日本に正式上陸したPUMP IT UPの公式日本語サイトにさっそうと登場した日本誤。「サイトオップン!」と書かれた堂々の特大文字に日本人は戦慄した。すぐ直ったように見せかけてalt属性に残っているのも我々の心を打った。

屋内レーン〈おくないれーん〉【名】【RB】:
Xbox360「Rocket Bowl」屋外のワナから逃れたいときに選べるコース。はっきりいってゲームクリアには無用の長物ではあるが、グレゴリー・フィルモニックス氏が根城としているので非常に人気がある。
このゲームの売りであるロケットブーストを使ったり、他のレーンにワイルドシすることはできないが、トレーラームービーでは屋内でブーストしている描写がある。跡つくぞ。

起る〈おこる/おきる〉【動】【AB】:
「Alien Breed」の超翻訳の前では、君はただひた起るしかない。

超こる〈おこる/ちょうこる/ここる〉【動】【AB】:
「Alien Breed」(ただし2まで)での「起こる」。起るわけではない点に注意。


添付ファイル