終わりは始まった

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
ビギナーズ王国、王城の執務室。
床に千切れた紙をばら撒いて、刻生・F・悠也は憤っていた。
王と華族にのみ伝えられた宰相府の対応、それが許せなかった。

「ジェントルラットを潰すだと………宰相は何を考えている」

あの莫迦宰相め、猫を潰すための口実が欲しかっただけだろうに。
盟友を救おうと尽力した全員を卑下するつもりかあの莫迦め。
誰一人死人が出なかったことを喜ぶ感情は無いのか莫迦め。
責任はあっても死ぬほどのことではないというのに莫迦め、それすらもわからないのか。
ああ、莫迦め、莫迦め、としか出てこない己の語彙にも怒りつつ、やはり宰相への怒りは大きかった。
大声で叫びたい気分だが、そんなことをしたらこの国も潰れる。
たくまが指揮官の一人だった手前、今や監視がどこにいるかわからない状態なのだ。滅多な事は言えない。

「国民を一人残らずか、えぐいことを……」

怒りながらも言葉を選び、当たり障りの無いようにつぶやき、
既に原形をとどめていない宰相府からの手紙を何度も踏みつける。
怒りに任せて千切ったものの、その文面は全て頭に焼きついていた。
絶滅部隊(ディンゴコープス)のジェントルラット藩国への派遣。
一人残らず処刑するための牙が、何の罪のない人にまで及んでしまう。
刻生は舌打ちをすると、頭をかきながら窓に向かった。それを開けて外を見る。
広がっているのは平和そのものの、自分たちの王国。
おそらく、まだジェントルラットもこんな風景が見られるのだろう。
だが、すぐになくなる。
眼下の人々が蹂躙される様を想いい、刻生は吐き気を覚えた。
邪悪だ、これは邪悪といってもいいほどの『理不尽』だ。
これは見過ごすことは『誠義』に反する。
『誠義』の遵守と、『理不尽』への反逆こそが刻生の魂といえるものである。
ならば、それを守らないのは、魂を捨てることになる。
それだけは、どうしても許せなかった。

目を閉じて、祈るように天を仰ぐ。
自分に勇気があるか、どうかじゃない。
重要なのは唯一つ。

「それが、俺の魂か、どうかだ」

決意を言葉にし、目を開く。
覚悟は出来た。
やりたいことをする力もある。
もう迷わない。そうつぶやいて、端末を恐ろしい速さで操作し始めた。
メイドを呼んで部屋の掃除を命じると、下宿先に連絡し、執政権限で代表を全員招集。
ちょっと出張だから、リックによろしくと短く伝え、自身は部屋を出る。
向かったのは会議室。
全員が来るまで時間はある。さて、どんな口上を言おうか。
これが、執政としての最後の仕事だ。

「カッコよく、決めていこうか」


刻生の中で最も短く、そして、長い戦いが始まろうとしていた。






続く