※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

屍骸花(むくろ はな)

  • 性別:女
  • 胸:貧乳
  • 学年:中等部2年
  • 所持武器:鳥籠付き鎖鎌
  • 出身校:妃芽薗 評価点数300
  • 固有技能:無視
  • 攻撃力:0 防御力:8 体力:10 精神力:2 FS「殺人鬼」5

特殊能力『アメジスト・バタフライ』 発動率:100% 成功率:100%

効果:このキャラクターに通常攻撃されたキャラクターは即死する
スタイル:パッシヴ
制約1:体力5以下のキャラクターにしか効かない
制約2:このキャラクターはDPを獲得する事が出来ない

<補足>
【通常攻撃無効】で無効可能。
攻撃が命中した時のみ効果発揮

<能力原理>

屍骸花に殺された人間の魂はどこにも辿り着く事は無い。

キャラクターの説明

むくろ はな。
中等部所属。 外見はごく普通のやせ形の少女。
ヘアスタイルは黒のショートカット。
伸びすぎた前髪で目線が隠れており、表情が読み取り辛い。
不気味。 血の踊り場事件模倣犯の一人であり無差別連続殺人鬼。
生徒会によって身柄を拘束され、妃芽薗学園地下の反省室に閉じ込められていたが、
ハルマゲドンへの協力を条件に一時的に開放された。
殺した人間の魂を紫色の羽を持つ蝶の姿に変える能力を持つ。
紫色の蝶に変えられた魂を本来の形に戻す方法は彼女本人も知らない。
鳥籠に集めた夥しい数の蝶を密室に放し、部屋の中を彷徨う姿を眺める事を至福としている。
彼女には支配欲や独占欲といった感情は無く、飛び回る蝶をただ美しいと感じているだけである。
また彼女は殺人すらも『美しい物を見たい』と感じる自身の純粋な欲求に従って行っているため、
正確な意味でのサイコキラーでは無い。
蝶の舞う姿を一通り楽しんだ後は部屋の中で虫取り網を振り回して回収する。
基本的にアホの子。