Dvorak配列

Dvorak配列は、キー配列のひとつ。1932年に、アメリカ合衆国ワシントン大学の教育心理学者であるオーガスト・ドヴォラック(August Dvorak)によって考案された。
これを用いる有名なタイパーの一人にQuvotaやBarbara Blackburnがいる。意外とアメリカなどの英語圏では使われているらしい。
日本語入力用にDvorak配列を拡張したものにDvorakJPがある。
qwerty配列との両立は難しいため趣味でタイピングをする者や興味のある人以外には勧められない。
主に日本語を入力する人はdvorak配列よりJISかな親指シフト系を推奨する。
qwerty配列に比べて腱鞘炎になりにくいと言われるがよほど打たない限り腱鞘炎にはならない。
プログラマなど英語をよく使う人にとっては腱鞘炎の解消に役に立つと言われているが文字を打つ量による。

この配列を扱うタイパー

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル