※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

御厨笛美


  • 性別:女:巨乳
  • 学年:1年
  • 所持武器:プラカード
  • 出身校:希望崎
  • 攻撃力:0 防御力:0 体力:5 精神力:2 FS(操心術):18

特殊能力名『必死の運動』 発動率:99% 成功率:100%

効果:通常攻撃無効 50
タイプ:付与型
範囲+対象:周囲1マス全員 2.1
時間:1ターン 1

非消費制約1:味方女性のみ 0.95
消費制約:自分死亡 55
時間付属:死亡非解除 1.2

補足:
周囲1マス全員通常攻撃無効 死亡非解除 女性のみ、 自分死亡

公開されるタイミング:
●付与型+成功判定に成功した時+敵の移動は阻害しない
成功率100%なので、発動した瞬間に効果発揮。何らかのバステが付与されたことが公開される。
通常攻撃無効では移動は阻害されないので、実際に通常攻撃無効の効果が発揮された瞬間にシークレット全解除。

<能力原理>

笛美のフェミニスト活動と共に、他者の無意識に「女性を大切にする」という内容を刷り込む。
これによって相手は女性に対して無意識に暴力をふるうことをためらってしまう。

キャラクターの説明

人を操ることを生業とするため『身操屋』の異名を持つ操身術士の一族、御厨一族の女性。
幼い頃からお祭り騒ぎが好きだったのだが、成長してからはその騒ぎ好き故かデモなどの活動に惹かれ、参加するようになる。ただし笛美自身には思想は特にない。
他者の心に働きかけ無意識を操作する術を持っている。

御厨一族は近年活動家の団体と契約を結び、笛美はたびたびそこへと派遣されている。彼女が選ばれたのはその能力とそれ以上に彼女自身の嗜好が大きい。
デモなどの活動と共にその能力で人々の無意識にメッセージを刷り込むことで賛同者を増やし、運動の規模をどんどん大きくしている。