ClickJapan@wiki

第六章

最終更新:

waku

- view
メンバー限定 登録/ログイン

第六章:GAME7&GAME8 のダイジェスト





GAME7(07/06/26~07/07/02)のダイジェスト


日本王者陥落 -台湾時代の幕開け-


前戦、9000万のビハインドを跳ね返し、粘りの 逆転優勝 を果たした日本。
しかし、即座に始まったGAME7、分速30万を超える猛烈な加速でリードを伸ばす台湾とは対照的に、日本側の疲労は限界。このままなすすべもなく敗れてしまうのか?

GAME3日目。台湾との差が1億を突破し、日本の追い込み開始アラームが点灯!
14万/m 前後に低迷していた分速は25万/m を超え、さらなる上昇ムード。

切れ味抜群の新「斧」を手に、日本の逆襲が始まる…


797 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/06/28(木) 16:44:12.44 ID:XK6NWRLe0
うは 新斧SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE
作者神過ぎる

947 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/06/28(木) 22:30:03.77 ID:+EWqPcna0
台湾との差がどんどん縮まっていくのがまた燃えるwwwwwwwwwwww

970 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/06/28(木) 22:34:56.04 ID:Em7BsO6k0
差が縮まってるwww

日本の反撃ww

38 名無しさん@ピンキー 2007/06/28(木) 22:51:55.53 ID:16Viz71Z0
苦しいこともあるだろう
言い度いこともあるだろう
不満なこともあるだろう
腹の立つこともあるだろう
泣き度いこともあるだろう
これらをじっとこらえてゆくのが
男の修行である

勝とうぜ!日本!


だが同日夜、まさかのイアンの罠が炸裂。

突然の大量BANにより日本、急ブレーキ。
反撃の機運は完全に吹き飛び、様々な問題が一気に噴出する。
心の草を枯らしてしまった日本に、体勢を立て直す力は残されていなかった…



GAME7のグラフ(途中まで)





GAME7の結果

GAME7 日本は2位。

優勝は台湾!(初) 3位にハンガリー。


台湾は最後まで緩みなくクリックを重ね、日本に5億近い差をつけて圧勝。
参戦から2戦目で戴冠の快挙となった。恭喜台灣!(台湾おめでとう!)

そして日本が積み重ねた7億9千万クリック。絶望的な状況でも勝負を捨てなかった日本クリッカーの意地。参戦者の皆さん、本当にお疲れさまでした。



GAME7 台湾から届いた頂き物画像



GAME7のヘッドライン&状況・実況



↓GAME7の状況・実況(抜粋)を開く。




GAME8(2007/07/02~2007/07/06)のダイジェスト


短 期 決 戦 -GAME8は50m走!-


7/2 22:00 最短1日、最長5日の超短期戦GAME8が開始される。前戦に続き今回の戦いもまた厳しいものになると思われた。だが、台湾も激戦の疲れからか分速が上がらない。

一方、日本は古参兵の帰還などによりしり上がりに加速を開始、7月3日には日本、久々の "World Ranking 1st" を奪還する。しかし台湾も遅ればせながらの加速で首位を再奪取。以来、何度となく首位が入れ替わるスリリングな展開に。

詳細を伝えるブログ「Click for Japan!」の記事は こちら



GAME8の応援動画

【ACE COMBAT×クリック世界一】CLICK COMBAT Game8
ニコニコ動画は こちら

7月5日朝、深夜組は台湾を残り200万差の捕捉圏内に捕らえる。
だが長いメンテナンスを挟んでの再開後、台湾は本来の伸び脚を発揮。
終了が刻一刻と迫る中、再び差は広がっていく…



GAME8のグラフ

グラフ作成:クリッカーサイト「 心に草 」さん



GAME8の結果

GAME8、日本は接戦を落とし僅差の2位!

優勝は台湾、3位にハンガリー。



日本は善戦するも得意の追い込みが不発。敗因は砲台不足と草不足か。
台湾は王者のレース運びで着差以上の強さを見せつけた。

前半のグラフのあまりのシンクロぶりに「遊ばれているのでは?」という声も出たGAME8。実際は戦力が極めて均衡していたに過ぎず、最後には勢いの差が出たかたち。

台湾は2連勝おめでとう。参戦者の皆様、お疲れ様でした。



GAME8のヘッドライン&状況・実況

↓GAME8状況・実況(抜粋)を開く。




GAME7&GAME8参戦者、お疲れ様でした
記事メニュー